課題E1

フォルダ・タブの作成

  1. Onshapeのページを開いてサインインする。
  2. 演習で作成したドキュメントを開く。
  3. (これまでに作ったフォルダに入っている状態の場合は)家のマークをクリックしてホーム直下に移動する。
  4. 「+」→「Create folder」でEフォルダを作成し、クリックしてその中に入る。
  5. 「+」→「Create Part Studio」でタブを追加し、その名前を「E1」に変更する。

板を作る

  1. をクリックし、ツリーのTopを選択する。
  2. スケッチの名前を「板の底面の形」に変更する。
  3. 視線方向をTopに切り替える。


  4. Center point rectangle で、原点を中心とした長方形を描く。


  5. Dimension で図のように縦横の長さを決める。


  6. 緑のチェックをクリックしてスケッチ描画を終了させる。


  7. 視線方向をTrimetricに切り替える。


  8. ツリーの「板の底面の形」を選んでExtrude をクリックし、工程名を「板作成」に書き換えて、厚さを10にして緑のチェックマークをクリックする。

文字のスケッチを描く

  1. をクリックし、板の上の面を選択して、スケッチの名前を「文字」に変更する。


  2. 視線方向をTopに切り替える。


  3. Text をクリックし、板の中の適当な2つの点(これが文字を囲む長方形の対角線になる)を順にクリックする。


  4. フォントタイプを「Noto Sans Japanese」に変更し、下のテキストボックスに「青森」と入力して、「B」(太字)のアイコンをクリックしてから緑のチェックマークをクリックする。これで「青森」という文字の形のスケッチができる。
  5. メニューの「B」の隣の2つのアイコンは、それぞれ左右反転、上下反転にあたる。
    デフォルトのフォントは半角英数専用のものなので、日本語の文字を入れると文字化けして□になってしまう。E4などで英数の文字だけを入れる場合は「Noto Sans Japanese」以外のフォントにしてもかまわない。
    緑のチェックマークをクリックしたあとでも、文字の部分で右クリックして「Edit text」を選べば、文字を変更したり、太字や反転の設定などを変えることができる。


  6. Midpoint で「青」と「森」の間の縦の基準線と原点に「中点」の条件をつける。これで文字と板の中心が同じになる(中央の基準線が黒くなる)。


  7. Dimension で横の基準線の長さを決める。
  8. 文字のスケッチでは、あらかじめ縦横の比が決められているので、縦か横のどちらかを決めればもう一方は自動的に決まる。


  9. 緑のチェックをクリックしてスケッチ描画を終了させる。

くぼみを作る

  1. 視線方向をTrimetricに切り替える。


  2. Extrude で、図のようにして文字スケッチの形のくぼみを作る。
  3. Extrudeでくぼみをつくるときも「Draft」にチェックを入れると、斜めに広げながら、または狭めながらくぼませることができる。デフォルトでは広げる設定なので、ここでは回転矢印のアイコンで狭める設定にしている。


  4. 部品名を「表札」に変更する。これで課題E1は完了。



課題E2

inserted by FC2 system