課題G

課題G1~G3用のパーツの準備

G123-1. フォルダ・タブの作成

  1. Onshapeのページを開いてサインインする。
  2. 演習で作成したドキュメントを開く。
  3. (これまでに作ったフォルダに入っている状態の場合は) 家のマークをクリックしてホーム直下に移動する。
  4. 「+」→「フォルダを作成」でGフォルダを作成し、クリックしてその中に入る。
  5. 「+」→「Part Studioを作成」でタブを追加し、その名前を「G123」に変更する。
  6. (今回の課題G1, G2, G3では、ここで作ったパーツを組み立てて動かす。そのため、このタブの名前はこうなる)

G123-2. レール・ブロックを作る

  1. Front平面を選んでスケッチを開始する (スケッチ名は「レール・ブロックの基準」)。
  2. 視線方向を正面に切り替える。


  3. 図のようにして長方形を2つ描き、位置・大きさを確定させ、緑のチェックをクリックしてスケッチを終了させる。
  4. (1つ目の長方形の中心は原点に合わせる)
    (2つ目の長方形の中心は、1つ目の長方形の上の辺の中点に合わせる)
    (2つ目の長方形の最後のクリックは横軸上で)



  5. Origin ~ Right を非表示にし、図のようにしてパーツを作る (奥行きは200mm)。
  6. (「押し出すフェースとスケッチ領域」で凹型のエリアを選ぶ)
    (設定を「対称」にして前後均等に押し出す)



  7. 非表示になった「レール・ブロックの基準」をフィーチャーリストから表示させ、図のようにしてパーツを作る (奥行きは20mm)。
  8. (「押し出すフェースとスケッチ領域」で図の2か所をクリックし、結果としてさっき描いた小さい長方形のエリアを選ぶ)
    (設定が自動的に「追加する」に切り替わるが、「新規」を選びなおす)
    (パーツを作ったら「レール・ブロックの基準」を非表示に戻す)


完成状態
(フィーチャーリスト、パーツリスト、モデルの状態がこれと完全に同じであることを確認する)
(課題G1~G3でこのパーツを組み立てる。この段階でミスしているとすべてNGになるので慎重に確認する)

課題G1

G1-1. タブの作成

  1. 「+」→「アセンブリを作成」でタブを追加し、その名前を「G1」に変更する。
  2. (これまでとは作るタブの種類が違うので注意。タブのアイコンも異なる)
    (間違えてPart Studioのタブを作ってしまったときは削除する)

G1-2. パーツの準備

  1. Originを非表示にする。


  2. 図のようにして「ブロック」「レール」の2つのパーツを挿入する。


  3. 「レール」を右クリックして固定する。
  4. (はじめはどちらのパーツもドラッグで動くが、固定すると「レール」は動かせなくなる)
    (フィーチャーリストの はそのパーツが固定されていること、 はそのアセンブリの中に固定されたパーツがあることを表す)

G1-3. ブロックをレールにはめる

  1. スライド合致 で、図のようにしてブロックの移動に条件をつける。
  2. (クリックするときに出るマーク (合致コネクタという) の場所と、その青軸の向きに注意。合致をかけたあとは、ブロックはそのときの青軸の向きに動く)
    (この時点では移動範囲に制限がついていないので、動かしすぎるとレールからブロックがはみ出てしまう)


  3. フィーチャーリストの「ブロック移動」をダブルクリックし、移動範囲に0~180mmの制限をつける。
  4. (合致をかけたときに選んだ場所が一致している状態が基本の位置。レールの長さが200mm, ブロックの奥行きが20mmなので、これでちょうど端で止まる)



完成状態
(フィーチャーリスト、パーツの動作がこれと完全に同じであることを確認する)

課題G2

G2-1. タブの作成

  1. 「+」→「アセンブリを作成」でタブを追加し、その名前を「G2」に変更する。
  2. (ここでも種類を間違えないよう注意)

G2-2. サブアセンブリを用意する

  1. Originを非表示にする。


  2. 図のようにして「G1」を2セット挿入する。
  3. (このようにアセンブリの中にはパーツだけでなくアセンブリを入れることもできる。この場合のG1にあたるものをサブアセンブリという)


  4. 図のようにして「G1<1>」の方のレールを固定する。
  5. (初めにフィーチャーリストでG1<1>とG1<2>にカーソルを当てて (そのパーツがハイライトされる)、どちらがG1<1>なのかを確認する)
    (固定するとG1<1>には が、その中のレール<1>には がつく)
    逆の方を固定してしまった場合は元に戻してやり直す。

G2-3. 2つのレールを組み立てる

  1. 図のようにして「G1<2>」を180°回転させる。
  2. (ドラッグしてちょっと動かしたら、キーボードで「180」と入力してEnterキー)
    (何もないところをクリックすると回転が確定する)


  3. ファスナー合致 で図のようにしてG1<2>のレール (まだ自由に動く方) をG1<1>のレール (固定されている方) の右に固定する。
  4. (合致コネクタの位置・向きに注意。それらの位置と向きが一致した状態で2つのパーツが固定される)
    (確定するまでG1<2>のブロックが変な位置になるが、緑のチェックをクリックすれば再びちゃんとはまる)

G2-4. ブロックを連動させる

  1. 直線リレーション で図のようにして2つのブロックの移動を連動させる。
  2. (ここで選ぶのは、いままでと違ってパーツのどこかではなく、フィーチャーリストにある2つの「ブロック移動」)
    (「逆方向」にチェックを入れることに注意。こうしないと2つのブロックが同じ方向に動こうとするので、移動範囲の制限に引っかかって全く動かなくなる)
    直線リレーション では、スライド合致 で決めた2つの直線移動を連動させられる。
    選択するときに、誤ってスライド合致 「ブロック移動」を表示状態にしないように注意。こういうマークが見えていたら非表示にする。
    この課題ではサブアセンブリのスライド合致 どうしを連動させたが、サブアセンブリを使わずに普通に2セットのパーツを入れてそれぞれスライド合致をかけ、それを連動させることもできる。

完成状態
(G1<1>とG1<2>の位置関係 (G1<1>が左)、フィーチャーリスト、パーツの動作がこれと完全に同じで、余計なものが表示されていないことを確認する)

課題G3

G3-1. タブのコピー

  1. 図のようにしてG1タブをコピーしてG3タブを作る。
  2. (数字が順番に並ぶようにドラッグでG2と並べ替える)
    (クリックしてG3タブを選択状態にする)

G3-2. レール・ブロックのコピー

  1. アセンブリ直線パターン で図のようにしてレール・ブロックを5セットに増やす。
  2. (コピーされたレールはどれも動かず、ブロックはすべて連動する)

完成状態
(フィーチャーリスト、パーツの動作がこれと完全に同じで、余計なものが表示されていないことを確認する)

課題G4

ここでは自分で考えて好きな形を作り、それを組み立てて動かせるようにする。
  1. 「+」→「Part Studioを作成」で新しいタブを追加し、名前を「G4モデリング」に変更する (これまでに作成したタブのコピー・使いまわしはNG)。
  2. 「+」→「アセンブリを作成」で新しいタブを追加し、名前を「G4組み立て」に変更する (これまでに作成したタブのコピー・使いまわしはNG)。

  3. (サブアセンブリを使う場合は、最終的な組み立て用の名前は指定通りのものにし、それ以外の名前には「G4」を含める (例 「G4土台」「G4アーム」「G4組み立て」))

  4. 「G4モデリング」タブに、自分で考えて好きな形を作る。ただし必ず以下の条件を満たすようにする。
    1. パーツを2つ以上作った場合は、パーツ同士が重なり合わないようにする。
    2. パーツはすべて表示した状態にする。
    3. フィーチャーリストにエラー (赤字) や「使われていないただの絵」を残さない。

    必須ではないが、このほかに以下の条件を満たすのが望ましい。
    フィーチャーにはすべて実態にあった名前をつける。
    スケッチは「完全定義」(黒状態)になるようにする。
    パーツ以外のものは非表示にする。

  5. 「G4組み立て」タブでパーツを組み立てる。ただし必ず以下の条件を満たすようにする。
    1. 「G4モデリング」で作ったパーツを少なくとも1つ使う (逆にいうと、課題A~F, G1~G3や自由制作1で作ったパーツを使ってもよい)。
    2. スライダ合致 を使う。
    3. 少なくとも1つのパーツは固定する。
    4. 少なくとも1つのパーツはドラッグで動くようにする。
    5. 完全に自由に動くパーツを残さない。
    6. フィーチャーリストにエラー (赤字) を残さない。

    必須ではないが、このほかに以下の条件を満たすのが望ましい。
    合致・リレーションにはすべて実態にあった名前をつける。
    どのようにドラッグしてもパーツ同士が重ならないようにする。
    Originや合致など、パーツ以外のものを非表示にする。

提出

演習の時間の終了時に、cadseminar2021@gmail.comあてに以下のメールを送る。
指摘を受けて、修正が完了した時は教員のメールへの返信で連絡する。

トップページへ
inserted by FC2 system