課題I1

フォルダ・タブの作成

  1. 演習で使っているドキュメントを開く。
  2. (どれかのフォルダに入っている状態の場合は家のアイコンをクリックして一番上の階層に移動する)
  3. 「+」→「Create folder」で課題I用のフォルダ「I」を作る。
  4. 「I」をクリックしてそのフォルダの中に入る。
  5. 「+」→「Create Part Studio」でタブを追加する。
  6. 新しいタブの名前を「I1」に変更する。

台を作る

  1. をクリックし、ツリーのFrontを選択する。
  2. スケッチの名前を「台の基準」に変更する。
  3. 視線方向をFrontに切り替える。


  4. Center point rectangle で原点を中心とした長方形を描き、Dimensionで図のように大きさを決めて、すべての線が黒くなったのを確認したら緑のチェックマークをクリックする。


  5. 視線方向をTrimetricに切り替える。


  6. ツリーの「台の基準」を選んでExtrude をクリックし、工程名を「台作成」に書き換えて、押し出し方向を奥向きに変え、厚さを10にして緑のチェックマークをクリックする。


  7. できた部品の名前を「台」に書き換える。

歯車・カムを作る

  1. Spur gear をクリックし、直径を80mmにして緑のチェックマークをクリックする。
  2. 「Move origin」にチェックを入れないと、このように原点を中心としてFront面に接した形の歯車ができる。台を作るときに後ろ向きに押し出したのは、これを利用して基準用のスケッチを描く手間を省くため。


  3. できた部品の名前を「歯車・カム」に書き換える。


  4. 視線方向をBackに切り替え をクリックし、スケッチ名を「カムの基準」にして台の裏面(見えている面)をクリックする。


  5. Spline で図のような形を描く。
  6. 「2」「4」は横軸上でクリック
    「3」「5」は縦軸上でクリック
    「6」は「2」と同じ場所でクリック


  7. Dimensionで図のように形を決め、線が黒くなったことを確認したら緑のチェックマークをクリックする。


  8. 視線方向を切り替え、上・後ろ・左の斜め方向から見た状態にする。


  9. ツリーの「カムの基準」を選んでExtrude をクリックし、工程名を「カム作成」に書き換えて、作成の種類を「New」に変え、厚さを5にして緑のチェックマークをクリックする。
  10. ここで作った板は「カム」と呼ばれるものだが、このあとで歯車と一体化させる。そのため、「Part 3」の部品名はあえてそのままにしておく。


  11. 視線方向をFrontに切り替え、 をクリックし、スケッチ名を「軸の基準」にして歯車の手前の面をクリックする。


  12. Center point circle で原点を中心とした円を描き、Dimensionで大きさを10にし、線が黒くなったのを確認したら緑のチェックマークをクリックする。


  13. 視線方向をTrimetricに切り替える。


  14. ツリーの「軸の基準」を選んでExtrude をクリックし、工程名を「軸作成」に書き換えて、押し出し方向を奥向きに変え、長さを20にし、2つの部品と一体化させる設定にして(「6」~「8」)緑のチェックマークをクリックする。
  15. 「6」の「Merge scope」は「どれと一体化させるか」にあたる。Extrudeのときに接したり貫通したりする部品が1つだけの場合はそれが自動的に選ばれるが、2つ以上のときはこのようにして選ぶ必要がある。
    これによって が一つの部品「歯車・カム」になる。
    Extrudeで設定を「Remove」(削り)にした場合は、「Merge scope」は「どれを削るか」になる。

ラックを作る

    「ラック」とは棒状の歯車のこと。
  1. 表示方向をFrontにし、Transform をクリックし、工程名を「歯車コピー」に変更し、右に40mmのところに「歯車・カム」のコピーを作る。
  2. 新しくできる部品はラックの形の基準として使う。用が済んだら消すので、部品名は「Part 3」のままにしておく。


  3. ツリーのFrontを選択して をクリックし、スケッチ名を「ラックの基準」に変更する。


  4. 2つの歯車のかみ合わせ部分をズームし、Use で図3本の線の形のスケッチをつくる。


  5. 目のマークで「Part 3」を非表示にする。


  6. Tangent arc ( の右の▼から切り替える)で図のような円弧を追加する。
  7. Tangent arc は、描き始めの場所にある線から滑らかにつながる円弧を描くツール。


  8. Holizontal で円弧の中心と右の端点に「水平」の条件をつける。


  9. Equal で歯車の谷の円弧とスケッチの円弧に「等しい値」の条件をつける (線がすべて黒くなるはず)。


  10. Line で円弧の端から鉛直な線を描き足す。


  11. Mirror で円弧と線分を横軸に対して鏡映コピーする。


  12. Dimensionで上下の端点間の距離を「80*PI/25」にする。
  13. 歯車の円周の長さは「80*PI」で、歯の数は25本なので、これが歯1つ分の幅になる。


  14. Line で図のような線を追加する。
  15. 「2」はさっき描いた線の上端でクリック
    「3」は「2」と水平な場所でクリック(「━」のマークが表示される)
    「4」は「3」と鉛直な場所でクリック(「┃」のマークが表示される)
    「5」はさっき描いた線の下端でクリック


  16. Horizontal で下の線に「水平」の条件をつける。


  17. Dimensionで横線の長さを10にする (すべての線が黒くなる) ここまでできたら緑のチェックマークをクリックする。


  18. ツリーの「ラックの基準」を選んでExtrude をクリックし、工程名を「ラック作成」に書き換えて、厚さを5にして緑のチェックマークをクリックする。


  19. 新しくできた部品の名前を「ラック」に変更する。


  20. 「Part 3」を右クリックしてDeleteを選択し、工程名を「不要部品削除」にして緑のチェックマークをクリックする。


  21. Linear pattern でラックを上下に10個ずつコピーして一体化する。
  22. 「3」でコピーするものを選んでいる。
    「4」「5」でコピーの方向を決める。「5」は縦向きのエッジであればどれでもよい。
    「6」はコピーの間隔。ここに入れるのはラックの長さと同じ値。
    「7」は片側あたりの(コピー元も含む)コピー個数。
    「8」にチェックを入れることで上下両方にコピーされる。
    「9」で設定を「一体化」にして、「10」「11」でくっつける対象を元のラックにしている。


  23. 視線方向をBackにして をクリックし、スケッチ名を「突起の基準」に変更してラックの裏面(見えている面)をクリックする。


  24. Corner rectangle で図のようにラックの棒部分に合わせて長方形を描く (何もしなくても線が黒くなるはず)。線が黒くなったのを確認したら緑のチェックマークをクリックする。
  25. 上下がこのようになっていればよい。


  26. 視線方向を「上・後ろ・左」の斜め方向に切り替える。


  27. ツリーの「突起の基準」を選んでExtrude をクリックし、工程名を「突起作成」に書き換えて、設定を「Add」にしてくっつける対象を「ラック」にし、厚さを3にして緑のチェックマークをクリックする。
  28. ラックの棒部分が台に食い込む形で3mm伸びる (図では台を半透明にしている)。この時点では、「歯車・カム」の軸部分も台と重なった状態になっている。


  29. Boolean で、「台」から「歯車・カム」と「ラック」に重なる部分を削除する。
  30. 視線方向Trimetricで「歯車・カム」と「ラック」を非表示にして図のようになっていればOK。

棒を作る

  1. 視線方向をLeftにして をクリックし、スケッチ名を「溝の基準」に変更して台の左面(見えている面)をクリックする。


  2. Line で図のような線を描く。
  3. 「2」「3」は台の左端に合わせる。
    「4」は「3」と水平にならないようにする。
    「2」「5」は横軸上になるようにする。


  4. Dimensionで右上の角の角度を60°にする。


  5. 右の線の長さ、左右の線の幅を決める (これですべての線が黒くなる)。


  6. Mirror でこれらの線を下側にコピーする。ここまで出来たら緑のチェックマークをクリックする。


  7. 右ドラッグで図のような角度に視線方向を変え、ツリーの「溝の基準」を選んでExtrude をクリックし、工程名を「溝作成」に書き換えて、設定をRemoveに変え、深さを80にして緑のチェックマークをクリックする。


  8. もういちどツリーの「溝の基準」を選んでExtrude をクリックし、工程名を「棒作成」に書き換えて、押し出しの向きを反転させ、設定をNewに変え、厚さを5にして緑のチェックマークをクリックする。
  9. 初めは(その方向にくっつくものがないので)設定が「New」になっているが、「4」で方向を反転させると(台にくっつくことができるので)「Add」に変わってしまう。そこで「5」で改めて「New」に切り替える。


  10. 新しくできた部品の名前を「棒」に変更する。


  11. Extrude をクリックし、工程名を「棒延長」に書き換えて、棒の手前の面を選択し、厚さを5にして緑のチェックマークをクリックする。


基準位置の追加

  1. Mate connector をクリックし、名前を「ラック基準位置」に書き換えて、図のように設定して緑のチェックマークをクリックする。これでI1は完了。
  2. ラックの長さは「80*PI/25*21」という半端なものなので、台からのはみ出し方も半端な長さになる。そのままではアセンブリでラックがちょうどよい位置にくるようにするのは難しいので、組み合わせのための基準をラックに持たせておく。





課題I2

inserted by FC2 system