課題G1

フォルダ・タブの作成

  1. 演習で使っているドキュメントを開く。
  2. (どれかのフォルダに入っている状態の場合は家のアイコンをクリックして一番上の階層に移動する)
  3. 「+」→「Create folder」で課題G用のフォルダ「G」を作る。
  4. 「G」をクリックしてそのフォルダの中に入る。
  5. 「+」→「Create Part Studio」でタブを追加する。
  6. 新しいタブの名前を「G1」に変更する。

箱を作る

  1. をクリックし、ツリーのTopを選択する。
  2. スケッチの名前を「箱底面の形」に変更する。
  3. 視線方向をTopに切り替える。


  4. Center point rectangle で原点を中心とした長方形を描き、Dimensionで図のように縦横のサイズを決め、緑のチェックマークをクリックする。


  5. 視線方向をTrimetricに切り替える。


  6. ツリーの「箱底面の形」を選んでExtrude をクリックし、工程名を「箱作成」に書き換えて、長さを400にして緑のチェックマークをクリックする。


  7. できた部品の名前を「箱」に書き換える。


  8. Shell をクリックし、工程名を「箱くり抜き」に書き換えて、箱の手前の面を選び、残す厚さを20にして緑のチェックマークをクリックする。


  9. をクリックし、箱の内側の底の面を選択し、スケッチ名を「溝の形」に変更する。


  10. 視線方向をTop, 表示方法をTranslucentに変えて、Corner rectangle で図のような長方形を描く。
  11. 表示を半透明にしているときは、普通は見えない場所のエッジや点を基準にスケッチを描くことができる。


  12. 右下部分をズームし、Dimensionで図のように位置、サイズを決める。


  13. Linear pattern をクリックし、スケッチの4本の線を順に選択する (短い縦の線はそのままではクリックしにくいので、適宜ズームして選択するとよい)。


  14. 「1x」になっているところ (縦方向のコピー数) を2に、「3x」になっているところ (横方向のコピー数) を1に変更する。


  15. 「25」になっているところ (縦方向のコピーの間隔) を20に変更し、何もない所をクリックする。すると、長方形が上にコピーされて2つ縦に並んだ状態になる。


  16. 青い点(横向きの基準線の端点)をドラッグし、長方形のスケッチの左下の点に重ねて離す。これですべての線・点が黒くなる。確認したら緑のチェックマークをクリックする。
  17. 立体のLinear pattern と似ているが、 ではスケッチの線をコピーすることができる。複雑な形のスケッチを大量に作りたいときなどに役立つ。
    「1x」のところの青い点は、コピーの方向を決める基準線の端点。この基準線の長さが横方向のコピーどうしの間隔をきめることになるが、今回はその方向にはコピーしていない(個数を1にした)ので、コピーの基準位置に重ねておく。


  18. ツリーの「溝の形」を選んでExtrude をクリックし、工程名を「溝作成」に書き換えて、設定を「Remove」に切り替え、長さを2にする (まだ緑のチェックマークはクリックしない)。


  19. 「Second end position」にチェックを入れ(メニューの項目が増える)、上方向の長さを365にして緑のチェックマークをクリックする。
  20. 設定「Symmetric」(対称)ではスケッチに対して前後両方に同じ分だけ押し出すが、「Second end position」を使えば方向ごとに押し出しの長さを決めることができる。
    箱の内側の高さは400-20*2=360なので、上側には深さ5mmの溝ができる。下は2mm。このように非対称にするのは、実物を作った時に「扉をちょっと持ち上げてはめる」ことを想定しているため。

扉を作る

  1. をクリックし、箱の左壁の内側の面を選択する。
  2. スケッチの名前を「扉側面の形」に変更する。


  3. 視線方向をRightに切り替え、Line で左図のような形を描く。このとき、右側の縦線は鉛直になるように描く。
  4. 引いた表示のままやるとハマりがち。適宜ズームして線を描くとよい。 上の部分はこう

    下の部分はこうなっていればよい。


  5. 下部分をズームしてDimensionで図のように線の長さを決め (これだけですべての線が黒くなるはず) 、緑のチェックマークをクリックする。


  6. 箱を非表示にし、視線方向をTrimetricに切り替える。


  7. ツリーの「扉側面の形」を選んでからExtrude をクリックし、工程名を「左扉作成」に変更して、長さを240にして緑のチェックマークをクリックする。
  8. 箱の内側の横幅は460mmなので、その半分230mmよりも扉の横幅はちょっとだけ広い。


  9. 新しくできた部品の名前を「左扉」に変更する。


  10. Thicken をクリックし、工程名を「扉上側削り」に変更して、削る深さを2.5にして向きを反転させ、左扉の2つの上面をクリックして緑のチェックマークをクリックする。


  11. 箱を表示させ、表示方向をRightにして図のようになっていることを確認する。


  12. 表示方向をFrontに、表示方法をShadedに切り替える。


  13. をクリックし、扉の手前の面を選択する。
  14. スケッチの名前を「引手の形」に変更する。


  15. Point をクリックし、図の位置(「中点」のマークが出ている状態)でクリックする (黒くなるはず)。


  16. Center point circle で適当な円を描く。


  17. Horizontal でさっきの点と円の中心に「水平」の条件をつける。


  18. Dimensionで位置・大きさを決める。線が黒くなったことを確認したら緑のチェックマークをクリックする。


  19. 表示方向をTrimetricにし、ツリーの「引手の形」を選択してからExtrude をクリックし、工程名を「引手作成」にし、設定をRemoveにし、長さを5にして緑のチェックマークをクリックする。

扉をコピーする

  1. Mirror をクリックし、工程名を「扉コピー」にし、図のように選択して緑のチェックマークをクリックする。
  2. 設計画面のRight面がクリックしにくいので、ここではツリーの方のRight面を選択した。
    Mirrorなどのコマンドを実行していない状態で面をクリックすれば、面の四隅に○が表示される。これをドラッグすれば面の大きさを変えられる。モデル自体が極端に大きいとき、小さいときはモデルに合わせてサイズ・位置を変えると使いやすい。


  3. 新しくできた部品の名前を「右扉」に変更する。


  4. Transform をクリックし、工程名を「右扉移動」にし、図のように設定して緑のチェックマークをクリックする (右扉が手前側の溝にはまった状態になる) 。これで課題G1は完了。



課題G2

inserted by FC2 system