課題D1

タブの整理

  1. Onshapeのページを開いてサインインする。
  2. 演習で作成したドキュメントを開く。
  3. 「+」→「Create folder」を選択する。


  4. 新しいフォルダの名前を「A」に変更する。
  5. 「A」をドラッグして一番左に移動させる。
  6. 「A1」~「A4」のタブをドラッグして「A」フォルダに入れる。
  7. 「A」をクリックすると、その中のタブ「A1」~「A4」だけが見える。家のアイコンをクリックすると元に戻る。


  8. 同様にして「B」「C」フォルダを作り、それぞれに課題B, Cのタブを入れる。
  9. この時点で、下にはフォルダ「A」「B」「C」と、(消していなければ)最初からあった「Assembly 1」だけが見えているはず。残っているなら、「Assembly 1」は右クリック→Deleteで消しておく。

フォルダ・タブの作成

  1. 「+」→「Create folder」で課題D用のフォルダ「D」を作る。
  2. 「D」をクリックしてそのフォルダの中に入る。
  3. 「+」→「Create Part Studio」でタブを追加する。
  4. 新しいタブの名前を「D1」に変更する。

棒を作る

  1. をクリックし、ツリーのTopを選択する。
  2. スケッチの名前を「棒の底面の形」に変更する。
  3. 視線方向をTopに切り替える。


  4. Center point rectangle で、原点を中心とした長方形を描く。


  5. Equal で縦横の辺の長さを同じにする。


  6. Dimension で一辺の長さを20にする。


  7. 緑のチェックをクリックしてスケッチ描画を終了させる。


  8. 視線方向をTrimetricに切り替える。


  9. ツリーの「棒の底面の形」を選んでExtrude をクリックし、工程名を「棒作成」に書き換えて、長さを150にして緑のチェックマークをクリックする。

板を作る

  1. をクリックし、ツリーのTopを選択する。
  2. スケッチの名前を「板の底面の形」に変更する。
  3. 視線方向をTopに切り替える。
  4. Center point circle で、原点を中心とした円を描く。


  5. Dimension で直径を80にする。


  6. 緑のチェックをクリックしてスケッチ描画を終了させる。


  7. 視線方向をTrimetricに切り替える。


  8. ツリーの「板の底面の形」を選んでExtrude をクリックし、工程名を「板作成」に書き換えて、設定をNewに変更し、厚さを10にして緑のチェックマークをクリックする。

板に変更を加える

  1. Fillet をクリックして工程の名前を「板丸め」に書き換え、板の上下のエッジを順にクリックして緑のチェックマークをクリックする。
  2. Fillet を使えばこのようにエッジを丸めることができる。メニューの「Radius」の値が丸めの半径にあたる。


  3. Transform をクリックして工程の名前を「板移動」に書き換え、設定を「Translate by XYZ」(X, Y, Z方向の移動)に変更する。


  4. 板をクリックし、「Z↑」の数値を30にして緑のチェックマークをクリックする。これで板が30mm上に移動する。
  5. Transform を使えば、移動・回転・拡大、縮小など、立体にさまざまな変更を加えられる。


  6. Boolean をクリックして工程の名前を「穴あけ」に書き換え、設定をSubtractにして板に棒を通す穴をあける。

板をコピーする

  1. Linear pattern をクリックし、工程の名前を「板コピー」に書き換え、図のように設定して緑のチェックマークをクリックする。すると板がコピーされて3枚になる。
  2. メニューの意味は以下の通り。
    「Second direction」にチェックを入れると、もう一つコピー方向を選べるようになる。例えば図のようにすると、上下と前後にコピーしてトータルで板を12枚に増やせる。これを使えば、リモコンのボタンなども簡単に作れる。


  3. 4つの部品の名前を図のように変更する。これで課題D1は完了。



課題D2

inserted by FC2 system