課題H3

タブの作成

  1. 左下の「+」から「Create Assembly」でタブを追加する。
  2. 新しいタブの名前を「H3」に変更する。

サブアセンブリ・部品を準備する

  1. をクリックし、さっき作ったH2をサブアセンブリとして追加する。


  2. ツリーの「H2」を展開し、「ホルダー<1>」を右クリックして「Fix」を選ぶ。


  3. をクリックし、H1の中にある「マーク」「文字盤」を追加する。


  4. 「マーク」「文字盤」を適当にドラッグして移動させる。

文字盤を固定する

  1. 「短針<1>」「長針<1>」を非表示にする。


  2. Fastened mate をクリックし、図のようにして文字盤を固定する。
  3. 「3」ではくぼみの底の中心にマークが表示された状態でクリックする。
    「4」では右ドラッグで視線方向を変えて裏側から見た状態にし、穴の中心にマークが表示された状態でクリックする。

    手順通りできていれば、視線方向Bottomで見てこのように文字盤がホルダーにぴったりくっついた状態になっているはず。
    このままだと文字盤が歯車より奥になってしまうので、あと6mm手前(図では上側)に移動させたい。


  4. ツリーの「文字盤固定」をダブルクリックし、「Offset」にチェックを入れて「↑Z」数値を-6にして緑のチェックマークをクリックする。これでモデリングの時と同じ配置になる。


  5. 「短針<1>」「長針<1>」を表示状態に戻す。


  6. 実は、最初に文字盤を入れた時点でFixしてしまえばこの位置に文字盤を固定することはできた。
    しかし、アセンブリでは複数の部品をFixするのは好ましくない。なぜなら、例えば
    のようにそれぞれの部品を固定しても、これらの相対位置が決まっているわけではないので、これをサブアセンブリとして別のアセンブリに入れるとこのように個別に動いてしまう。
    サブアセンブリとして使われたときにもちゃんと塊として振る舞うようにするには、一つの部品だけをFixし、それ以外の部品はFastened mateで位置を決めたり、グループ化しておくとよい。

マークを入れる

  1. Fastened mate をクリックし、図のようにしてマークを12時のところのくぼみに固定する。
  2. うまくできていればこのような状態になるはず。
    「3」「4」ではマークの位置に注意。必ずしもこれと同じ組み合わせでなくても良いが、「固定されたときに同じ位置になるはずの場所」を選ぶ。


  3. Circular pattern をクリックして、工程名を「マークコピー」に変更し、コピー対象としてマーク、コピー方向の基準として文字盤のエッジを選び、コピー数を12として緑のチェックマークをクリックする。
  4. ここではくぼみがちょうど円形に並んでいたので、1つの部品を使いまわして労力を大幅に省くことができた。
    そうでない場合でも、アセンブリで同じ形のものを複数入れたい場合は、部品設計側では一つだけ作っておけば十分。



課題H4

inserted by FC2 system