課題C1

フォルダ・タブの作成

  1. Onshapeのページを開いてサインインする。
  2. 演習で作成したドキュメントを開く。
  3. (AかBのフォルダに入っている状態の場合は)家のマークをクリックしてホーム直下に移動する。


  4. 「+」→「Create folder」でCフォルダを作成する。
  5. Cフォルダをクリックしてその中に入る。
  6. 「+」→「Create Part Studio」でタブを追加し、その名前を「C1」に変更する。

経路のスケッチを描く

  1. をクリックし、ツリーのTopを選択する。
  2. スケッチの名前を「パイプの経路」に変更する。
  3. 右上のボックスで視線方向をTopに切り替える。


  4. Line をクリックし、図のような2本の線を描く。


  5. Dimension で縦横の線の長さをそれぞれ60, 150にする。


  6. Sketch fillet をクリックしてから2本の線が接する点(原点)でクリックする。


  7. マウスホイールで原点のところを拡大表示し、「R5」の数字をダブルクリックして数値を40に書き換える。
  8. Sketch fillet では折れ線の角を丸めることができる。入れた丸めの半径は、このようにして後から変更することもできる。


  9. 緑のチェックをクリックしてスケッチ描画を終了させる。

断面のスケッチを描く

パイプを作るために左手前側に断面のスケッチを描きたいが、デフォルトではそのような面は存在しない。そこで、「パイプの経路」の線をもとにして新しい面を作り、そこにスケッチを描く。

  1. をクリックし、面の名前を「パイプの手前面」に変更する。
  2. ネーミングについて
    Plane では、作った面自体がツリーに表示される。そのため、ネーミング的には「~の面作成」ではなく「~の面」とする。
    一方、Extrude やRevolve はモノ自体ではなく、何かを作ったり削ったりする作業なので「~作成」などにするのが適切。
    Plane ではいろいろな方法で面を作ることができる。具体的な方法についてはこちらを参照
    種類選ぶもの設定する値できる面
    Offsetずれ幅選んだ面に平行な面
    Plane point面と点選んだ面に平行で、選んだ点を含む面
    Line angle線分角度選んだ面を含み、設定した角度だけ傾いた面
    Point normal線分と点選んだ線分に垂直で、選んだ点を含む面
    Three point3つの点選んだ点をすべて含む面
    Mid plane(1)平行な2つの面 or (2)線分(1)選んだ面と等距離な面 (2)線分の中点を含み、線分に垂直な面
    Curve point線(線分でも曲線でもOK)とその端点選んだ点を含み、選んだ線に垂直な面


  3. 設定を「Curve point」(線と点:作られる面は、選んだ線に対して垂直で、選んだ点を通る)に切り替え、灰色のスケッチの手前側の短い線、その手前側の端点を順に選んで緑のチェックマークをクリックする。
  4. 表示が小さいと線がうまく選べないので、マウスホイールでズームしてから「2」のクリックを行うとよい。


  5. 表示をTopに切り替え、図の位置に新しい面ができていることを確認する。
  6. このように「パイプの経路」の手前の点を通らない面ができていた場合はUndoしてやり直し。


  7. をクリックし、ツリーのパイプの手前面を選択する。


  8. スケッチ名を「パイプの断面」に変更する。


  9. 視線方向をTrimetricに切り替える。


  10. Center point circle で、テキトーな位置を中心としたテキトーな大きさの円を描く。
  11. テキトーであることが重要。中心の位置は、あとで条件をつけて確定したい。描くときに条件がついてしまうと厄介なことになるので、クリックするときには、例えば図のようなアイコンが出ない場所を狙う。


  12. Coincident(一致) をクリックし、円の中心と「パイプの経路」の手前側の端点を選ぶ。すると、円が移動して右図のようになる。


  13. Dimension で円の直径を30にする。これですべての線が黒になる。


  14. 緑のチェックをクリックしてスケッチ描画を終了させる。

パイプの外形を作る

2つのスケッチを組み合わせて立体を作る。

  1. Sweep をクリックし、工程の名前を「外形作成」に書き換える。


  2. 「パイプの断面」の円の中の部分をクリックする。
  3. Sweep では、「断面」を「経路」に沿って動かしたときにできる形を作る。最初は「断面」を選択する状態になっているので、この円を選ぶ。


  4. Sweep path (2つ目のテキストボックス)をクリックし、「パイプの経路」の3本の線を順に選んで、緑のチェックマークをクリックする。これで「パイプの断面」を「パイプの経路」に沿って動かした形ができる。

穴をあける

この形をパイプ状にするには、一回り小さい断面を描いてSweepで削ってもよいが、Shell(くり抜き)を使うともっと簡単にできる。

  1. Shell をクリックし、工程の名前を「穴あけ」に書き換え、「Shell thickness」(残す厚さ)を5に変更する。


  2. 左右の平らな面を順にクリックして選択し、緑のチェックマークをクリックする。これでパイプを貫通する穴があく。


  3. ツリーの左下の「Part 1」の名前を「パイプ」に書き換える。


  4. ツリーの左下の「パイプ」を右クリックして「Edit appearance...」を選び、透明度を0.50に変更する。これで課題C1は完了。
  5. 半透明にしたのはちゃんと貫通穴ができているかどうかを確認するため。ちなみに、もしもShell で1つの面だけを選ぶと、図のように反対側には貫通しなくなる。


    また、「Hollow」(中空)にチェックを入れ、「Parts to hollow」(くり抜きたい部品)として「パイプ」を選べば、開口部なしで中がくり抜かれる (材質が不透明のときは、見た目だけではくり抜かれているかどうかわからない)。
    (これらの例を試してみてもよいが、確認したら「完成状態」と同じ形に戻しておく)





課題C2

inserted by FC2 system