課題B2

タブの作成

  1. 「+」→「Create Part Studio」でタブを追加する。
  2. 新しいタブの名前を「B2」に変更する。

スケッチを描く

  1. をクリックし、ツリーのFrontを選択する。


  2. スケッチの名前を「ベースの断面」に変更する。


  3. 右上のボックスで視線方向をFrontに切り替える。


  4. Line をクリックし、原点からスタートして図のような図形を描く。
  5. B1のスケッチのときと同様に、一回りするように最後にスタート地点でクリックする。
    線が水平・鉛直になったり、角が直角になったり、頂点が水平・鉛直に並んだりしないように、極力「テキトーな」形で描く。


  6. Dimension をクリックし、スケッチの上の頂点の位置を図のようにして決める。
  7. スケッチを描いた時点でこの頂点には「横軸と一致」の条件がついていたので、縦軸からの距離を決めれば位置が確定する。


  8. さらに続けて「横軸」「スケッチの右上の辺」をクリックし、この線どうしの角度を30°に決める。
  9. このように、Dimensionでは「長さ」「距離」だけでなく「角度」を設定することもできる。


  10. この線の長さを80に決める。


  11. 上のHorizontal をクリックし、右下の辺をクリックする。これでこの辺に「水平」の条件がつき、右図のような状態になる。


  12. 上のParallel をクリックし、右上と左下の辺をクリックする。これでこの2つの辺に「平行」の条件がつき、右図のような状態になる。


  13. 上のPerpendicular をクリックし、右上と左上の辺をクリックする。これでこの2つの辺に「直角」の条件がつき、右図のような状態になる。
  14. 右上と左下の辺が平行なので、左の角も自動的に直角になる。


  15. ふたたびDimension をクリックし、左上の辺の長さを10に決める。
  16. これですべての線・点が確定する。


  17. Construction 、Line の順にクリックし、図のように原点から真下に向けて線を引く (下の点でクリックしたら、Escキーを押して線の描画を終了させる)。
  18. Construction を押したあとで描画したものは点線で表示される。これは、ExtrudeやRevolveなどで立体を作るときには輪郭としては使われない「基準線」となる。
    基準線の下端の点が未確定になっているが、このあとのRevolveで回転軸として使う分には問題ないのでそのままにしておく (線の長さがどうであっても回転してできる立体の形は同じなので。もちろん、線の横方向の位置は確定していないといけない)。


  19. 緑のチェックをクリックしてスケッチ描画を終了させる。

立体を作る

このスケッチを回転させて立体を作る。

  1. 右上のボックスのところの▽から視線方向をTrimetricに切り替える。


  2. ツリーで「ベースの断面」を選び、上のRevolve をクリックする。


  3. 工程の名前を「ベース作成」に書き換え、メニューの「Revolve axis」(回転軸)のところをクリックしてからスケッチの基準線(点線)を選択し、最後に緑のチェックマークをクリックする。
  4. 下から覗き込むような角度で見てみると、底面は図のように平らになっているはず。
    B1のときとは違い、元のスケッチの図形の辺でないものを回転軸として使用した。実は基準線のところを実線で描いてもうまくいくが、選択するときにミスするとやっかいなことになりやすいので、こういうケースでは点線にするのがお約束。


  5. ツリーの左下の「Part 1」の名前を「ベース」に書き換える。これで課題B3は完了。



課題B3

inserted by FC2 system