課題G3

タブの作成

  1. 左下の「+」から「Create Assembly」でタブを追加する。
  2. 新しいタブの名前を「G3」に変更する。

棚を準備する

  1. をクリックし、入れるものの種類を「Assemblies」に切り替え、G2を選んで緑のチェックマークをクリックする。すると、さっき組み立てたものが挿入される。
  2. 「3」の「Generation preview」とは「プレビュー(画像)作成中」という意味。タイミングによってはここにG2で作ったもののサムネイルが表示されることもある。
    Insertでは、このようにアセンブリで組み立てたものを道具として入れることができる。組み立ての画面上の見た目はG2の最初のときと同じだが、ツリーを見ると部品として入っているのかアセンブリとして入っているのかがわかる。

    部品として入れたとき
    アセンブリとして入れたとき
    このような「アセンブリの中に入っているアセンブリ」のことをサブアセンブリという。


  3. 箱の部分を右クリックして「Fix」を選ぶ。
  4. 「G2<1>」を展開してみると、箱部分だけが固定されていることがわかる。この状態でドラッグすると、G2の最終状態と同様に扉が動く。


  5. もう一度 をクリックし、入れるものの種類を「Assemblies」に切り替え、G2を選んで組み立て画面のどこかでクリックして(もう一つ棚が挿入される)、緑のチェックマークをクリックする。
  6. このように任意の場所に部品やアセンブリを配置することもできる。ただし、最初に入れるものは、原点がずれないようにするためにこれまでの方法(選択→緑チェック)で配置するのがお約束。


  7. 上の棚をつかんでドラッグしてみる。すると、下の動画のような挙動になるはず。
  8. こちらの棚でも箱と左右の扉には拘束条件が設定されているが、箱が固定されていないので思うように動かせない。

棚を組み合わせる

  1. Fastened mate をクリックし、名前を「箱固定」に変え、後から入れた棚の箱の右下奥、初めの棚の右上奥の点で、Mate connectorが右壁にくっついた状態でそれぞれクリックして、緑のチェックマークをクリックする。すると、後から入れた棚が最初の棚の上で固定される。
  2. Fastened mate の拘束条件をつけると、選んだMate connectorの向き・位置が一致した状態で2つの部品が相対的に固定される。
    (両方の部品が固定されていない場合は、それらが一塊になって動くようになる)
    初めの棚が下、後の棚が上になるような組み合わせであれば、クリックする点は上記と同じでなくてもよい。
    CAD上でこのように固定できても、実物では例えば図のような棚どうしを組み合わせるための構造がないときちんと固定されないが、ここでは省略した。


  3. 上の棚の扉をドラッグしてみる。すると、こんどは下の棚と同様に移動するはず。

扉を連動させる

  1. ツリーの「G2<2>」を展開し、さらにその中の「Mate Features (2)」を展開する。


  2. Linear relation をクリックし、名前を「上棚左右扉連動」に変え、ツリーの「左扉移動」「右扉移動」を選び、向きを反転させて緑のチェックマークをクリックする。


  3. 上の棚の扉をドラッグして移動させてみる。下の動画のように左右の扉が連動すれば課題G3は完了。
  4. 実物でこういう連動をさせるには、例えばケーブルと滑車を使った構造を作るなどの工夫が必要だが、ここでは省略した。
    「Relation ratio」の数値を1以外にすると、関係をつけたものを異なる速さで動かすことができる。例えば下の図のようにすると、中央の棒に対して左右は半分の速さで動く (実際、箱の中に水が入っていればそういう動きになるはず)。
    このアセンブリのための部品設計では、箱1つ、棒1つしか作っていない。アセンブリには同じ部品を何個でも入れられるので、部品設計のときは同じ形のものを何個も作る必要はない。
    Linear relation では、2つのSlider mate による移動を連動させることができる。
    このように、拘束条件による動きを連動させる機能を Relation (関係) という。このほかにも という関係がある。

    例えば、 は歯車の回転、自動車の前輪と後輪の連動など、 はDVDドライブのトレー移動、レンチの幅調整など、 はネジの回転などの動きを実現するのに使える。



課題G4

inserted by FC2 system