課題F2

タブの作成

  1. 「+」→「Create Part Studio」でタブを追加する。
  2. 新しいタブの名前を「F2」に変更する。

凸型のサーフェスを作る

  1. をクリックし、ツリーのFrontを選択する。
  2. スケッチの名前を「凸面の基準」に変更する。
  3. 視線方向をFrontに切り替える。


  4. Center point arc で図のような円弧を描く。


  5. Dimension で横軸から円弧の中心までの距離を決める。


  6. 円弧の半径を決める。


  7. 縦軸から円弧の右端までの距離を決める。すべての線・点が黒くなったことを確認したら緑のチェックマークをクリックする。


  8. 視線方向をTrimetricに切り替える。


  9. Revolve をクリックし、工程名を「凸面作成」に書き換えて、制作対象の設定を「Surface」に切り替え、メニューの「Revolve axis」の右のマークをクリックしてから設計画面の原点にカーソルを乗せ、図の「6」のようなマークが表示されたらそれをクリックし、緑のチェックマークをクリックする。
  10. 図の「6」のマークは「Mate connector」と呼ばれるもので、普段は非表示になっているが、最初から原点の位置に存在する。
    今回はこのMate connectorを回転の基準として使用する。
    Revolve では、回転の基準として以下のものを使うことができる。

サーフェスのコピー

  1. をクリックし、ツリーのFrontを選択する。
  2. スケッチの名前を「回転コピーの基準」に変更する。
  3. 視線方向をFrontに切り替える。


  4. Construction 、Line の順にクリックし、原点から右に伸びる基準線を描く。点線の部分が黒くなっていることを確認したら緑のチェックマークをクリックする。
  5. この基準線は、このあと回転移動の基準として使用する。回転軸の長さが変わっても結果は変わらないので、基準線の右の端点は未確定(青)のままでも構わない。


  6. 視線方向をTrimetricに切り替える。


  7. Transform をクリックし、工程名を「凸面コピー(前)」に変更して、設定を「Rotate」(回転)に変更し、回転の基準としてさっき描いた基準線を選び、角度を90度にして、「Copy part」(移動前のものを残す)にチェックを入れて緑のチェックマークをクリックする。
  8. Transform → Rotateで「Copy part」にチェックをいれないと、モノが回転するだけだが、チェックをいれれば回転前、回転後の2つのモノが残る。


  9. Circular pattern をクリックし、工程名を「凸面コピー(横)」に変更して、前側のサーフェスを選んで、メニューの「Axis of pattern」の右のマークをクリックしてから、視線方向を動かして原点が見える状態にし、原点にあるMate connectorをクリックして、最後に緑のチェックマークをクリックする。
  10. Circular pattern でもMate connectorを基準として使うことができる。
    この時点でサーフェスは上・前後左右で5つあるはず。


  11. Mirror をクリックし、工程名を「凸面コピー(下)」に変更して、上側のサーフェスを選び、鏡映コピーの基準としてTop面を選んで緑のチェックマークをクリックする。
  12. これで下側にもサーフェスができ、6枚のサーフェスで1つの空間が囲まれた状態になる。
    ここでは3種類の方法 (, , ) でサーフェスをコピーしたが、この方法は立体(部品)をコピーするときにも同様に使える。

サーフェスから立体を作る

  1. Thicken の右の▼からEnclose を選び、工程名を「凸サイコロ作成」にして、左下の「Surface 1」~「Surface 6」を順に選び、最後に緑のチェックマークをクリックする。
  2. 「Keep tools」にチェックを入れればEnclose の実行後もサーフェスが残る。再利用する予定があるときは残しておくとよい。
    ここでは6つのサーフェスを使って空間を囲んだが、Enclose でサーフェスと面の組み合わせから立体を作ることもできる。下の図は「凸面コピー(前)」のときに60度傾けて斜めのサーフェスをつくり、それら4枚とTop面で囲んだ立体を作ったもの。


  3. 新しくできた部品の名前を「凸サイコロ」に変更する。これで課題F2は完了。



課題F3

inserted by FC2 system