課題D

課題D1

D1-1. フォルダ・タブの作成

  1. Onshapeのページを開いてサインインする。
  2. 演習で作成したドキュメントを開く。
  3. (これまでに作ったフォルダに入っている状態の場合は) 家のマークをクリックしてホーム直下に移動する。
  4. 「+」→「フォルダ作成」でDフォルダを作成し、クリックしてその中に入る。
  5. 「+」→「Part Studioを作成」でタブを追加し、その名前を「D1」に変更する。

D1-2. 箱の原形を作る

  1. Top平面を選んでスケッチを開始する (スケッチ名は「箱の基準」)。
  2. 視線方向を上面に切り替える。
  3. (この時点でこう見えるはず)


  4. 前回までの内容を踏まえ、図の状態のスケッチを描き、緑のチェックを押してスケッチを終了させる (使うもの:中心長方形 、 同等 、 寸法 )。
  5. (寸法を入れるのは1か所だけ。横と縦は課題B3のときと同じように、同等 で同じ長さにする)


  6. 押し出し で奥行き30mmでパーツを作る。
  7. (フィーチャー名、パーツ名を図の通りにする)

D1-3. 箱に変更を加える

  1. シェル で箱の上面を選んで、「シェルの厚さ」を4mmにしてくり抜く。
  2. (フィーチャー名を図の通りにする)


  3. Origin ~ Right を非表示にする。


  4. フィレット で、図のようにして箱の内側に半径5mmの丸めを入れる。
  5. (選ぶのは4本の縦のエッジと底の面)

D1-4. 箱を延長する

  1. 直線パターン をクリックし、図のようにして5つ分連結した状態にする。
  2. 直線パターン では、このようにパーツを並べてコピーできる。
    ここでは、設定を「追加する」にしてコピー元と一体化したため、横に長いパーツになった。
    コピー元の横幅は40mm, 壁の厚さは4mmで、36mmずつずらしてコピーしたので、ちょうど壁1枚分重なった状態でコピーされる。
    「二次方向」にチェックを入れれば、1回のコピーでこういう形にすることもできる (参考)。

完成状態
(フィーチャーリスト、パーツリスト、モデルの状態がこれと完全に同じであることを確認する)

課題D2

D2-1. タブの作成

  1. 「+」→「Part Studioを作成」でタブを追加する。
  2. 新しいタブの名前を「D2」に変更する。

D2-2. ハブを作る

  1. Top平面を選んでスケッチを開始する (スケッチ名は「ハブの基準」)。
  2. 視線方向を上面に切り替える。
  3. (この時点でこう見えるはず)


  4. 図の状態のスケッチを描き、緑のチェックを押してスケッチを終了させる (使うもの:中心点円 、 寸法 )。


  5. 押し出し で、上下均等に20mm押し出してパーツを作る。
  6. (基本的にいままでと同様だが、設定を「対称」に変える)
    (パーツ名を「ハブ」に変える)

D2-3. 棒を作る

  1. Front平面を選んでスケッチを開始する (スケッチ名は「棒の基準」)。
  2. 視線方向を正面に切り替える。
  3. (この時点でこう見えるはず)


  4. 図のようにして斜めの線を入れ、位置・向き・長さを確定させる。


  5. (こうなればOK)


  6. 図のようにしてスロット で元の線を4mm膨らませた線を作る。
  7. (斜めの線をクリックした後、何もないところをクリックするとスロットができる。そのあとで「φ20」の数値を4に変える)


  8. 図のようにして押し出し でパーツを作る。
  9. (ハブと一体化しないように、「新規」に変えることに注意。できたパーツは灰色になるはず)
    (ここでもさっきと同じ「対称」の設定にする)

D2-4. 棒をコピーする

  1. Origin ~ Right を非表示にする。


  2. 円形パターン (直線パターン の右の ∨ から選択) をクリックし、図のようにして棒を3本に増やす。


  3. パーツの名前を図のように変更する。

D2-5. 穴をあける

  1. ブール演算 で、図のようにして棒がハブに刺さるための穴をあける。


  2. 棒を非表示にしてみて、穴が開いていることが確認できたら課題D2は完了。
  3. (最後はすべてのパーツを表示状態にする)

完成状態
(フィーチャーリスト、パーツリスト、モデルの状態がこれと完全に同じであることを確認する)

課題D3

D3-1. タブの作成

  1. 「+」→「Part Studioを作成」でタブを追加する。
  2. 新しいタブの名前を「D3」に変更する。

D3-2. 円錐を作る

  1. Top平面を選んでスケッチを開始する (スケッチ名は「円錐の基準」)。
  2. 視線方向を上面に切り替える。
  3. (この時点でこう見えるはず)


  4. 図の状態のスケッチを描き、緑のチェックを押してスケッチを終了させる (使うもの:中心点円 、 寸法 )。


  5. 押し出し で、図のようにしてパーツを作る。
  6. (「抜き勾配」で20°狭めながら押し出す)
    (先端がとがるように矢印をドラッグして奥行きを伸ばす(ぴったりこれと同じ数値にする必要はない))

D3-3. コピーの基準を描く

  1. Front平面を選んでスケッチを開始する (スケッチ名は「コピーの基準」)。
  2. 視線方向を正面に切り替える。
  3. (この時点でこう見えるはず)


  4. 図のようなスケッチを描き、寸法 で長さを200mmにする。
  5. (始点は円錐の頂点に合わせる)


    (こうなればOK。実線でなく点線(作図線)であることに注意)


  6. スプライン で、図のようにして曲線を描く。
  7. (始点と終点はさっきの作図線に合わせる)
    (終点ではダブルクリックする)


  8. 図のようにして曲線を整える。
  9. (白丸を作図線に重ねる)
    (曲がり方を適度に緩くする)
    始点・終点と白丸をつなぐ線は、その位置でのスプラインの向きを決める。
    これを作図線に合わせることで、上下の端でスプラインがまっすぐ立つことになる。
    スプラインの線が青いままだが、無理に確定はさせない。
    「だいたい整っている」というレベルでよい。
    スプラインは基本的に自由に描くものだが、あらかじめ作図線で基準になるものを描いておくことで、長すぎたり短すぎたりなど予想外の形になることを防げる。

  10. 緑のチェックをクリックしてスケッチを終了させる。

D3-4. 円錐をコピーする

  1. 視線方向をトリメトリックに切り替える。
  2. Origin ~ Right を非表示にする。


  3. 円形パターン の右の ∨ から曲線パターン を選び、図のようにして実行する。
  4. (最後に設定を「追加する」にして元のパーツを選ぶことで一体化して一つのパーツになる)
    「コピーの基準」の曲線の曲がり方が急すぎると曲線が長くなるので、コピーされたパーツどうしが重ならず、このようにたくさんのパーツがある状態になってしまう。
    こうなったときは「円錐コピー」をダブルクリックして「インスタンス数」を増やし、一つのパーツになるようにする。



    また、曲がりが急だとこういう汚い重なり方のところができる (こうなっていても課題としてはOKとするが)。
    曲がり方は緩くしたほうがきれいにできる。
    ここではコピーされたパーツ・コピー元をすべて一体化して一つのパーツにしたが、ちょっと工夫すればこういう風に重ならない多くのパーツにすることもできる。
    (使うもの:シェル 、スイープ 、厚みつけ 、ブール演算 (「削除」で「オフセット」にチェックをいれる))

  5. パーツの名前を「オブジェ」に変更する。これで課題D3は完了。

完成状態
(フィーチャーリスト、パーツリストの状態がこれと完全に同じで、パーツ数が1であることを確認する)

課題D4

ここでは自分で考えて好きな形を作る。
  1. 「+」→「Part Studioを作成」で新しいタブ「Part Studio 1」を追加し、名前を「D4」に変更する (これまでに作成したタブのコピー・使いまわしはNG)。

  2. D4タブに、自分で考えて好きな形のパーツを作る。ただし必ず以下の条件を満たすようにする。
    1. 直線パターン 、円形パターン 、曲線パターン のうち、少なくともどれか1つを使う。
    2. パーツを2つ以上作った場合は、パーツ同士が重なり合わないようにする (調べ方)。
    3. パーツはすべて表示した状態にする。
    4. フィーチャーリストにエラー (赤字) や「使われていないただの絵」を残さない。

    必須ではないが、このほかに以下の条件を満たすのが望ましい。
    フィーチャーにはすべて実態にあった名前をつける。
    スケッチは「完全定義」(黒状態)になるようにする。
    パーツ以外のものを非表示にする。

提出

演習の時間の終了時に、cadseminar2021@gmail.comあてに以下のメールを送る。
指摘を受けて、修正が完了した時は教員のメールへの返信で連絡する。

トップページへ
inserted by FC2 system