課題F

課題F1

F1-1. フォルダ・タブの作成

  1. Onshapeのページを開いてサインインする。
  2. 演習で作成したドキュメントを開く。
  3. (これまでに作ったフォルダに入っている状態の場合は)家のマークをクリックしてホーム直下に移動する。
  4. 「+」→「フォルダを作成」でFフォルダを作成し、クリックしてその中に入る。
  5. 「+」→「Part Studioを作成」でタブを追加し、その名前を「F1」に変更する。

F1-2. らせんを作る

  1. Top平面を選んでスケッチを開始する (スケッチ名は「円柱の基準」)。
  2. 視線方向を上面に切り替える。


  3. 図の状態のスケッチを描き、緑のチェックを押してスケッチを終了させる (使うもの:中心点円 、 寸法 )。


  4. 押し出し で、上に150mm押し出してパーツを作る。


  5. ヘリカル で、円柱に2回巻き付く形のらせんを作る。


  6. パーツを削除 で、円柱を削除する。
  7. この時点で、パーツの数は0個、「曲率」(英語版Onshapeの "Curves" の誤訳。この演習ではこのタイプのものを「3D曲線」と呼ぶ) が1本ある状態。
    サーフェスと同様、3D曲線もそれ自体は3Dプリンタ用のデータにはならない。
    3D曲線を作るコマンドには、 ヘリカル の他に 3Dフィットスプライン 投影曲線 ブリッジ曲線 複合曲線 がある。

  8. Origin ~ Rightを非表示にし、「Curve 1」の名前を「スロープの経路」に変更する。

F1-3. スロープをつくる

  1. フィーチャーリストのFront平面を選んでスケッチを開始する (スケッチ名は「スロープの断面」)。
  2. 視線方向を正面に切り替える。


  3. 中心点長方形 で図のような長方形を描く。
  4. (中心をらせんの下端に合わせる)


  5. 寸法 で縦横の長さを図のように決める。


  6. 緑のチェックをクリックしてスケッチを終了させる。


  7. スイープ 断面と経路を選んでパーツを作る。


  8. シェル で3つの面を選んでパーツをくり抜く。
  9. (上と下に「入口」「出口」が開いていることを確認する)


  10. パーツの名前を「スロープ」に変更し、「スロープの経路」を非表示にすれば課題F1は完了。

完成状態
(フィーチャーリスト、パーツリスト、モデルの状態がこれと完全に同じであることを確認する)

課題F2

F2-1. タブの作成

  1. 「+」→「Part Studioを作成」でタブを追加する。
  2. 新しいタブの名前を「F2」に変更する。

F2-2. ダミー缶を作る

ここで作りたいのは350mlの缶 (直径66mm, 高さ122.2mm) 用のホルダーだが、実際に使えるようにするため、サイズ・バランス確認用のダミー缶を先につくる。
  1. Top平面を選んでスケッチを開始する (スケッチ名は「缶の基準」)。
  2. 視線方向を上面に切り替える。


  3. 図の状態のスケッチを描き、緑のチェックを押してスケッチを終了させる (使うもの:中心点円 、 寸法 )。


  4. 押し出し で、上に122.2mm押し出してパーツを作る。


  5. Top ~ Right を非表示にし、パーツの名前を「ダミー缶」に変更する。
  6. ここで本来作りたいのは缶ホルダーで、ダミー缶は「ぶつからないかどうか」「サイズは適切か」を見るためだけのもの。
    そのため、中をくり抜いたりプルタブを作ったりなどの凝った作業は不要。
    自由制作で何かのケースやカバーなどを作る場合は、こういうダミーを用意するとよい。

F2-3. 缶ホルダーの経路を作る

  1. Top平面を選んでスケッチを開始する (スケッチ名は「経路基準パーツの基準」)。
  2. 視線方向を上面に切り替える。


  3. 内接多角形 で、図のようにして八角形を描く。
  4. (中心は原点に合わせる)
    (大きさを決めるときは原点の真横でクリックする)


  5. 寸法 で、隙間の幅を2mmにする。


  6. 緑のチェックをクリックしてスケッチを終了させ、Originとダミー缶を非表示にする。


  7. 押し出し で、上に80mm押し出してパーツを作る。


  8. 3Dフィットスプライン で、図のようにして3D曲線を作る。


  9. パーツを削除 で八角柱を削除する。
  10. パーツを非表示にするのではなく、削除することが重要。
    そうしないと、これがダミー缶と干渉してしまう。

  11. 「Curve 1」の名前を「ホルダー経路」に変更する。


F2-4. 缶ホルダーを作る

  1. 図のようにして「ホルダー断面」のスケッチを描く。
  2. (円の中心はさっきの経路の片方の端に合わせる)
    (円の直径は4mmにする)


  3. スイープ で、図のようにしてパーツを作る。


  4. 新しいパーツの名前を「缶ホルダー」に変更し、ダミー缶を表示させ、ホルダー経路を非表示にしたら課題F2は完了。

完成状態
(フィーチャーリスト、パーツリスト、モデルの状態がこれと完全に同じであることを確認する)

課題F3

F3-1. タブの作成

  1. 「+」→「Part Studioを作成」でタブを追加する。
  2. 新しいタブの名前を「F3」に変更する。

F3-2. バーの経路を作る

  1. Top平面を選んでスケッチを開始する (スケッチ名は「バーの形(上)」)。
  2. 視線方向を上面に切り替える。


  3. 楕円 で図のようにして楕円を描く。
  4. (中心は原点に合わせる)
    (上の位置を決めるときは縦軸に合わせる)


  5. 寸法 で図のようにして大きさ・形を決める。
  6. (「1200」を入れると楕円が非常に大きくなるので、画面内に収まるようにマウスホイールで表示を小さくする)
    (そのあとで「800」を入れると線が黒くなる)


  7. 緑のチェックをクリックしてスケッチを終了させる。


  8. Right平面を選んでスケッチを開始する (スケッチ名は「バーの形(右)」)。
  9. 視線方向を右側に切り替える。


  10. で2つの点を入れる。
  11. (一つ目は横軸上に置く)


  12. 寸法 で点の位置を決める。


  13. スプライン でだいたい図のような曲線を描く。


  14. 緑のチェックをクリックしてスケッチを終了させ、Origin ~ Righit を非表示にする。


  15. 投影曲線 で図のようにしてスプラインを楕円に投影した形の3D曲線を作る。


  16. 3D曲線の名前を「バー経路」に変更する。

F3-3. バーの断面を描く

  1. Right平面でスケッチ「バー断面」を開始し、適当な位置に中心点円 で円を描く。


  2. ピアス で3D曲線が円の中心を貫通するようにして、寸法 で円の大きさを決める。


  3. 緑のチェックをクリックしてスケッチを終了させる。

F3-4. バーを作る

  1. スイープ で断面と経路を選んでパーツを作る。


  2. パーツの名前を「バー」に変更し、「バー経路」を非表示にしたら課題F3は完了。
  3. 後半で行う「アセンブリ」では、たとえばこういう動きをさせることができる。

完成状態
(フィーチャーリスト、パーツリストの状態がこれと完全に同じで、モデルもほぼ同じ形であることを確認する)

課題F4

ここでは自分で考えて好きな形を作る。
  1. 「+」→「Part Studioを作成」で新しいタブ「Part Studio 1」を追加し、名前を「F4」に変更する (これまでに作成したタブのコピー・使いまわしはNG)。

  2. F4タブに、自分で考えて好きな形のパーツを作る。ただし必ず以下の条件を満たすようにする。
    1. ヘリカル 、3Dフィットスプライン 、投影曲線 のうち、少なくともどれか1つを使う。
    2. パーツを2つ以上作った場合は、パーツ同士が重なり合わないようにする (調べ方)。
    3. パーツはすべて表示した状態にする。
    4. フィーチャーリストにエラー (赤字) や「使われていないただの絵」を残さない。

    必須ではないが、このほかに以下の条件を満たすのが望ましい。
    フィーチャーにはすべて実態にあった名前をつける。
    スケッチは「完全定義」(黒状態)になるようにする。
    パーツ以外のものを非表示にする。
    3D曲線・サーフェスは3Dプリンタ用のデータにはならないので、非表示にしたほうがよい。

提出

演習の時間の終了時に、cadseminar2021@gmail.comあてに以下のメールを送る。
指摘を受けて、修正が完了した時は教員のメールへの返信で連絡する。

トップページへ
inserted by FC2 system