課題H2

タブの作成

  1. 左下の「+」から「Create Assembly」でタブを追加する。
  2. 新しいタブの名前を「H2」に変更する。

部品を準備する

  1. をクリックし、出てきたメニューを下までスクロールさせ、「H1」を展開して「ホルダー」「短針」「長針」「駆動部」を1回ずつクリックして、最後に緑のチェックマークをクリックする。すると、この4つの部品だけが挿入される。


  2. ツリーの「ホルダー<1>」を右クリックして「Fix」を選び、ホルダーを固定する。


  3. ホルダー以外の部品を適当にドラッグして元の位置から離す。

針・駆動部をはめる

  1. Revolute mate をクリックし、図のようにして左のくぼみに長針をはめる。
  2. 「3」「4」のクリックのときに出てくるマーク(Mate connector)の位置・向きが重要。
    「3」ではくぼみの底の中心、つまり原点にこのマークが表示された状態でクリックする。
    「4」では右ドラッグで視線方向を変えて裏側から見た状態にし、円柱形の突起の中心にこのマークが表示された状態でクリックする。

    上手くできていれば、視線方向Bottomで見てこのようになっているはず。
    長針をつかんでドラッグすると、このように軸を中心にして回る。


  3. Revolute mate をクリックし、図のようにして右のくぼみに駆動部をはめる。
  4. 「3」ではくぼみの底の中心にマークが表示された状態でクリックする。
    「4」では右ドラッグで視線方向を変えて裏側から見た状態にし、円柱形の部分をズームして突起の中心にマークが表示された状態でクリックする (ズームしないと、突起の先ではなく根元の中心が選ばれてしまいがち)。

    上手くできていれば、視線方向Bottomで見てこのようになっているはず。歯車の高さがずれている場合はツリーの「駆動部回転」を削除してやり直す。
    駆動部も長針と同様にドラッグで回るようになる。


  5. 長針を非表示にする。


  6. Revolute mate をクリックし、図のようにして右のくぼみに短針をはめる。
  7. 「3」ではくぼみの底の中心、つまり原点にマークが表示された状態でクリックする。
    「4」では右ドラッグで視線方向を変えて裏側から見た状態にし、穴の中心にマークが表示された状態でクリックする。

    視線方向Bottomで見てこのようになっているはず。


  8. ツリーの「短針回転」をダブルクリックし、図のようにして位置を修正する。上手くできていれば下の図のように大小の歯車の高さが揃う。


  9. 長針を表示状態に戻す (下の図のように、上段と下段でそれぞれ歯車の高さが揃った状態になるはず)。
  10. この時点では、長針・短針・駆動部はそれぞれバラバラに回転するだけ。

針・駆動部を連動させる

  1. Gear relation をクリックし、名前を「長針・駆動部連動」に変え、図のように選択して緑のチェックマークをクリックする。
  2. Gear relation は、前回出てきたLinear relation のような関係の一種にあたる。
    Linear relation は2つのSlider mate を連動させるが、Gear relation は2つのRevolute mate を連動させる。
    「5」は「最初に選んだ方が1回転するあいだに、あとから選んだ方が何回転するか」にあたる。長針の歯車は20本、それと噛み合っている駆動部の歯車は60本なので、長針1回転で駆動部は1/3回転することになる。
    このことからもわかるように、ツリー上のものを選ぶ順番が大事。逆に選ぶと「5」に入るべき値も変わる。
    裏側から見た状態で長針か駆動部をドラッグしてみると、このように噛み合って動くはず。


  3. Gear relation をクリックし、名前を「駆動部・短針連動」に変え、図のように選択して緑のチェックマークをクリックする。
  4. この関係の名前が「短針・駆動部連動」ではなく「駆動部・短針連動」であることに注意。「何に対して何を連動させるか」の順番とネーミングを揃えることで混乱を避ける。
    駆動部の(短針と噛み合っている)小さい歯車は16本、短針の歯車は64本なので、「5」には「16/64」が入る。その結果、駆動部1回転で短針は1/4回転することになる。
    視線方向Frontで針か駆動部をドラッグしてみると、このように噛み合って動くはず。
    長針をドラッグして1回転させると、短針は「1時間分」つまり30°回転するはず。ただし、このままでは確認しにくいのでH3で文字盤と組み合わせる。


  5. 「長針回転」を右クリックし、「Reset」を選ぶ。すると短針・長針がちょうど12時の状態に戻る。ここまでできたら課題H2は完了。
  6. 「Reset」を行うと、Revolute mate で組み合わせた時点の角度に強制的に戻される。
    本来はこの操作でリセットされるのは長針だけ。いまは駆動部・短針がこれに連動しているので、結果としてこの2つも最初の角度に戻る。



課題H3

inserted by FC2 system