課題F

課題F1

F1-1. フォルダ・タブの作成

  1. Onshapeのページを開いてサインインする。
  2. 演習で作成したドキュメントを開く。
  3. (これまでに作ったフォルダに入っている状態の場合は)家のマークをクリックしてホーム直下に移動する。
  4. 「+」→「フォルダを作成」でFフォルダを作成し、クリックしてその中に入る。
  5. 「+」→「Part Studioを作成」でタブを追加し、その名前を「F1」に変更する。

F1-2. 螺旋(らせん)を作る

  1. Right平面を選んでスケッチ「螺旋の基準」を開始する。


  2. 視線方向を右側に切り替える。
  3. 図の状態のスケッチを描き、緑のチェックを押してスケッチを終了させる (使うもの:中心点円 、 寸法 )。


  4. 視線方向をトリメトリックにし、ヘリカル で螺旋を作る (フィーチャー名は「螺旋作成」)。
  5. (設定を「ターンとピッチ」にする)
    (回転(巻き数)を10回、螺旋ピッチ(1回転あたりの移動量)を4mmに設定する)
    この時点で、パーツの数は0個、「曲率」(英語版Onshapeの "Curves" の誤訳。この演習ではこのタイプのものを「3D曲線」と呼ぶ) が1本ある状態。
    サーフェスと同様、3D曲線もそれ自体は3Dプリンタ用のデータにはならない。
    3D曲線を作るコマンドには、 ヘリカル の他に 3Dフィットスプライン 投影曲線 ブリッジ曲線 複合曲線 がある。

  6. Origin ~ Rightを非表示にし、「Curve 1」の名前を「バネの経路」に変更する。

F1-3. バネをつくる

  1. 平面 で新しい面「断面描画用の面」を作る。
  2. (面を右クリックして「に垂直に表示」)
    (「上面」の向きに近いが、わずかに傾いている)


  3. 視線方向を「断面描画用の面をまっすぐ見た状態」に切り替える。


  4. 「断面描画用の面」を選んでスケッチ「バネ断面」を開始する。


  5. 中心円 で螺旋の右端に中心を合わせた円を描き、直径を3.9mmにして緑のチェックマークをクリックしてスケッチを終了する。
  6. (F1-2の4番目のステップで螺旋のピッチを4mmに設定した。このあとスイープを行うときに、できるパーツが自分自身と交差しないように円の大きさをそれよりわずかに小さくしてある)


  7. スイープ で断面と経路を選んでパーツを作る (フィーチャー名は「バネ作成」)。


  8. パーツの名前を「バネ」に変更し、「断面描画用の面」と「バネの経路」を非表示にすれば課題F1は完了。
  9. (らせん「バネの経路」は「バネ」の中に埋まるのでほぼ見えなくなるが、それでも非表示にしておく)

完成状態
(フィーチャーリスト、パーツリスト、モデルの状態がこれと完全に同じであることを確認する)

課題F2

F2-1. タブの作成

  1. 「+」→「Part Studioを作成」でタブを追加する。
  2. 新しいタブの名前を「F2」に変更する。

F2-2. 基準用パーツを作る

この課題ではパーツのエッジを利用して3D曲線を作る。まずはその基準として使うパーツを作る。
  1. Right平面を選んでスケッチ「三角柱の基準」を開始する。


  2. 視線方向を右側に切り替える。
  3. 図のようにして三角形を描く。
  4. (上の頂点は縦軸の延長線上にする)
    (左右の頂点は横軸の延長線上にする)


  5. 図のようにして三角形の形を決める。
  6. (対称 で対称の基準になる線、対称にしたいものを順にクリックすると、2, 3番目にクリックしたものの間に対称の条件がつく)
    (高さを170mm, 斜辺の長さを180mmにする)


  7. 視線方向をトリメトリックにし、押し出し で左右均等に130mm押し出してパーツを作る (フィーチャー名は「三角柱作成」)。


  8. Origin~Frontを非表示にする (Right面はまだ表示したままにしておく)。


  9. パーツの手前の面を選んでスケッチ「四角柱の基準」を開始する。


  10. コーナー長方形 で図のような長方形を描き、縦の長さを30mmにする。
  11. (1回目のクリックは三角柱の左下の頂点で)
    (2回目のクリックは三角柱の右側の辺上で)


  12. 押し出し で30mm押し出して新規のパーツを作る (フィーチャー名は「四角柱作成」)。
  13. (設定を「新規」に変更する)
    (奥行きの値を「30」に変更する)

F2-3. 基準用パーツの形を変更する

  1. フィレット でフィーチャー「角柱丸め」を開始し、まずは三角柱の4本のエッジを選択する。
  2. (半径は5mmにする)
    (選ぶのは上・手前の横向きのエッジと下側の左右のエッジ)


  3. 続けて四角柱の4本のエッジを選択し、緑のチェックマークをクリックしてフィーチャーを完了させる。
  4. (選ぶのは下側の手前・奥の横向きのエッジと上側の左右のエッジ)
    それぞれこういう形になっていればOK。

  5. 図のようにして「四角柱分割用の面」を作る。
  6. (設定は「平面と点」にする)
    (四角柱の上側の面と、四角柱の右下奥の「曲がり始め」の点を選ぶ)


  7. 分割 で四角柱を2つに分割する (フィーチャー名は「四角柱分割」)。

F2-4. パーツのエッジから3D曲線を作る

  1. 複合曲線 で、図のようにしてパーツのエッジの形の3D曲線を作る (フィーチャー名は「ワイヤー経路作成」)。
  2. (ひとまわりしてつながるように選ぶ)


  3. パーツを削除 ですべてのパーツを削除する (フィーチャー名は「不要パーツ削除」)。
  4. パーツを非表示にするのではなく、削除することが重要。
    そうしないと、これから作るものが元のパーツと干渉してしまう。

  5. 「Curve 1」の名前を「ワイヤー経路」に変更し、「四角柱分割用の面」を非表示にする。

F2-5. ワイヤーを作る

  1. Right面で「ワイヤー断面」のスケッチを開始する。


  2. 図のようにして3D曲線の手前側の線と中心を一致させた円を描く。
  3. (まずはテキトーな位置に円を描く)
    (ピアス で「3D曲線の手前側の横向きの線」と円の中心を選ぶことで、円がちょうど良い位置になる。pierce(ピアス)は「貫通」を意味する)
    (円の直径は3mmにする)


  4. スイープ で、図のようにしてパーツを作る (フィーチャー名は「ワイヤー作成」)。


  5. 新しいパーツの名前を「タブレットスタンド」に変更し、Right面とワイヤー経路を非表示にしたら課題F2は完了。

完成状態
(フィーチャーリスト、パーツリスト、モデルの状態がこれと完全に同じであることを確認する)

課題F3

F3-1. タブの作成

  1. 「+」→「Part Studioを作成」でタブを追加する。
  2. 新しいタブの名前を「F3」に変更する。

F3-2. ハブを作る

  1. Top平面を選んでスケッチ「ハブの基準」を開始する。
  2. 視線方向を上面に切り替える。
  3. 図のような円を描く。


  4. 視線方向をトリメトリックにし、押し出し で上下均等に20mm押し出してパーツを作る (フィーチャー名は「ハブ作成」)。

F3-3. 1枚の羽根を作る

  1. Top平面を選んでスケッチ「手前エッジの基準」を開始する。
  2. 視線方向を上面に切り替える。
  3. 図のようにして円弧と作図線を描く。
  4. (円弧の中心は縦軸の延長線上にくるようにする)
    (作図線の端点は原点と円弧の中心)


  5. 図のようにして形を確定させ、緑のチェックマークをクリックしてスケッチを終了する。


  6. こうなればOK。


  7. 複合曲線 でこのスケッチと同じ形の3D曲線を作る (フィーチャー名は「手前エッジ作成」)。


  8. (自動的に非表示になった)「手前エッジの基準」をもういちど表示させる。


  9. トランスフォーム で3D曲線を下の方に15°回転させる (フィーチャー名は「手前エッジ回転」)。


  10. トランスフォーム で3D曲線を上に10mm移動させる (フィーチャー名は「手前エッジ移動」)。


  11. Origin, Front, Rightと「手前エッジの基準」を非表示にする。


  12. ミラー で3D曲線をTop平面に対して鏡映コピーする (フィーチャー名は「奥エッジ作成」)。


  13. Top平面を非表示にし、トランスフォーム で新しい方 (右上がりの方) の3D曲線を奥に60°回転させる (フィーチャー名は「奥エッジ回転」)。
  14. このように、3D曲線はパーツと同様にトランスフォーム で移動・回転させたり、ミラー でコピーできる。この課題では3D曲線に対して使ってはいないが、直線パターン 、円形パターン 、曲線パターン でたくさんのコピーを一気に作ることもできる。
    ちなみに、これらのフィーチャーはサーフェスに使うこともできる。

  15. ブリッジ曲線 で2つの3D曲線の外側をつなぐ3D曲線をつくる (フィーチャー名は「外エッジ作成」)。
  16. (もとの3D曲線の右側の端点を選ぶ)
    (「マグニチュード」を2にする。この値で3D曲線の膨らみ方が変わる)


  17. パーツを非表示にする。


  18. 3Dフィットスプライン で2つの3D曲線の内側をつなぐ3D曲線をつくる (フィーチャー名は「内エッジ作成」)。


  19. フィル で4つの3D曲線で囲まれたサーフェスをつくる (フィーチャー名は「羽根サーフェス作成」)。


  20. 厚みつけ でサーフェスに上下に1mmずつ厚みをつける (フィーチャー名は「羽根作成」)。


  21. Part 1を表示させ、4つの3D曲線の名前を図のように変えて非表示にする

F3-4. 羽根をコピーする

  1. 図のようにして羽根をコピーして4枚に増やす。
  2. (設定を「追加する」にし、「すべてとマージする」を選ぶ)


  3. パーツの名前を「羽根」に変更したら課題F3は完了。

完成状態
(フィーチャーリスト、パーツリストの状態がこれと完全に同じで、モデルもほぼ同じ形であることを確認する)

課題F4

ここでは自分で考えて好きな形を作る。
  1. 「+」→「Part Studioを作成」で新しいタブ「Part Studio 1」を追加し、名前を「F4」に変更する (これまでに作成したタブのコピー・使いまわしはNG)。

  2. F4タブに、自分で考えて好きな形のパーツを作る。ただし必ず以下の条件を満たすようにする。
    1. ヘリカル 、3Dフィットスプライン 、ブリッジ曲線 、複合曲線 のうち、少なくともどれか1つを使う。
    2. パーツを2つ以上作った場合は、パーツ同士が重なり合わないようにする (調べ方)。
    3. パーツはすべて表示した状態にする。
    4. フィーチャーリストにエラー (赤字) や「使われていないただの絵」を残さない。

    必須ではないが、このほかに以下の条件を満たすのが望ましい。
    フィーチャーにはすべて実態にあった名前をつける。
    スケッチは「完全定義」(黒状態)になるようにする。
    パーツ以外のものを非表示にする。
    3D曲線・サーフェスは3Dプリンタ用のデータにはならないので、非表示にしたほうがよい。

提出

演習の時間の終了時に、cadseminar2022@gmail.comあてに以下のメールを送る。
指摘を受けて、修正が完了した時は教員のメールへの返信で連絡する。

トップページへ
inserted by FC2 system