課題F3

タブの作成

  1. 「+」→「Create Part Studio」でタブを追加する。
  2. 新しいタブの名前を「F3」に変更する。

基本の形を作る

  1. をクリックし、ツリーのTopを選択する。
  2. スケッチの名前を「立方体の断面」に変更する。
  3. 視線方向をTopに切り替える。


  4. Center point rectangle で原点を中心とした長方形を描く。


  5. Equal で縦横の辺の長さを同じにする。


  6. Dimension で一辺の長さを決め、すべての線・点が黒くなったことを確認したら緑のチェックマークをクリックする。


  7. 視線方向をTrimetricに切り替える。


  8. ツリーの「立方体の断面」をクリックしてからExtrude をクリックし、工程名を「立方体作成」に書き換えて、押し出しの設定を「Symmetric」(対称)に変えて、長さを100にして緑のチェックマークをクリックする。


  9. Draft をクリックし、工程名を「左右広げ」に書き換えて、図のように設定して緑のチェックマークをクリックする。
  10. Draft を使うと、既存の立体の面を傾けて立体を広げたり狭めたりすることができる。
    「Newtral plane」(基準の面)として選んだものは変化せず、「Entities to draft」(傾けるもの)として選んだ面が動く。

分割用のサーフェスを作る

ここでは立体の前・中央・奥に「開いたスケッチ」を描き、Loftでそれらをつないでサーフェスを作る。スケッチを描く面は3つとも異なるので注意。

  1. 視線方向をFrontに切り替える。
  2. をクリックし、設計画面で立体の前の面をクリックする。
  3. スケッチの名前を「切断面前側の形」に変更する。


  4. Center point arc で図のような円弧を描く。うまく描ければ右図のように左右の端点が黒くなるはず。


  5. Dimension で円弧の半径を決める。すべての線が黒くなったことを確認したら緑のチェックマークをクリックする。


  6. をクリックし、ツリーのFrontをクリックする。
  7. スケッチの名前を「切断面中央の形」に変更する。


  8. Center point arc で図のような円弧を描く。


  9. Symmetric をクリックし、さっきと今のスケッチの円弧に「横軸に対して対称」の条件をつける。線が黒くなったことを確認したら緑のチェックマークをクリックする。
  10. Symmetric のすぐあとにクリックしたものが対称の基準となり、そのあとにクリックした2つのものに対称の関係がつく。


  11. 視線方向をBackに切り替える。
  12. をクリックし、設計画面で立体の前の面をクリックする。
  13. スケッチの名前を「切断面奥側の形」に変更する。
  14. 2つの円弧はどちらも点線状態になっているはず。


  15. Use をクリックし、上側の円弧をクリックする。これでこの面にも同じ形のスケッチができる。


  16. 視線方向をTrimetricに切り替える。
  17. 左下の「Part 1」を非表示にする。


  18. Loft をクリックし、工程名を「切断面作成」に変更して、作成するものの設定を「Surface」に変更し、前・中央・奥の順にスケッチを選択して緑のチェックマークをクリックする。
  19. Loft で設定をSurfaceにすると、「線が滑らかに形を変えながら動いていったときになぞってできる面」の形のサーフェスができる。
    で設定をSurfaceにしたときも基本的な考え方は同じだが、これらの場合は線の形を変えずに動かしてできる形になる。
    あらかじめ横の面にもスケッチを描いておいて、Loftをつくるときに「Guides and continuity」にチェックを入れれば、「線の端点が手前から奥にいくにつれてどのように動いていくか」を指定して、もっと複雑な形が作れる。
    この方法はサーフェスだけでなく部品を作るときにも同様に使える。

サーフェスで立体を分割する

  1. 「Part 1」を表示状態に切り替える。

  2. Split をクリックし、工程名を「上下分割」にして、図のように設定して緑のチェックマークをクリックする。


  3. 部品名を図のように変更する。

  4. 「上側」を右クリックして「Edit appearance」を選び、不透明度を0.50に変更する。これで課題F3は完了。



課題F4

inserted by FC2 system