課題A3

タブのコピー

  1. A1タブを右クリックして「重複」を選ぶ (隣に「A1 Copy 1」ができる)。



  2. 「A1 Copy 1」をドラッグして「A2」の右に移動させる。



  3. 「A1 Copy 1」の名前を「A3」に変更する (右クリック → 名前を変更)。


  4. A3をクリックして選択する。

  5. この時点ではA1とA3のモデルはまったく同じ状態。このあとでA3の方にいろいろ変更を加えて別の形にする。
    A1タブを変更してしまわないように、A3が選択されている (タブが白くなっている) ことを確認してから次に進む。

拡大

  1. 上の「トランスフォーム」 をクリックし、名前を「箱拡大」に書き換える。


  2. 図のようにして箱を2倍の大きさに拡大する。
  3. 1では箱のモデルをクリックする。
    2では▼をクリックして出てくるリストから「スケール」を選ぶ。
    3で入れる数値が倍率にあたる。1より小さい値を入れれば縮小される。
    4では原点をクリックする。ここで選んだものが拡大・縮小の基準点になる。
    「トランスフォーム」ではこのほかにも移動や回転など、いろいろなことができる。
    モデルのエッジをクリックすると長さを調べられる (画面右下に表示される)。うまく拡大できていれば、このエッジの長さは100mmになっているはず。

丸めを入れる

  1. 「フィレット」 をクリックし、名前を「丸め」に書き換える。


  2. ボックスの上と前後左右あわせて5つの面を選択し、半径を10にして緑のチェックマークをクリックする。これですべてのエッジに半径10の丸めができる。
  3. 右と奥の面はそのままではクリックできないので、マウスの右ボタンでドラッグして適宜回転させる。
    丸めは選んだ面を囲むエッジに入る。この5つの面を選んでいれば、底の面を選ぶ必要はない (選んでもよいが、結果は同じ)。
    丸めを入れる対象として、面でなくエッジを選ぶこともできる (その場合は12本のエッジをすべて選ぶ必要がある)。

くり抜く

  1. 左下の「箱」を右クリックし、「外観を編集」を選ぶ。


  2. 出てきたメニューの「A」の左の○を適当に左側にドラッグし、緑のチェックマークをクリックする。
  3. Aはアルファ値 (不透明度) を表わす。数値を直接入力することもできる。ここで半透明にしたのは、次の工程でちゃんとくり抜かれたかどうかがわかるようにするため。
    パレットのところをクリックすれば色を変えることもできる。


  4. 「シェル」 をクリックし、名前を「くり抜き」に書き換える。


  5. 図のようにして箱の中をくり抜く。これで課題A3は完了。
  6. 「空洞の」にチェックを入れたときは選択対象はパーツになり、その中がくり抜かれる。
    「空洞の」にチェックを入れないと選択対象は面になり、選んだ面が開口部になる。


A4 inserted by FC2 system