課題A2

タブの削除・追加

  1. 左下の「Assembly 1」を右クリックし、「削除」を選ぶ (このタブがなくなる)。


  2. 左下の「+」をクリックし、「Part Studioを作成」を選択する。すると、新しいタブ「Part Studio 1」が追加される。


  3. さっきと同様に「Part Studio 1」タブで右クリックしてメニューの「名前の変更」を選択し、名前を「A2」に変更する。

スケッチを描く (1)

  1. A1の時と同様にして、Top面にスケッチを描き始める。スケッチの名前は「五角柱の基準」とする (視線方向もA1のときと同様にして変える)。


  2. 「内接多角形」 をクリックし、「原点」、「そのまっすぐ下の適当なところ」の順にクリックする。


  3. マウスカーソルを上下に動かすと多角形の辺の数が変わる。五角形 (正五角形) になった状態でもう一度クリックする。


  4. 上の「寸法」 で一辺の長さを100にする。すると正五角形のサイズが確定し、すべての辺が黒くなる。
  5. もし五角形を描くときの2回目のクリックの位置が縦軸上 (原点の真下) になっていないと、この寸法を入れても線が黒くならない。これは五角形に回転の自由度が残ってしまっているため。


    その場合は白丸をつかんでドラッグし、縦軸と重なった状態で離せば、原点とこの白丸に「鉛直」の条件がついて向きが確定する(線が黒くなる)。


  6. 緑のチェックをクリックしてスケッチ描画を終了させる。

立体を作る

このスケッチをもとに立体を作る。

  1. 右上のボックスの下のメニューで「トリメトリック」を選んで斜め視点にする。
  2. A1の時に選んだ「アイソメトリック」(斜め45度)と似ているが、こちらはちょっと正面寄りの角度になる。

  3. 左のツリーで「五角柱の基準」を選び、上の「押し出し」 をクリックする。


  4. 名前の部分を「五角柱作成」に書き換え、奥行きの数値を60にしてチェックボタンをクリックする。これで五角形を押し出した形ができる。

スケッチを描く (2)

この立体の手前の面にスケッチを描く (最初から用意されているTop, Front, Rightの3つの面以外にも、立体の面にスケッチを描くことができる)。

  1. をクリックし、五角柱の手前の面を選ぶ。


  2. スケッチの名前を「溝の基準」に書き換える。


  3. 右上のBoxで「正面」を選び、視線方向を前から見た状態に切り替える。


  4. 中心点円 をクリックし、図のようにして円を描く。


  5. 1回目、2回目のクリックでそれぞれ図のようなマークが出た状態でクリックする。
    1回目のクリックのときに出るマークは「中点」、2回目のクリックのときに出るマークは「正接」を表わす。
    さっきとは違い、「寸法」を使わなくてもこれだけで線が黒くなる。
    これは、1番目のクリックで円の中心の位置が確定し、2番目のクリックで円の大きさが確定したため。
    円をわざとずれた位置に配置したい場合は、適当に描いてから「寸法」で円の中心の位置と大きさを決める。
    この例では、縦軸(実はRight面)から円の中心までの距離、五角柱の上の面から円の中心までの距離を決めて位置を確定させ、それとは別に円の大きさを決めることで完全に黒状態にしている。


  6. 緑のチェックマークをクリックする (スケッチが終了し、線が灰色になる)。



溝を作る

このスケッチを使い、立体を削る。

  1. 右上のボックスの下のメニューで「トリメトリック」を選んで斜め視点にする。

  2. 左のツリーで「溝の基準」を選び、上の「押し出し」 をクリックする。
  3. そのまま実行すると、溝ではなく手前に出っ張りができてしまう。溝を作るには設定を変える必要がある。


  4. 名前の部分を「溝作成」に書き換え、作成の設定を「追加する」から「削除」に切り替え、(「ブラインド」の右の▼を押して)押し出しの設定を「すべてを通して」に変更して緑のチェックマークをクリックする。これで溝ができる。


  5. ツリーの左下の「Part 1」を右クリックして「名前を変更」を選び、「オブジェ」に書き換える。これで課題A2は完了。



A3

inserted by FC2 system