課題H

課題H1~H3用のパーツの準備

H123-1. フォルダ・タブの作成

  1. Onshapeのページを開いてサインインする。
  2. 演習で作成したドキュメントを開く。
  3. (これまでに作ったフォルダに入っている状態の場合は) 家のマークをクリックしてホーム直下に移動する。
  4. 「+」→「フォルダを作成」でHフォルダを作成し、クリックしてその中に入る。
  5. 「+」→「Part Studioを作成」でタブを追加し、その名前を「H123」に変更する。

H123-2. 台と円板を作る

  1. Top平面にスケッチ「台の基準」を入れ、原点を中心とした一辺25mmの正方形を描く。
  2. (同等 を使う。入れる寸法は1か所だけ)


  3. 上に5mm押し出してパーツを作り、Top~Rightを非表示にする (フィーチャー名、パーツ名は図の通り)。


  4. パーツの上の面でスケッチ「板・軸の基準」を開始する。


  5. 視線方向を上面にし、図のようにして3つの円を入れ、大きさと位置を決める。
  6. (最初の2つの円は中心を原点に合わせる)
    (3つ目の円の中心は原点から水平の位置にする。寸法で大きい円との距離を1mmにする)


    こうなっていればOK。青い線が残っていたらやり直し


  7. 上に2mm押し出してパーツを作る。


  8. 新しいパーツの名前を「板」に変更し、Originを非表示にして「板・軸の基準」を再表示させる。


  9. 中央の円をもとにして上に5mm押し出し、台に軸を増設する。
  10. (設定を「追加する」に切り替え、「マージスコープ(どれとくっつけるか)」を台に設定する)
    (押し出しが完了したら、スケッチ「板・軸の基準」を再び非表示に戻す)

H123-3. 歯車を作る

  1. 図のようにして台を右側にコピー・一体化して増設する。


  2. 板の上面でスケッチ「歯車の基準」を開始する。


  3. でテキトーな場所に2つ点を入れ、同心 で左右それぞれの軸の中心と一致させ、緑のチェックをクリックしてスケッチを終了させる。
  4. (「同心」で左の点の位置を決めるときは、板・軸のどちらのエッジをクリックしてもよい)
    (点が黒くなったら、視線方向を上面にして軸の中心と一致していることを確認する)


  5. このリンク先の方法で、Spur Gear のアイコンを追加する。

  6. Spur Gear でさっきのスケッチの左側の点に合わせて歯車を入れる。
  7. (設定を「追加する」に切り替え、「マージスコープ(どれとくっつけるか)」を台に設定する)
    (押し出しが完了したら、スケッチ「板・軸の基準」を再び非表示に戻す)


  8. 非表示になったスケッチ「軸の基準」を再表示させ、Spur Gear でさっきのスケッチの右側の点に合わせてもう一つ歯車を入れる。


  9. 歯車の基準 ~ Spur Gear (30 teeth) を非表示にし、新しいパーツの名前を図のように変更する。


  10. (こういう形になっていればOK)


完成状態
(フィーチャーリスト、モデルの見た目がこれと完全に同じであることを確認する)

課題H1

H1-1. タブの作成

  1. 「+」→「アセンブリを作成」でタブを追加し、その名前を「H1」に変更する。

H1-2. パーツの準備

  1. 「挿入する」でH123の「台」と「板」を一つずつ入れる。


  2. Originを非表示にし、台を右クリックして固定する。

H1-3. 板を軸にはめる

  1. 回転合致 で、図のようにして板の移動に条件をつける。
  2. (クリックする場所に注意。板の方は軸の根本、板の方は側面の下のエッジあたりを狙い、図の位置に合致コネクタが出た状態でクリックする)
    (板が台に埋まってしまったり、浮いた状態になってしまった場合はCtrl+Zで元に戻してやり直す)

完成状態
(フィーチャーリスト、パーツの見た目・動作がこれと完全に同じであることを確認する)

課題H2

H2-1. タブのコピー

  1. 図のようにしてH1タブをコピーしてH2タブを作る。
  2. (クリックしてH2タブを選択状態にする)

H2-2. 2つ目の板を軸にはめる

  1. フィーチャー「板回転」の名前を「左板回転」に変更する。


  2. 図のようにして「左板回転」をリセットする。
  3. (穴が右側にくる)
    (こういうことをするのは、このあとこの板をコピーして右の軸にはめるため。コピーされたものもコピー元と同じ向きになる。回転合致のデフォルトの角度は合致をかけたときの向きによって変わってしまうので、こうして向きを同じにしておく)


  4. 板をクリックし、キーボードのCtrl+C, Ctrl+Vを順に押して板のコピーを作る。
  5. (Ctrl+Vを押す前に適当にマウスカーソルを動かすとそこにコピーができる)
    (フィーチャーリストにも「板<2>」が追加される)


  6. H1の時と同様にして右の軸に新しい板をはめる。
  7. (フィーチャー名は「右板回転」)


  8. 右側の板について、まずリセットしたときに穴が右に来ることを確認し、図のようにしてデフォルトの角度を180°変える。
  9. (「二次軸の向きを変更する」をクリックするたびにデフォルトの角度が90°変わる)
    (リセットしたときに穴が左側にくればOK)
    (このテクニックはスライダ合致やファスナー合致で変な方向に固定されそうになったときも使える)

H2-3. 板の回転を連動させる

  1. 歯車リレーション で、「右板回転」「左板回転」を連動させる。
  2. (板が台に埋まってしまったり、浮いた状態になってしまった場合はCtrl+Zで元に戻してやり直す)
    この場合は左右の板が同じ大きさなので「リレーション比」(後から選んだものの回転の速さ / 先に選んだものの回転の速さ) を1にしたが、大きさが違う場合は1のままだと「すべり」がおきてしまう。そのような場合は、リレーション比を「先に選んだものの半径」/「後から選んだものの半径」にする。
    (参考)
    ドラッグの動作が重くてカクつくときは、「アニメート」を使うと滑らかな動きを確認できる。このテクニックはスライダ合致などのほかの合致でも使える。
    (「ステップ」の値を小さくすると速い動きになる)

完成状態
(フィーチャーリスト、パーツの見た目・動作がこれと完全に同じであることを確認する)

課題H3

H3-1. タブ・パーツの準備

  1. 「+」→「アセンブリを作成」でタブを追加し、その名前を「H3」に変更する。


  2. 「挿入する」で「台」「大歯車」「小歯車」を1つずつ入れる。


  3. 台を固定し、Originを非表示にして、2つの歯車をドラッグして適当に離れた位置に置く。

H3-2. 歯車を軸にはめる

  1. 回転合致 で小歯車を左軸にはめる。
  2. (歯車の方を選ぶときは図のように下から見た状態にして穴のエッジを狙う)


  3. 同様にして大歯車を右の軸にはめる。

H3-3. 歯車を連動させる

  1. 歯車リレーション で、「小歯車回転」「大歯車回転」を連動させる。
  2. (ドラッグするときれいに歯が嚙み合って動くはず)
    小歯車と大歯車の歯の数はそれぞれ20本と30本。リレーション比を20/30にすることで、歯がずれずに回転するようになる (参考)。
    Bevel Gear Pair コマンドを使えば垂直や斜めに回転の方向を変えるような歯車 (傘歯車) を作ることもできる。

完成状態
(フィーチャーリスト、パーツの見た目・動作がこれと完全に同じであることを確認する)

課題H4

ここでは自分で考えて好きな形を作る。
  1. 「+」→「Part Studioを作成」で新しいタブを追加し、名前を「H4モデリング」に変更する (これまでに作成したタブのコピー・使いまわしはNG)。
  2. 「+」→「アセンブリを作成」で新しいタブを追加し、名前を「H4組み立て」に変更する (これまでに作成したタブのコピー・使いまわしはNG)。
  3. (サブアセンブリを使う場合は、最終的な組み立て用の名前は指定通りのものにし、それ以外の名前には「H4」を含める (例 「H4長針」「H4短針」「H4文字盤」「H4組み立て」))

  4. 「H4モデリング」タブに、自分で考えて好きな形を作る。ただし必ず以下の条件を満たすようにする。
    1. パーツを2つ以上作った場合は、パーツ同士が重なり合わないようにする。
    2. パーツはすべて表示した状態にする。
    3. フィーチャーリストにエラー (赤字) や「使われていないただの絵」を残さない。

    必須ではないが、このほかに以下の条件を満たすのが望ましい。
    フィーチャーにはすべて実態にあった名前をつける。
    スケッチは「完全定義」(黒状態)になるようにする。

  5. 「H4組み立て」タブでパーツを組み立てる。ただし必ず以下の条件を満たすようにする。
    1. 「H4モデリング」で作ったパーツを少なくとも1つ使う (逆にいうと、これまでに作ったパーツを使ってもよい)。
    2. 回転合致 を使う。
    3. 少なくとも1つのパーツは固定する。
    4. 少なくとも1つのパーツはドラッグで動くようにする。
    5. 完全に自由に動くパーツを残さない。
    6. フィーチャーリストにエラー (赤字) を残さない。

    必須ではないが、このほかに以下の条件を満たすのが望ましい。
    合致・リレーションにはすべて実態にあった名前をつける。
    どのようにドラッグしてもパーツ同士が重ならないようにする。

提出

演習の時間の終了時に、cadseminar2021@gmail.comあてに以下のメールを送る。
指摘を受けて、修正が完了した時は教員のメールへの返信で連絡する。

トップページへ
inserted by FC2 system