課題D3

タブの作成

  1. 「+」→「Create Part Studio」でタブを追加する。
  2. 新しいタブの名前を「D3」に変更する。

リングを作る

  1. をクリックし、ツリーのTopを選択する。
  2. スケッチの名前を「球断面の形」に変更する。
  3. 視線方向をTopに切り替える。


  4. Center point arc とLine で、図のような原点を中心とした半円を描く。


  5. Dimension で半径を20にする。


  6. 緑のチェックをクリックしてスケッチ描画を終了させる。


  7. 視線方向をTrimetricに切り替える。


  8. ツリーの「球断面の形」を選んでRevolve をクリックし、工程名を「球作成」に書き換えて、半円の直線部分を回転軸に設定して緑のチェックマークをクリックする。

経路を描く

  1. をクリックし、ツリーのRightを選択する。
  2. スケッチの名前を「経路」に変更する。
  3. 視線方向をRightに切り替える。


  4. Spline をクリックし、図のような曲線を描く。
  5. Spline ではこのように自由な曲線を描ける。これを確定するには、両端の点、途中の2つの点(コントロールポイントという)、線の曲がり具合を決める2つの白丸の点の位置すべてを決める必要がある。


  6. Dimension で原点から上の点までの距離を200にする。
  7. 上の点が黒くなるはず。ならない場合は曲線を描き直すか、Coincident で縦軸と上の点を一致させる。


  8. 図のように縦軸から2つのコントロールポイントまでの距離を決める。


  9. 図のように横軸から2つのコントロールポイントまでの距離を決める。
  10. これで2つのコントロールポイントも黒くなるはず。


  11. キーボードのEscキーを押してDimensionのコマンドを終了させてから、(下の白丸が縦軸より左にある場合は)白丸をドラッグして縦軸よりも右側に移動させる。


  12. Dimension で縦軸、横軸から白丸までの距離を決める。


  13. Horizontal で曲線の上端と白丸に「水平」の条件をつける。


  14. Dimension で曲線の上端から白丸までの距離を決める。これですべての点の位置が確定し、曲線が黒くなる。


  15. 緑のチェックをクリックしてスケッチ描画を終了させる。

球をコピーする

  1. 視線方向を「Trimetric」に切り替える。
  2. Circular pattern の右の▼からCurve pattern を選びし、工程の名前を「球コピー」に書き換え、図のように設定する。まだ緑のチェックマークはクリックしない。
  3. メニューの意味は以下の通り。


  4. 設定をAddに切り替え、「Instance count」を12にして、くっつける対象をもとの球に設定してから緑のチェックマークをクリックする。これで球が一体化された形でコピーされる
  5. 設定がAddのときは、コピー総数が少なすぎて元の立体と重ならない場合はエラーになる。


  6. 部品の名前を「オブジェ」に変更する。これで課題D3は完了。



課題D4

inserted by FC2 system