課題C3

タブの作成

  1. 「+」→「Create Part Studio」でタブを追加する。
  2. 新しいタブの名前を「C3」に変更する。

底面のスケッチを描く

  1. をクリックし、ツリーのTopを選択する。
  2. スケッチの名前を「底面の形」に変更する。
  3. 右上のボックスで視線方向をTopに切り替える。


  4. Center point circle で、原点を中心とした円を描く。


  5. Dimension で直径を100にする。


  6. 緑のチェックをクリックしてスケッチ描画を終了させる。

中段のスケッチを描く

  1. 視線方向をTrimetricにする。
  2. ツリーのTopを選択する。
  3. をクリックし、面の名前を「中段描画用の面」に変更する。


  4. 設計画面上の「Top」の面をクリックし、Offset distance(ずらし幅)を50に変更して緑のチェックマークをクリックする。


  5. をクリックし、設計画面上の「中段描画用の面」を選び、スケッチ名を「中段の形」に変更する。


  6. 右上のボックスで視線方向をTopに切り替える。


  7. Inscribed polygon で、原点を中心とした、右の辺が鉛直な六角形を描く。


  8. Dimension で一辺の長さを80にする。


  9. 緑のチェックをクリックしてスケッチ描画を終了させる。

上面のスケッチを描く

  1. 視線方向をTrimetricに切り替える。
  2. をクリックし、面の名前を「上面描画用の面」に変更する。


  3. 設計画面上の「中段描画用の面」をクリックし、Offset distanceを30に変更して緑のチェックマークをクリックする。これで「中段描画用の面」より30mm上(Top面より80mm上)に新しい面ができる。


  4. をクリックし、設計画面上の「上面描画用の面」を選び、スケッチ名を「上面の形」に変更する。


  5. Use をクリックし、「中段の形」の基準線(点線)の部分をクリックする。すると、「上面描画用の面」にそれと同じ形の円ができる。
  6. Use で基準線を元にしてスケッチを作った場合でも、できるものは実線になる。


  7. 緑のチェックをクリックしてスケッチ描画を終了させる。

外形を作る

2つのスケッチをつないだ立体を作る。

  1. Loft をクリックし、工程の名前を「外形作成」に書き換える。


  2. 図のように3つのスケッチを下から順にクリックし、緑のチェックマークをクリックする。これで3つのスケッチを滑らかにつないだ立体ができる。

くり抜く

Shellでこの立体をくり抜く。ただし、ここでは開口部のない中だけがくり抜かれた状態にする。

  1. ツリーの左下の「Part 1」を右クリックして「Edit appearance...」を選び、透明度を0.50に変更する。
  2. Shell をクリックし、工程の名前を「くり抜き」に書き換え、「Hollow」(空洞)にチェックを入れ、設計画面上の立体を選んで「Shell thickness」を5に変更し、緑のチェックマークをクリックする。すると、立体の中が空洞になる。
  3. C1, C2の時とは違い、この方法だとどこにも開口部がなくなる。

分割する

  1. をクリックし、面の名前を「分割用の面」に変更する。


  2. 設計画面上の「上面描画用の面」をクリックし、矢印のアイコンをクリックしてOffset distanceを15に変更し、緑のチェックマークをクリックする。
  3. 矢印のアイコンをクリックしないと、「上面描画用の面」より15mm上に新しい面ができてしまう。
    矢印のアイコンは、Extrude で押し出す方向を反転させたいときにも使える。


  4. Split をクリックし、工程名を「本体と蓋の分割」に変更する。


  5. 立体をクリックし、メニューの「Entity to split with」をクリックしてから、設計画面上の「分割用の面」を選んで緑のチェックマークをクリックする。これで立体がこの面を挟んで上下に分割される。


  6. ツリーの下の部品名を「本体」「蓋」に変更する。


  7. 「本体」と「蓋」の色を異なったものに変更する。これで課題C3は完了




課題C4

inserted by FC2 system