課題F1

フォルダ・タブの作成

  1. 演習で使っているドキュメントを開く。
  2. (どれかのフォルダに入っている状態の場合は)家のアイコンをクリックして一番上の階層に移動する。
  3. 「+」→「Create folder」で課題F用のフォルダ「F」を作る。
  4. 「F」をクリックしてそのフォルダの中に入る。
  5. 「+」→「Create Part Studio」でタブを追加する。
  6. 新しいタブの名前を「F1」に変更する。
  7. 前回の説明に従って作った場合、別のフォルダの中に新しいフォルダを作成してしまったかもしれない。例えば「Dフォルダの中にEフォルダ」のような複雑な構造になってしまっている場合は、深い階層にあるEフォルダを右クリックして「Move to parent folder」(親フォルダに移動)を選び、HOME直下に移動させる。

屋根の基準のサーフェスを作る

  1. をクリックし、ツリーのFrontを選択する。
  2. スケッチの名前を「屋根底面の形」に変更する。
  3. 視線方向をFrontに切り替える。


  4. Center point arc で図のような円弧を描く。


  5. Symmetric で円弧の左右の点に「縦軸に対して対称」の条件をつける。


  6. Dimension で横軸から円弧の上端までの距離を決める。


  7. 円弧の横幅を決める。


  8. 横軸から円弧の端点までの距離を決める。


  9. 緑のチェックをクリックしてスケッチ描画を終了させる。


  10. 視線方向をTrimetricに切り替える。


  11. ツリーの「屋根底面の形」を選んでExtrude をクリックし、工程名を「屋根底面作成」に書き換えて、制作対象の設定を「Surface」(サーフェス)に切り替え、押し出しの設定を「Symmetric」にし、長さを180にして緑のチェックマークをクリックする。
  12. ここで作られた形は、「サーフェス」と呼ばれる厚さゼロの曲面。3Dプリンタ用のデータとしては無視される。
    ここでは円弧という「開いたスケッチ」を使ったが、「閉じたスケッチ」(あるエリアを囲んで、その中の色が変わっているもの。いままで普通にExtrudeで使ったような形)でもサーフェスを作ることができる。もちろんこれもそのままでは3Dプリンタ用のデータにはならない。
    サーフェスには などの使い道がある。
    サーフェスは見た目上は部品と区別がつけづらいので、「想定通りの形を作ったつもりでも、3Dプリンタ用のデータとしては無意味なものが含まれていた」ということを避けるために、最終的には削除するのがお約束。

本体を作る

  1. をクリックし、ツリーのTopを選択する。
  2. スケッチの名前を「本体底面の形」に変更する。
  3. 視線方向をTopに切り替える。


  4. Offset をクリックし、サーフェスの内側をクリックする。すると、左図のようにサーフェスの輪郭より広い形がプレビュー表示される。ここではひと周り小さい形にしたいので、矢印をドラッグして内側に移動させてからEnterキーを押し、数値を5にして、もう一度Enterキーを押す。


  5. 視線方向をTrimetricに切り替える。


  6. ツリーの「本体底面の形」を選んでからExtrude をクリックし、工程名を「本体作成」に変更して、設定を「Up to face」(選択した面にぶつかるまで)に変更して緑のチェックマークをクリックする。
  7. 設定「Up to face」では、終点として「それまでに作った立体の面」や「Top, Front, Right面」を使うこともできる。


  8. 部品名を「本体」に変更し、「Surface 1」を非表示にする。


  9. Shell をクリックし、工程名を「本体くり抜き」に変更して、本体の曲面の部分をクリックして、残す厚さを5にして緑のチェックマークをクリックする。


  10. 「Surface 1」を表示状態にする。

屋根を作る

  1. Thicken で、図のようにしてサーフェスを元にした立体を作る。
  2. 前回のE2では既存の立体の面を選んでThicken で外側の部分を削ったが、このようにサーフェスを元にして立体を作ることもできる。


  3. 新しくできた部品の名前を「屋根」に変更する。


  4. 左下の「Surfaces (1)」の中にある「Surface 1」を右クリックして「Delete」を選び、工程名を「屋根底面削除」に変更する。


  5. 左下の「屋根」を右クリックして「Edit appearance」を選び、不透明度を0.5にする。これで課題F1は完了。



課題F2

inserted by FC2 system