課題E3

タブの作成

  1. 「+」→「Create Part Studio」でタブを追加する。
  2. 新しいタブの名前を「E3」に変更する。

ダミー缶を作る

ここで作りたいのは350mlの缶(直径66mm, 高さ122.2mm)のホルダーだが、実際に使えるようにするため、サイズ・バランス確認用のダミー缶を先につくる。

  1. をクリックし、ツリーのTopを選択する。
  2. スケッチの名前を「缶の底面の形」に変更する。
  3. 視線方向をTopに切り替える。


  4. Center point circle で、原点を中心とした円を描き、Dimension で円の大きさを決める。


  5. 緑のチェックをクリックしてスケッチ描画を終了させる。


  6. 視線方向をTrimetricに切り替える。


  7. ツリーの「缶の底面の形」を選んでExtrude をクリックし、工程名を「ダミー缶作成」に書き換えて、長さを122.2にして緑のチェックマークをクリックする。できた部品の名前は「ダミー缶」に変更する。
  8. この立体は缶ホルダーの形の確認用で、3Dプリンタで作ることを想定していないので、中をくり抜くなどの加工はしない。

経路の曲線を作る

  1. ツリーの「缶の底面の形」にカーソルを置き、表示された目のマークをクリックしてスケッチを再表示させる。また、部品「ダミー缶」は同様の方法で非表示にする。
  2. 立体を作るのに使ったスケッチは自動的に非表示になるが、このようにして再表示させれば、それ以降のスケッチの基準として使うことができる。
    もっとも、あまりたくさんのスケッチが表示されていると見づらくなるので、用が済んだら非表示にしておくとよい。


  3. をクリックし、ツリーのTopを選択する。
  4. スケッチの名前を「経路作成用立体底面の形」に変更する。
  5. 視線方向をTopに切り替える。


  6. Inscribed polygon で、中心が原点で、白丸が横軸上にあるような八角形を描く。


  7. Dimension で、ダミー缶のスケッチの円と八角形の基準線の円の間の距離を2にして緑のチェックマークをクリックする。
  8. 左図の「2」のときのクリック位置に注意。八角形の辺ではなく、基準線(点線)の方をクリックする。
    缶ホルダーがきれいにフィットするように、辺の長さではなく内周を缶にあわせて決める。


  9. 視線方向をTrimetricに切り替える。


  10. ツリーの「経路作成用立体底面の形」を選んでExtrude をクリックし、工程名を「経路作成用立体作成」に書き換えて、長さを60にして緑のチェックマークをクリックする。


  11. Helix の右の▼から3D fit spline を選び、工程名を「経路作成」に変更し、図のように八角柱の頂点を順に選ぶ。まだ緑のチェックマークはクリックしない。


  12. 図のようにしてスタート側とゴール側の曲線の向きを立体の縦線にそろえる設定にしてから、緑のチェックマークをクリックする。
  13. 3D fit spline では、選択した点を通る滑らかな曲線(3D曲線のスプライン)をつくることができる。スケッチ描画のときに使えるSpline と似ているが、 で描いたものは一つの平面内に収まるのに対し、 では立体的な形が作れる。
    メニューのそれぞれの項目の意味は次の通り。 ここでStart Direction, End Directionを設定することで、曲線はまっすぐ下を向くようになる。
    「Closed spline」にチェックを入れれば、「閉曲線」(スタートとゴールが同じ、一回りする曲線)を作ることができる。


  14. Delete をクリックし、工程名を「経路作成用立体削除」に書き換え、立体をクリックしてから緑のチェックマークをクリックする。


  15. スケッチ「缶の底面の形」を非表示に戻し、「ダミー缶」を再表示させる。

缶ホルダーを作る

  1. をクリックし、ツリーのTopを選択する。
  2. スケッチの名前を「ホルダー断面の形」に変更する。
  3. 視線方向をTopに切り替える。


  4. Center point circle で適当な場所に円を描く。


  5. Coincident で円の中心と経路の端点を一致させる。


  6. Dimension で円の大きさを4にし、緑のチェックマークをクリックする。


  7. Sweep をクリックして、工程名を「ホルダー作成」に変更し、図のように断面と経路を選択して緑のチェックマークをクリックする。


  8. 新しくできた部品の名前を「缶ホルダー」に変更する。


  9. 「Curve 1」を右クリックして「Delete」を選び、工程名を「経路削除」にして緑のチェックマークをクリックする。これで課題E3は完了。




課題E4

inserted by FC2 system