課題G2

タブの作成

  1. 左下の「+」から「Create Assembly」でタブを追加する。


  2. 新しいタブの名前を「G2」に変更する。

部品を準備する

  1. をクリックし、出てきたメニューを下までスクロールさせ、「G1」を選んで緑のチェックマークをクリックする。すると、さっき作ったものが挿入される。
  2. (今回はやらないが)「G1」を展開すれば部品を個々に入れることもできる。


  3. ツリーの「箱<1>」で右クリックして「Fix」(固定)を選ぶ。すると、その右に「固定されていることを表わすマーク」がつく。


  4. 左右の扉を適当にドラッグして箱から離れた位置に移動させる。
  5. 箱はさっき固定したのでドラッグしようとしても動かない。Insertで入れた直後なら動かせるが、基準にする部品が原点からずれると(今回は関係ないが)組み立ての際に不都合がおきることがあるので、「入れたらすぐにどれかを固定する」癖をつけておくとよい。

左扉をはめる

  1. Slider mate をクリックし、名前を「左扉移動」に変え、図の3の位置でMate connectorの円が壁にくっついた状態でクリックする(まだ緑のチェックマークはクリックしない)。
  2. カーソルを3の点にどちら側から近づけるかでMate connectorの向きが変わる。いろいろな向きで試してみて感覚をつかむとよい。


  3. 右ドラッグで適当に表示方向を変え、扉の左下部分をズームして図の位置をクリックし (このときもMate connectorの円が扉の縦壁に沿った状態になるようにする)、緑のチェックマークをクリックする。これで左扉が奥の溝にはまった状態になる。
  4. 表示方向Right, 表示方法Translucentにすると左扉が図の位置にあるはず。確認したら表示設定を元に戻す (扉の位置がおかしい場合はUndoしてやり直し)。


  5. 扉を左右にドラッグしてみる。
  6. いままで自由に動いていた扉が、奥の溝に沿って動くようになる。Slider mate の条件をつけると、「Mate connectorの円どうしが平行を保ったまま、2つのMate connectorの青軸が重なった状態で動く」状態になる。
    Slider mate などのの条件を拘束条件という。あえて自由度を減らし、こういう条件をつけることで狙った動きを実現できる。
    しかし、このままではドラッグで動かし過ぎると左右の壁を突き抜けてしまう。


  7. ツリーの「左扉移動」をダブルクリックし、「Limits」にチェックを入れて図のように設定し、緑のチェックマークをクリックする。
  8. これで扉の移動範囲に制限がつく。
    2つの設定値は移動量の最小値と最大値を意味する。ここでは扉の右移動がマイナス方向。内側の横幅が460mm, 扉の幅が240mmなので、220mmの範囲だけ動けるようにすればちょうど壁に当たったところで止まるようになる。


  9. 扉を左右にドラッグしてみる。
  10. 今度は左右の壁から扉が突き抜けることはなくなる。

右扉をはめる

  1. 右ドラッグで表示方向を変え、左図のような向きにしてから箱の右下部分をズームする。


  2. Slider mate をクリックし、拘束条件の名前を「右扉移動」に変え、図の3の状態でクリックする(まだ緑のチェックマークはクリックしない)。


  3. 表示方向をTrimetricに切り替え、扉の右下部分をズームして図の状態でクリックし、緑のチェックマークをクリックする。これで右扉が手前の溝にはまった状態になる。
  4. この溝に扉をはめるためのMate connectorの選び方はほかにもある。要するに、2つの部品の「組み合わされた時に一致するはずの場所」にMate connectorが出るようにして、移動させたい方向と青軸の向きが一致するようにすればよい。
    表示方向Right, 表示方法Translucentにすると図のように見えるはず。確認したら表示設定を元に戻す (扉の位置がおかしい場合はUndoしてやり直し)。


  5. 「右扉移動」に、先ほどと同様にして移動範囲の制限をつける。


  6. 右扉をドラッグして左右の壁で止まることを確認する。これで課題G2は完了。



課題G3

inserted by FC2 system