課題I

課題I1~I3用のパーツの準備

I123-1. タブのインポート

  1. Onshapeのページを開いてサインインする。
  2. ここからファイルをダウンロード (右クリックして「名前を付けてリンク先を保存」) し、適当な場所に保存する。
  3. 図のようにしてファイルをインポートし、できたタブをIフォルダの中に入れる。
  4. (インポートしてできるタブは、直前に開いていたタブと同じ場所にできる)
    (Iフォルダを新しく作り、その中に「I123」を移動させる)
    インポートを行うとHome直下に「CADインポート」というフォルダが自動生成され、その中に「I123.x_t」というタブができる。
    これを削除してはいけない。消すとI123タブのパーツが使えなくなってしまう。
    「I123」には「Import1」(読み込み) というフィーチャーが1つだけで、モデリングの過程は表示されない。
    先ほどのファイルの元になったドキュメントはこちら。作り方に興味のある人はこちらを参考にするとよい。

  5. Origin ~ Rightを非表示にし、「Import1」の名前を「ファイル読み込み」に変更する。


完成状態
(フィーチャーリスト、フォルダ・タブがこれと完全に同じであることを確認する)

課題I1

I1-1. タブの作成

  1. 「+」→「アセンブリを作成」でタブを追加し、その名前を「I1」に変更する。

I1-2. パーツの準備

  1. 「挿入する」でI123の「円柱」「台」「棒」を一つずつ入れる。


  2. Originを非表示にし、台を右クリックして固定して、円柱と棒を適当にドラッグして元の位置からずらす。

I1-3. 棒を台にはめる

  1. スライダ合致 で台と棒を組み合わせる。
  2. (クリックするときの合致コネクタの位置と向きに注意)
    (合致コネクタの位置はどちらもエッジの中点)
    (クリック時に合致コネクタの青軸が移動方向を向くようにする。うまくいかないときは視線方向を変えてみる)


  3. 「棒移動」をリセットして、棒が台の左右からはみ出していないことを確認する。
  4. (そうならないときは「棒移動」を削除してやりなおす)

I1-4. 円柱を軸にはめる

  1. 回転合致 で台と円柱を組み合わせる。
  2. (クリックするときの合致コネクタの位置と向きに注意)
    (台を選ぶときは合致コネクタが軸の根本にくるようにする)
    (円柱を選ぶときは合致コネクタが裏側の穴の中心にくるようにする)


  3. 「円柱回転」をリセットして、上面から見たときに白と青の境目がちょうど中央にきていることを確認する。
  4. (そうならないときは「円柱回転」を削除してやりなおす)

I1-5. 棒と円柱を連動させる

  1. ラックアンドピニオンリレーション で、図のようにして棒と円柱の動きを連動させる。
  2. (「1回転あたりの距離」には「40*PI」と入力する。これは円柱の直径が40mmで、円周の長さが40×円周率なため。こうすることで、円柱と棒が互いにすべらずに動くようになる)
    円柱と棒の模様は同じ長さにしてある。そのため、表示を半透明にして動かしてみると模様がきれいに揃った状態で動くはず。

完成状態
(フィーチャーリスト、パーツの見た目・動作がこれと完全に同じであることを確認する)
こうならずに、回転と移動が逆になるようなら、「棒・円柱連動」の「逆方向」にチェックを入れて向きを反転させる。

課題I2

I2-1. タブのコピー

  1. 「+」→「アセンブリを作成」でタブを追加し、その名前を「I2」に変更する。

I2-2. パーツの準備

  1. 「挿入する」でI123の「ピニオン」(普通の歯車)、「ラック」(歯車の歯がついた棒)、「台」を一つずつ入れる。


  2. Originを非表示にし、台を右クリックして固定して、ピニオンとラックを適当にドラッグして元の位置からずらす。

I2-3. ラックとピニオンを台と組み合わせる

  1. I1のときと同様にしてラックはスライダ合致 、ピニオンは回転合致 でそれぞれ台と組み合わせる。
  2. (「ラック移動」ではI1の「棒移動」のようにエッジの中点どうしをくみあわせる)
    (図のように動き、2つの合致を両方リセットしたときにI123と同じ配置になればOK)

I2-4. ラックとピニオンを連動させる

  1. ラックアンドピニオンリレーション で、図のようにしてラックとピニオンの動きを連動させる。
  2. (フィーチャー名は「ラック・ピニオン連動」にする)
    (「1回転あたりの距離」には「40*PI」と入力する。ラックの歯の幅はピニオンと同じく「40×π/20」にしてあり、ピニオンが1回転すると歯20本分、つまり「40×π」だけ動くようにすることでちょうど歯がかみ合って動くようになる)

完成状態
(フィーチャーリスト、パーツの見た目・動作がこれと完全に同じであることを確認する)
こうならずに、回転と移動が逆になるようなら、「ラック・ピニオン連動」の「逆方向」にチェックを入れて向きを反転させる。

課題I3

I3-1. タブの準備

  1. 「+」→「アセンブリを作成」でタブを追加し、その名前を「I3」に変更する。

I3-2. 合致コネクタを入れる

  1. 図のようにして原点の位置にX軸方向向きの合致コネクタ「移動基準」を入れ、非表示にする。
  2. (いったんOriginにカーソルを乗せ、ちょっと移動させて青軸が右向きになった状態でクリックする)


  3. 図のようにして原点の位置にY軸方向向きの合致コネクタ「回転基準」を入れ、「移動基準」を再表示させる。


  4. 「回転基準」を上に30mm移動させる。


  5. 2つの合致コネクタの向き・位置関係がこうなっていればOK。

I3-3. パーツを準備する

  1. 「挿入する」で「I123」から「円柱」「棒」を入れ、適当にドラッグして移動させる。

I3-4. 棒・円柱を合致コネクタと組み合わせる

  1. スライダ合致 で「移動基準」と棒を組み合わせる。
  2. (「移動基準」は設計画面でクリックする代わりにフィーチャーリストから選んでもよい)


  3. 回転合致 で「回転基準」と円柱を組み合わせる。
  4. (「回転基準」は設計画面でクリックする代わりにフィーチャーリストから選んでもよい)
    このように合致コネクタを使うことで、パーツとパーツではなく、空間に対してのパーツの動き方を設定することができる。
    応用すればこういうこともできる。

  5. 「棒移動」「円柱回転」をリセットし、Originを非表示にする (2つの合致コネクタもそれにあわせて非表示になる)。

I3-5. 棒と円柱を連動させる

  1. I1と同様にして「棒移動」「円柱回転」を連動させる。
  2. (「1回転あたりの距離」もI1のときと同じく「40*PI」にする)

完成状態
(フィーチャーリスト、パーツの見た目・動作がこれと完全に同じであることを確認する)
こうならずに、回転と移動が逆になるようなら、「棒・円柱連動」の「逆方向」にチェックを入れて向きを反転させる。

課題I4

ここでは自分で考えて好きな形を作る。
  1. 「+」→「Part Studioを作成」で新しいタブを追加し、名前を「I4モデリング」に変更する (これまでに作成したタブのコピー・使いまわしはNG)。
  2. 「+」→「アセンブリを作成」で新しいタブを追加し、名前を「I4組み立て」に変更する (これまでに作成したタブのコピー・使いまわしはNG)。
  3. (サブアセンブリを使う場合は、最終的な組み立て用の名前は指定通りのものにし、それ以外の名前には「I4」を含める (例 「I4筐体」「I4トレー」「I4組み立て」))

  4. 「I4モデリング」タブに、自分で考えて好きな形を作る。ただし必ず以下の条件を満たすようにする。
    1. パーツを2つ以上作った場合は、パーツ同士が重なり合わないようにする。
    2. パーツはすべて表示した状態にする。
    3. フィーチャーリストにエラー (赤字) や「使われていないただの絵」を残さない。

    必須ではないが、このほかに以下の条件を満たすのが望ましい。
    フィーチャーにはすべて実態にあった名前をつける。
    スケッチは「完全定義」(黒状態)になるようにする。

  5. 「I4組み立て」タブでパーツを組み立てる。ただし必ず以下の条件を満たすようにする。
    1. 「I4モデリング」で作ったパーツを少なくとも1つ使う (逆にいうと、これまでに作ったパーツ・アセンブリを使ってもよい)。
    2. ラックアンドピニオンリレーション を使う (必然的にスライダ合致 と回転合致 も必要になる)。
    3. 少なくとも2つのパーツはドラッグで動くようにする。
    4. 完全に自由に動くパーツを残さない。
    5. フィーチャーリストにエラー (赤字) を残さない。

    必須ではないが、このほかに以下の条件を満たすのが望ましい。
    合致・リレーションにはすべて実態にあった名前をつける。
    どのようにドラッグしてもパーツ同士が重ならないようにする。

提出

演習の時間の終了時に、cadseminar2021@gmail.comあてに以下のメールを送る。
指摘を受けて、修正が完了した時は教員のメールへの返信で連絡する。

トップページへ
inserted by FC2 system