課題A1

ドキュメントを作る

  1. ページの左上にある「作成」ボタンをクリックし、メニューの「ドキュメント」を選択する。


  2. 「ドキュメント名」の欄に学籍番号を半角で入力し、「パブリックのドキュメントを作成」ボタンを押す。
  3. 今回新しくアカウントを作った場合は、図のように右下のボタンが「OK」になっている。この場合は教員から課題が見えるようにするためにもうひと手間必要になる。
    この表示になった場合はそれを教員に伝えること (そうしないと課題がチェックできず、せっかく作ったものの点数がつかない)。


  4. 下の図のような画面が表示される。この画面で部品を作ったり、それを組み立てたりすることになる。


  5. 下にあるタブのうち、 のマークがあるものがそれぞれ部品作成、組み立て用のタブにあたる。しばらくは部品作成用のタブだけを使う。

タブ名の変更

次回以降もこのドキュメントに設計データを追加していく。区別をつけるため、タブの名前を「A1」に変更する(A1は「課題Aの1番目」という意味)。

  1. 左下の「Part Studio 1」タブで右クリックし、メニューの「名前を変更」を選択する。


  2. キーボードから「A1」と入力してEnterキーを押す。これでタブ名が「A1」に変更される。


  3. 今日はこのあと「A2」「A3」「A4」タブを作り、それぞれのタブで別のモデルを作る。

スケッチを描く

Onshapeでは、スケッチを描ける面が初めから3つ用意されている。スケッチを描き始めるときは、まず「どの面にスケッチを入れるか」を決めてやる必要がある。

  1. (左上の「Onshape」ロゴの近くにある) をクリックする。すると、どの面にスケッチを入れるかを聞いてくるので、左側の「既定のジオメトリ」の中にある「Top」を選択する。これで、「これからTop面上に絵を描く」ということが確定する。


  2. 「スケッチ1」の右端にマウスカーソルを当てると鉛筆のマークが表示される。それをクリックし、スケッチの名前を「箱の基準」に変更する。
  3. CADの設計ではこのような図形を描く工程と、それを押し出したりして立体を作る工程を繰り返していろいろな形を作る。「スケッチ1」のようなデフォルトの名前のままにしておくと、どこで何をしたのかがわかりにくくなるので、スケッチや工程にはわかりやすい名前を付けておくのがお約束。


  4. まずは長方形を描きたいが、長方形の描き方には2通りある。ここでは「中央の位置と1つの端点の位置を決める」の方法で描くことにして、「コーナー長方形」 から「中心長方形」 を選ぶ。
  5. この選択メニューでクリックせずにカーソルをアイコンに乗せていると、コマンドの説明が出る。円や曲線など、選択できるタイプのものの使い方はこれを利用して調べられる。


  6. 右上のボックスの「上面」をクリックする。すると、上から見た状態になる。


  7. 初めに原点、次は適当なところでクリックする。これでとりあえず長方形が描けた。
  8. Onshapeでスケッチを描くときは、「まずは大雑把に形を描く」のあとで「長さや条件を決めて形を確定させる」という手順をとる。最初に描く段階はわりと適当でよい。


  9. 上の「寸法」 をクリックして、長方形の縦の辺のどこかをクリックすると寸法線(長さを決めるための線)が引き出されるので、少し動かしてもう一度クリックし、数値50を入れてEnterキーを押す。すると長方形の高さが確定し、上下の辺が黒くなる。
  10. 「寸法」を使うときのクリックのしかたにはコツがある。今回の作業では1回目のクリックは「長さを決めたい線を選ぶ」なので、上下の端点や中央の横線とは離れた位置にするとよい。
    2回目のクリックは「線の長さの数字を置く場所を決める」なので、極力何もないところにする。
    とにかく、CADソフトに「勘違いさせない」ようにすればうまくいく。
    ちなみに、配置した「50」などの数値は、配置後にドラッグして移動させることができる。なるべく見やすいように配置しておくことが望ましい。


  11. 同様にして長方形の上の辺の長さを70にする。すると長方形の幅も確定し、すべての辺が黒くなる。
  12. Onshapeは機械部品などの正確な寸法が要求されるものの設計を想定して開発された3D CAD。スケッチの際は、このようにして(黒くなるようにして)すべてのサイズ・位置を確定しながら進める。
    メニューの「拘束を表示」にチェックを入れると、長方形の点や線の近くにさまざまなマークが表示される。は「2つの線の端点が一致していること」、は「2つの線が平行であること」、は「その線が水平であること」、は「2つの線が直交すること」、は「片方がもう片方の中点に一致すること」を意味する。
    そのほかにもスケッチには色々な条件をつけることができる。


  13. 緑のチェックをクリックしてスケッチ描画を終了させる。
  14. スケッチ描画を終了させると、図のようにスケッチが灰色になる。この状態ではスケッチには変更を加えられない。
    左のツリーの「箱の基準」をダブルクリックすれば、このスケッチをもう一度編集できるようになる。
    スケッチを描くときに失敗した場合も、元のスケッチを残したまま新しく描いてしまうとどれが実際につかわれているかがわからなくなってしまうので、元のスケッチを編集して使い、ツリーに不要な(未使用の)スケッチを入れないようにするのがお約束。
    (間違えて入れてしまったときは、左のツリーでそれを右クリックして「削除」)

立体を作る

このスケッチをもとに立体を作る。

  1. 右上のボックスのところの のメニューで「アイソメトリック」を選んで斜め視点にする。


  2. 左のツリーで今描いた「箱の基準」を選び、上の「押し出し」 をクリックする。


  3. 名前の部分を「箱作成」に書き換え、「奥行き」の数値を40にしてチェックボタンをクリックする。これで直方体ができる。


  4. ツリーの左下の「Part 1」を右クリックして「名前を変更」を選び、「箱」に書き換える。これで課題A1は完了。
  5. これが立体の名前を表わす。この課題では一つだけだが、一つのタブに複数の立体があるときはデフォルトの名前だとわかりにくくなる。立体が一つの場合でも、このようにして名前をつけるのがお約束。



A2

inserted by FC2 system