課題B3

タブの作成

  1. 「+」→「Create Part Studio」でタブを追加する。
  2. 新しいタブの名前を「B3」に変更する。

台のスケッチを描く

  1. をクリックし、ツリーのTopを選択する。


  2. スケッチの名前を「台の底面」に変更する。


  3. 右上のボックスで視線方向をTopに切り替える。


  4. Select rectangle tool からCenter point rectangle を選び、図のような長方形を描く。


  5. Equal(等しい値) をクリックし、長方形の縦横の辺を順にクリックする。すると、この2つの辺どうしに「長さが等しい」という条件がつき、長方形が正方形になる。


  6. Dimension で一方の辺の長さを50にする。するとそれだけで位置・形が確定して黒くなる。
  7. Equal を使わずに縦横に長さを入れても確定させられるが、こちらの方がシンプル。設計変更があったときも変える部分が少なくて済む。


  8. 緑のチェックをクリックしてスケッチ描画を終了させる。

台を作る

  1. 右上のボックスのところの▽から視線方向をTrimetricに切り替える。


  2. ツリーで「台の底面」を選び、Extrude をクリックする。


  3. 工程の名前を「台作成」に書き換え、Depthの値を変えずに(25mmのまま)緑のチェックマークをクリックする。


  4. ツリーの左下の「Part 1」の名前を「台」に書き換える。

球のスケッチを描く

  1. をクリックし、ツリーのFrontを選択する。


  2. スケッチの名前を「球の断面」に変更する。


  3. 右上のボックスで視線方向をFrontに切り替える。


  4. Select arc tool からCenter point arc を選び、図のような半円を描く。
  5. Center point arc では、最初に円弧の中心を決め、次の2回のクリックで円弧の端点を決める。
    アイコンの絵から想像できるように、Center point arc では半円に限らず任意の角度の円弧を描くことができる。つなげれば曲線も描ける。


  6. Line をクリックし、図のように半円の両端をつなぐ線を描く。


  7. Dimension で横軸から半円の中心までの距離を50にする。
  8. 数値を入れる前に左図くらいの位置関係だった場合、右図のように大きさがかなり変わる。これは距離の変化に応じてスケールが調整されたため。次で大きさを決めるので特に気にしなくてよい。


  9. 半円の半径を30にする。これですべてが確定して黒くなる。


  10. 緑のチェックをクリックしてスケッチ描画を終了させる。

球を作る

  1. 右上のボックスのところの▽から視線方向をTrimetricに切り替える。


  2. ツリーで「球の断面」を選び、Revolve をクリックする。


  3. 工程の名前を「球作成」に書き換え、メニューの「Revolve axis」のところをクリックしてからスケッチの半円の縦線をクリックし、設定をNewに切り替えて緑のチェックマークをクリックする。
  4. 初めは設定がNew(別部品として作る)になっているが、縦線をクリックした段階でAdd(台にくっつけて作る)に変わってしまう。そこで、あらためてNewを選びなおす。


  5. ツリーの左下の「Part 2」の名前を「球」に書き換える。


  6. ツリーの左下の「球」を右クリックし、「Edit appearance...」(見た目の変更)を選ぶ。


  7. 左図のように○をドラッグしてA(不透明度)を0.5に変更し、緑のチェックマークをクリックする。これで球が半透明になる。
  8. Aの値は直接キーボードから入力することもできる。
    (ここではやらないが)色のパレットをクリックすれば色を変えることもできる。
    3D-CADでの設計では色を実物に近づけることにあまり意味はないが、ここで半透明にしておくことで、以下の工程で作るくぼみの形がわかりやすくなる。

くぼみを作る

いまのままでは台と球が重なり合った状態なので、台を球の形に削る。

  1. 上のBoolean をクリックし、工程名を「くぼみ作成」に変更する。


  2. 設定を「Subtract」(削る)に変える。この時点で「Tools」を選択する状態になっているので球をクリックし、選択対象を「Targets」に切り替えてから台をクリックする。さらに「Keep tools」にチェックを入れ、緑のチェックマークをクリックする。これで台に球の形のくぼみができる。これでB3は完了。
  3. メニューの意味は以下の通り。
    設定を「Union」(結合)にすれば、2つの立体を一体化できる。
    設定を「Intersect」(交差)にすれば、2つの立体のうち重なった部分だけを残した形ができる。



課題B4

inserted by FC2 system