課題C2

タブの作成

  1. 「+」→「Create Part Studio」でタブを追加する。
  2. 新しいタブの名前を「C2」に変更する。

底面のスケッチを描く

  1. をクリックし、ツリーのTopを選択する。
  2. スケッチの名前を「底面の形」に変更する。
  3. 右上のボックスで視線方向をTopに切り替える。


  4. Inscribed polygon で、原点を中心とした、右の辺が鉛直な八角形を描く。


  5. Dimension で一辺の長さを30にする。


  6. 緑のチェックをクリックしてスケッチ描画を終了させる。

上面のスケッチを描く

今回は「スケッチとスケッチをつないで立体を作る」という方法をとるので、まだ立体はつくらずに2つ目のスケッチを描く。また、2つ目のスケッチは1つ目とは別の面にないといけないので、そのための面を作る。

  1. 視線方向をTrimetricに切り替える。
  2. をクリックし、面の名前を「上面描画用の面」に変更する。


  3. 設計画面上の「Top」の面をクリックし、Offset distance(ずらし幅)を100に変更して緑のチェックマークをクリックする。これでTop面より100mm上に新しい面ができる。
  4. Top面を選ぶ(1番目のクリック)ときは、これまでのようにツリー上の「Top」をクリックしてもよい。


  5. をクリックし、設計画面上の「上面描画用の面」を選び、スケッチ名を「上面の形」に変更する。
  6. ツリー上の「上面描画用の面」を選んでもよい。


  7. Use をクリックし、「底面の形」の八角形の中の部分をクリックする。すると、「上面描画用の面」にそれと同じ形のスケッチができる。
  8. Use を使うと、このように他の面に描いたスケッチをコピーできる。


  9. 緑のチェックをクリックしてスケッチ描画を終了させる。

外形を作る

2つのスケッチをつないだ立体を作る。

  1. Loft をクリックし、工程の名前を「外形作成」に書き換える。


  2. 図のように2つのスケッチを順にクリックする。すると右図のような立体が表示される(まだ緑のチェックマークはクリックしない)。


  3. Match vertices (対応させる点)にチェックを入れ、図のように下側のどれかの点と、上側の一つ右隣の点を順にクリックする。すると立体がねじれた状態になる。こうなったら緑のチェックマークをクリックする。

くり抜く

Shellでこの立体をくり抜いてコップ状にする。

  1. Shell をクリックし、工程の名前を「くり抜き」に書き換え、「Shell thickness」(残す厚さ)を5に変更する。


  2. 立体の上の面をクリックして選択し、緑のチェックマークをクリックする。すると立体が上からくり抜かれる。
  3. C1の時とは違い、下側には穴があかない。Shell でくり抜くと、選んだ面が開口部になる。


  4. ツリーの左下の「Part 1」の名前を「コップ」に書き換える。これで課題C2は完了。



課題C3

inserted by FC2 system