課題H1

フォルダ・タブの作成

  1. 演習で使っているドキュメントを開く。
  2. (どれかのフォルダに入っている状態の場合は家のアイコンをクリックして一番上の階層に移動する)
  3. 「+」→「Create folder」で課題H用のフォルダ「H」を作る。
  4. 「H」をクリックしてそのフォルダの中に入る。
  5. 「+」→「Create Part Studio」でタブを追加する。
  6. 新しいタブの名前を「H1」に変更する。

板を作る

  1. をクリックし、ツリーのFrontを選択する。
  2. スケッチの名前を「板正面の形」に変更する。
  3. 視線方向をFrontに切り替える。


  4. Center point rectangle で原点を中心とした長方形を描き、Dimensionで図のように縦横のサイズを決め、緑のチェックマークをクリックする。


  5. 視線方向をTrimetricに切り替える。


  6. ツリーの「板正面の形」を選んでExtrude をクリックし、工程名を「板作成」に書き換えて、厚さを5にして緑のチェックマークをクリックする。


  7. できた部品の名前を「板」に書き換える。


  8. 表示方向をFrontに切り替えて をクリックし、板の手前の面を選択し、スケッチ名を「軸断面の形」に変更する。


  9. Center point circle で図のような中心が横軸上にある円を描く。


  10. Dimensionで図のように位置、大きさを決める。


  11. Mirror をクリックし、縦軸、円の順にクリックする。すると、右側にこの円のコピーができる。ここまでできたら緑のチェックマークをクリックする。


  12. ツリーの「軸断面の形」を選んでExtrude をクリックし、工程名を「軸穴作成」に書き換えて、作成設定を「Remove」に切り替え、押し出し設定を「Through all」(すべて貫通)に変更して緑のチェックマークをクリックする。



ダイヤルを作る

  1. もう一度ツリーの「軸断面の形」を選んでExtrude をクリックし、工程名を「軸作成」に書き換えて、方向を反転させ、作成設定を「New」に切り替え、長さを10に変更して緑のチェックマークをクリックする。
  2. 視線方向をTopにすると図のようになるはず。ツリーの項目、部品の数など、これと同じになっているかどうか確認してから次に進む。


  3. 表示方向をFrontに切り替えてから左側の穴の部分をズームし、 をクリックし、スケッチ名を「ダイヤル底面の形」に変更して、円の中(つまり灰色の円柱「Part 2」の手前の面)をクリックする。


  4. Center point circle で穴と同心円になるような円を描く (最初のクリックは左図のようなマークが出たところで。2回目のクリックはテキトーな位置)。


  5. Dimensionで円の大きさを85にする。


  6. 原点のあたりをズームし、Line で図のような2本の線を描く。このとき、図の斜めの線が水平にならないように、縦の線はきっちり鉛直になるようにする。


  7. Mirror でこれらの線の横軸に対する鏡映コピーをつくる。


  8. Dimensionで図の3箇所の距離を決める。すべての線が黒くなったのを確認したら緑のチェックマークをクリックする。


  9. ツリーの「ダイヤル底面の形」を選んでからExtrude をクリックし、工程名を「ダイヤル板部分作成」に変更して設定をAddに切り替え、「くっつける対象」を「Part 2」に(ツリーで選択)して、厚さを5にしてから緑のチェックマークをクリックする。
  10. このスケッチは部品「板」「Part 2」の両方に接している。こういう時にExtrudeで立体を作ろうとすると、デフォルトの作成設定はNew(新規部品)になる。そのため、ここで設定をAddに変えてやり、さらにくっつける対象も選ぶ必要がある。

  11. Transform をクリックし、工程名を「ダイヤル板コピー」に変更し、設計画面の円板をクリックしてから、コピーの基準の線として板の縦線を選択し、「Copy part」にチェックをいれて緑のチェックマークをクリックする。
  12. ここまでに作った板部分を流用し、一方はダイヤル、一方は歯車にしたい。そのため、重なっていると邪魔なのでこのようにしてコピーを離れた位置に作った。移動距離の基準として板の縦線を使ったが、特に深い意味はない。
    条件は不明だが、上記の手順でやっても上側にコピーができる場合がある。特に問題はないのでそのまま進めてよい。


  13. 3つの部品の名前を以下のように変更する。部品名にカーソルを乗せると、設計画面上でその部品がハイライトされるので、図のように対応していることを確認する。


  14. Extrude をクリックし、工程名を「ダイヤル本体作成」に変更して、(自動的にAddに変わった)作成設定を「New」に変更し、「Draft」にチェックを入れ、方向を反転させて緑のチェックマークをクリックする。


  15. 新しくできた部品の名前を「ダイヤル本体」に変更する。

小さい歯車を作る

  1. Circular pattern をクリックし、工程名を「歯車歯コピー」にし、コピー対象として「歯車(20)」を選び、回転の基準として円板のエッジ部分を選択する。コピー個数を20にして設定をAddに切り替え、くっつける対象として「歯車(20)」自身を選択してから緑のチェックマークをクリックする。
  2. この工程では「18°ずつ角度のずれた部品を同じ場所に重ねて19個」作っている。つまり、軸や円板の部分はもとの形と重なった状態になり、歯の部分だけが18°ずつずれて並ぶ。それらを作成すると同時にもとの形と一体化しているので、歯車の歯だけがコピーされたのと同じ結果になる。

大きい歯車を作る

小さい歯車の方の作り方は楽だが、歯車の山と谷のバランスなどをスケッチの段階で確認できない、いわば邪道な方法。大きい歯車はスケッチから真面目に作る。

  1. 表示方向をFrontに切り替えてから右側の穴の部分をズームし、 をクリックし、スケッチ名を「歯車(25)底面の形」に変更して、円の中(つまり濃青色の円柱「歯車(25)」の手前の面)をクリックする。


  2. Center point circle で穴と同心円になる円 (やり方はさっきのダイヤルの底面のときと同じ) を描き、Dimensionで直径を100にする(これだけで黒くなるはず)。


  3. 原点付近をズームし、Line で図のような2本の線を描く。


  4. Mirror でこれらの線の鏡映コピーを作る。


  5. Dimensionで図のように各部分の距離を決める。これですべての線が黒くなるはず。


  6. Circular pattern をクリックし、今描いた4本の線を選んでから□のマークをドラッグして適当な位置に移動させる。


  7. マウスホイールでズームアウトし、何もない所でクリックする。すると、右図のようにこれらの線がコピーされる。
  8. さっきドラッグしたのは回転コピーの基準点。この位置が未確定なため、コピーされた線も青くなっている。


  9. コピーの基準点をドラッグし、スケッチの円の中心に重ねて離す。すると、基準点がこの位置に固定され、コピーされた線も黒くなる。


  10. コピー元の部分をズームし、「3x」をダブルクリックして「25」に書き換える。するとコピー総数が25個に変わる。ここまでできたら緑のチェックマークをクリックする。


  11. Extrude をクリックし、工程名を「歯車(25)作成」に変更して、作成設定を「Add」に変更し、くっつける対象として左下の「歯車(25)」(まだ軸部分のみの濃青の部品)を選び、押し出し設定を「Up to face」(選択した面まで)にして、左の歯車の手前面を選ぶ。ここまでできたら緑のチェックマークをクリックする。
  12. 押し出し設定を「Blind」のままにして厚さを5mmにしても結果は同じだが、この「Up to face」を使う方法にしていれば、設計変更で歯車の厚さを変えたいときなどには左の厚さだけ変えればよいので余計な手間が省ける。
    この時点では左右の歯車の歯が重なり合っている。


  13. Transform をクリックし、工程名を「歯車(25)回転」に変更して、動かしたいものとして設計画面の「歯車(25)」を選ぶ。つぎに移動のタイプを「Rotate」(回転)に切り替え、回転の基準として歯車の谷部分のエッジをクリックする。回転角に「360/50」を入力して緑のチェックマークをクリックする。これで歯車の山と谷がちょうど噛み合った状態になる。
  14. 「4」のステップで選んだ線は、最初に描いた円の一部(コマ切れになっているが)。このような円弧でも回転の基準として使うことができる。
    この歯車の歯の数は25個なので、歯と歯の間の角度は360°を25で割ったもの。さらにその半分、つまり360/50だけ回転させれば、山だったところが谷になる。

マークを作る

あとで歯車を組み合わせたときに回転の様子をわかりやすくするために、歯車にマークをつける。

  1. 表示方向をFrontに切り替えてから をクリックし、スケッチ名を「マークの形」に変更して、左側の歯車の手前の面をクリックする。


  2. 原点周辺をズームし、Center point circle で図のような2つの円を描く (どちらも中心が横軸上にくるようにする)。


  3. Equal で2つの円の大きさを一致させる。


  4. Dimensionで図のように位置・サイズを確定させる。すべての線が黒くなったのを確認したら緑のチェックマークをクリックする。


  5. 表示方向をTrimetricにしてExtrude をクリックし、工程名を「マーク(20)作成」に変更して、スケッチの左側の円の中を選んで厚さを1mmにしてから緑のチェックマークをクリックする。
  6. このように複数のエリアを持つスケッチの場合は、あらかじめスケッチを選ばずにExtrudeを開始し、そのあとで必要な部分だけを選べば、そこだけを使って立体を作れる。


  7. ツリーの目のマークをクリックし、スケッチ「マークの形」を再表示させる。

  8. 同様にしてExtrudeでスケッチの右側の円だけを使って1mm押し出す。
  9. ツリーの目のマークをクリックし、スケッチ「マークの形」を非表示に戻す。これで課題H1は完了。




課題H2

inserted by FC2 system