課題D2

タブの作成

  1. 「+」→「Create Part Studio」でタブを追加する。
  2. 新しいタブの名前を「D2」に変更する。

リングを作る

  1. をクリックし、ツリーのTopを選択する。
  2. スケッチの名前を「リング底面の形」に変更する。
  3. 視線方向をTopに切り替える。


  4. Center point circle で、原点を中心とした円を描く。


  5. Dimension で直径を100にする。


  6. Offset をクリックし、円の円周部分をクリックする。すると外側に一回り大きい円のプレビューが表示される。ここでは内側に一回り小さい円を作りたいので、矢印のマークをクリックして内向きにしてからEnterキーを押す。数値5(大きさの差)は変えずにもう一度Enterキーを押すと、一回り小さい円ができる。
  7. Offset を使うと、スケッチや立体の面を基準として「一回り大きいスケッチ」「一回り小さいスケッチ」を作ることができる。
    確定したあとでも数値をダブルクリックして書き換えれば元の図形との大きさの差を変更できる。


  8. 緑のチェックをクリックしてスケッチ描画を終了させる。


  9. 視線方向をTrimetricに切り替える。


  10. ツリーの「リング底面の形」を選んでExtrude をクリックし、工程名を「リング作成」に書き換えて、設定を「Symmetric」(対称)に切り替え、長さを10にして緑のチェックマークをクリックする。
  11. 設定をSymmetricにすると、面の前後(この場合は上下)に均等に立体が押し出される。
    Extrudeの元になるスケッチが2重の図形の場合は、このように図形に挟まれる部分が押し出される。
    スケッチがもっと複雑な場合は、ツリーでスケッチを選ばずにExtrude をクリックし、使いたい面をクリックして選択すれば、それを元にした立体ができる。

棘を作る

  1. をクリックし、ツリーのFrontを選択する。
  2. スケッチの名前を「棘底面の形」に変更する。
  3. 視線方向をFrontに切り替える。


  4. Center point circle で、原点を中心とした円を描く。


  5. Dimension で直径を8にする。


  6. 緑のチェックをクリックしてスケッチ描画を終了させる。


  7. 視線方向をTrimetricに切り替える。


  8. ツリーの「棘底面の形」を選んでExtrude をクリックし、工程名を「棘作成」に書き換えて「Draft」(傾きづけ)にチェックを入れ、角度を20にして、角度を反転させて狭める設定にしてから緑のチェックマークをクリックする。

棘を移動させる

  1. 右上のボックスの下のメニューで、表示設定を「Translucent」(半透明)に切り替える。
  2. 表示を半透明にするのは、移動後に棘の根元部分が内側にはみ出していないことを確認するため。
    デフォルトの表示設定は「Shaded」(不透明、陰付き)。他もいろいろ試してみるとよい。

  3. Transform をクリックし、工程の名前を「棘移動」に書き換え、棘を選択して「Y」の値を-48にして緑のチェックマークをクリックする。すると棘が移動してリングから外に突き出た状態になる。


  4. 視線方向を「Trimetric」に切り替える。
  5. 表示設定を「Shaded」に切り替える。

棘をコピーする

  1. Linear pattern の右の▼からCircular pattern を選びし、工程の名前を「棘コピー」に書き換え、図のように設定する。まだ緑のチェックマークはクリックしない。
  2. メニューの意味は以下の通り。


  3. 設定をAddに切り替え、リングをクリックしてから緑のチェックマークをクリックする。これで棘がコピーされるとともにリングと一体化する。
  4. 設定をAddにするとメニューに「Merge scope」(くっつける対象)の項目が増える。


  5. 部品の名前を「棘つきリング」に変更する。これで課題D2は完了。



課題D3

inserted by FC2 system