課題E

課題E1

E1-1. フォルダ・タブの作成

  1. Onshapeのページを開いてサインインする。
  2. 演習で作成したドキュメントを開く。
  3. (これまでに作ったフォルダに入っている状態の場合は) 家のマークをクリックしてホーム直下に移動する。
  4. 「+」→「フォルダを作成」でEフォルダを作成し、クリックしてその中に入る。
  5. 「+」→「Part Studioを作成」でタブを追加し、その名前を「E1」に変更する。

E1-2. 印鑑の本体を作る

  1. Top平面を選んでスケッチを開始する (スケッチの名前は「円柱の基準」)。
  2. 右上のボックスで視線方向を上面に切り替える。


  3. 図の状態のスケッチを描き、緑のチェックを押してスケッチを終了させる (使うもの:中心点円 、 寸法 )。


  4. 押し出し で上に60mm押し出してパーツを作り、名前を「印鑑」にする。
  5. また、Top ~ Right を非表示にする。


  6. フィレット で下のエッジに半径2mmの丸めを入れる。

E1-3. 文字スケッチを描く

  1. 視線方向を上面に切り替える。
  2. 図のようにして円柱の上の面でスケッチを開始する。
  3. (パーツの面を選ぶ。この場合はフィーチャーリストからは選べない)


  4. 図のようにして2つの円を描く。
  5. (エッジ利用 (投影/変換) で円柱と同じ大きさの円をつくる)
    (オフセット でそれより半径が0.2mm小さい円をつくる。内側にドラッグしたあと、何もないところをクリックして数値入力)


  6. 図のようにして、テキスト で裏返しの「名前」という文字のスケッチを描く。
  7. (フォントを「Noto Sans Japanese」にしないと日本語が文字化けする)
    (印鑑用に文字を左右反転させている)
    (「名前」のところを自分の名前にしてもよいが、文字によってはこのあとの押し出し が失敗することもある。その場合は「名前」で)


  8. 図のようにして文字が円の中に納まるようにする。
  9. (中点 の条件のおかげで、文字の中心が原点と一致するようになる)
    (寸法を入れるのは1か所だけ。文字の場合は縦横比が自動的に決まるので、横を確定させれば縦も確定する)
    (自分の名前にした場合は、寸法 で入れる数値を適宜調整する)


  10. 緑のチェックを押してスケッチを終了させる。
  11. (Originも非表示にしておく)

E1-4. 文字以外の部分をくぼませる

  1. 図のようにして文字と縁以外の部分を0.2mmくぼませる。
  2. (自分の名前にした場合にどうしてもエラーになるようなら「文字くり抜きの基準」で文字を変更する(方法はここの2つ目の図を参照))
    (このようにスケッチが複雑な形をしているときは、フィーチャーリストから選ばずにこうしてクリックで選べば確実に使いたい部分を決められる)


  3. 視線方向をトリメトリックにしてからマウスホイールでズームし、このようになっていることを確認したら課題E1は完了。

完成状態
(フィーチャーリスト、パーツリストの状態がこれと完全に同じで、文字を変えた場合以外はパーツの形も完全に同じであることを確認する)

課題E2

E2-1. タブの作成

  1. 「+」→「Part Studioを作成」でタブを追加する。
  2. 新しいタブの名前を「E2」に変更する。

E2-2. スケッチを描く

  1. Front平面を選んでスケッチを開始する (スケッチの名前は「サーフェスの基準」)。
  2. 右上のボックスで視線方向を正面に切り替える。


  3. 円錐体 (3点円弧 の右の ∨ から選択) で図のようにして放物線を描く。
  4. (両端は横軸に重ねる)
    (最後の点は縦軸に重ねる)


  5. 対称 で左右対称にし、寸法 で形を決める。


  6. 分割 で線を左右均等に分け、作図線 で片方を作図線にする。
  7. (まず適当な位置で分割したあと、分割の点をドラッグして縦軸に重ねる)


  8. 緑のチェックをクリックしてスケッチを終了させる。
  9. 半分だけを実線状態にしたのは、このあと回転 で形をつくるため。

E2-3. サーフェスを作る

  1. 図のようにしてスケッチを回転させた形をつくる。
  2. ここでは回転軸としてスケッチではなく「合致コネクタ」を使っている。Z軸のまわりの回転なら、これだけでも回転 を実行できる。

  3. パーツリストのところの「サーフェス (1)」を展開し、その中にある「Surface 1」の名前を「基準サーフェス」に変更する。
  4. ここでできたのは、パーツとは別の分類の「サーフェス」と呼ばれるもの。
    パーツの数は0のままで、「サーフェス」という種類のものができている。
    押し出し スイープ ロフト でもサーフェスを作ることができる (リンク先解説ページの下側に実例がある)。
    作り方からもわかるように、サーフェスは厚みをもたない。
    そのため、これ自身は3Dプリンタ用のデータにはならない。
    次のステップで、これをもとにしてパーツを作る。

E2-4. サーフェスからパーツを作る

  1. 図のようにして厚みつけ でサーフェスをもとにしたパーツを作る。
  2. (デフォルトの設定ではパーツはサーフェスの上側にできる。方向を反転させて下側に作る)


  3. 図のようにパーツ名を変更し、パーツ以外の余計なもの (Origin ~ Right と「基準サーフェス」) を非表示にすれば課題E2は完了。
  4. 「サーフェスの基準」で描いたのは放物線で、これを回転させてできたサーフェスの形は放物面という。
    似ているが、球の一部とは形が異なる。
    衛星放送を受信するパラボラアンテナもこの形 (そもそも parabola とは放物線のこと)。

完成状態
(フィーチャーリスト、パーツリスト、モデルの状態がこれと完全に同じであることを確認する)

課題E3

E3-1. タブの作成

  1. 「+」→「Part Studioを作成」でタブを追加する。
  2. 新しいタブの名前を「E3」に変更する。

E3-2. サーフェスの基準のスケッチを描く

  1. Front平面を選んでスケッチを開始する (スケッチの名前は「エッジ(正面)」)。
  2. 視線方向を正面に切り替える。


  3. 中心点円弧 (3点円弧 の右の ∨ から選択) で図のようにして円弧を描く。


  4. 図のようにして円弧の位置と形を確定させる。
  5. (半径50mmの90°の円弧で、縦軸・横軸に接した状態にする)


  6. 緑のチェックをクリックしてスケッチを終了させる。


  7. Right平面を選んでスケッチを開始する (スケッチの名前は「エッジ(右側)」)。
  8. 視線方向を右側に切り替える。


  9. 中心点円弧 で図のようにして円弧を描く。
  10. (左の端点をさっきのスケッチの端点と一致させる)


  11. 図のようにして円弧の位置と形を確定させる。
  12. (寸法を使わなくても黒くなるはず)


  13. 緑のチェックをクリックしてスケッチを終了させる。


  14. Top平面を選んでスケッチを開始する (スケッチの名前は「エッジ(平面)」)。
  15. (そうなっていなければ) 視線方向をトリメトリックに切り替える。


  16. でさっきの2つのスケッチの下の端点をつなぐ線を描く。


  17. 緑のチェックをクリックしてスケッチを終了させる。
  18. (3本の線がこういう形になっているはず)

E3-3. サーフェスを作る

  1. Top ~ Right を非表示にする。


  2. フィル で3つのスケッチの線で囲まれるサーフェスを作る。


  3. 円形パターン で図のようにしてサーフェスをコピーする。

E3-4. サーフェスで囲まれたパーツを作る

  1. 囲い込み (厚みつけ の右の ∨ から選択) で4つのサーフェスとTop平面で囲まれた形のパーツを作る。


  2. Origin を非表示にし、パーツ名を図のように変更したら課題E3は完了。

完成状態
(フィーチャーリスト、パーツリスト、モデルの状態がこれと完全に同じであることを確認する)

課題E4

ここでは自分で考えて好きな形を作る。
  1. 「+」→「Part Studioを作成」で新しいタブ「Part Studio 1」を追加し、名前を「E4」に変更する (これまでに作成したタブのコピー・使いまわしはNG)。

  2. E4タブに、自分で考えて好きな形のパーツを作る。ただし必ず以下の条件を満たすようにする。
    1. 文字 、厚みつけ 、フィル 、囲い込み のうち少なくともどれか1つを使う。
    2. パーツを2つ以上作った場合は、パーツ同士が重なり合わないようにする (調べ方)。
    3. パーツはすべて表示した状態にする。
    4. フィーチャーリストにエラー (赤字) や「使われていないただの絵」を残さない。
    5. (文字 でスケッチを描いただけのこういうものもNG)

    必須ではないが、このほかに以下の条件を満たすのが望ましい。
    フィーチャーにはすべて実態にあった名前をつける。
    スケッチは「完全定義」(黒状態)になるようにする。
    パーツ以外のものを非表示にする。
    サーフェスもパーツではないので、非表示にしたほうがよい。そうしておけば
    たとえばこういうものを作ったつもりで


    3Dプリンタ用のデータとしてはこれしかできていなかった、という事態を避けられる。

提出

演習の時間の終了時に、cadseminar2021@gmail.comあてに以下のメールを送る。
指摘を受けて、修正が完了した時は教員のメールへの返信で連絡する。

トップページへ
inserted by FC2 system