課題B1

タブの作成

  1. Onshapeのページを開いてサインインする。
  2. 前回作成したドキュメントを開く。
  3. 「+」→「Create Part Studio」でタブを追加する。
  4. 新しいタブの名前を「B1」に変更する。

スケッチを描く

  1. をクリックし、ツリーのFrontを選択する (前回とは違い、Top面ではないので注意)。


  2. スケッチの名前を「ベースの断面」に変更する。


  3. 右上のボックスで視線方向をFrontに切り替える。


  4. Line をクリックし、原点からスタートして図のような図形を描く。
  5. 右下の点でクリックしたあと、最後に原点でもう一度クリックするのを忘れないように注意。一回りすれば四角形の中の部分の色が変わるはず。
    4と5をつなぐ線は斜めになるようにする。


  6. Dimension で3つの辺の長さを図のように決める。
  7. 3つの水平・鉛直な辺の長さを決めればすべての頂点の位置が確定するので、斜めの辺の長さを入れる必要はない。というか、入れるべきではない。入れてしまうと、図のように線の長さが灰色で表示される。これは従属寸法と呼ばれるもので、他の条件から自動的に決まる長さのこと。同じ部分に2回以上長さを設定したときもこのような状態になる。意図せずこのような寸法が入ってしまった場合は、その数字をクリックしてキーボードのDeleteキーで消しておくとよい。


  8. 緑のチェックをクリックしてスケッチ描画を終了させる。

立体を作る

このスケッチを回転させて立体を作る。

  1. 右上のボックスのところの▽から視線方向をTrimetricに切り替える。
  2. 図のような向きになる。最初にスケッチを入れる面を間違えているとスケッチの向きが違うはずなので、その場合はツリーから「ベースの断面」を削除して最初からやり直し。


  3. ツリーで「ベースの断面」を選び、上のRevolve をクリックする。


  4. 工程の名前を「ベース作成」に書き換え、メニューの「Revolve axis」(回転軸)のところをクリックしてからスケッチの縦の線を選択し、最後に緑のチェックマークをクリックする。
  5. ここでは縦の線を回転軸としたが、他の線を軸にすれば全く違う形を作ることもできる。


  6. ツリーの左下の「Part 1」の名前を「ベース」に書き換える。これで課題B1は完了。



課題B2

inserted by FC2 system