課題I1

フォルダ・タブの作成

  1. 演習で使っているドキュメントを開く。
  2. (どれかのフォルダに入っている状態の場合は家のアイコンをクリックして一番上の階層に移動する)
  3. 「+」→「Create folder」で課題I用のフォルダ「I」を作る。
  4. 「I」をクリックしてそのフォルダの中に入る。
  5. 「+」→「Create Part Studio」でタブを追加する。
  6. 新しいタブの名前を「I1」に変更する。

台を作る

  1. をクリックし、ツリーのTopを選択する。
  2. スケッチの名前を「台内側断面の形」に変更する。
  3. 視線方向をTopに切り替える。


  4. Line で左図のような線を描き、Dimensionで右図のように長さを決める。


  5. Mirror でこれらの線の縦軸に対する鏡映コピーを作る。図のような状態になったのを確認したら緑のチェックマークをクリックする。


  6. 視線方向をTrimetricに切り替える。


  7. 何も選んでいない状態でExtrude をクリックし、工程名を「台内側サーフェス作成」に書き換えて、作成設定を「Surface」に変更し、さっき描いたスケッチの線を全て囲むように範囲選択して、押し出し設定を「Symmetric」にして、長さを240にして緑のチェックマークをクリックする。


  8. Thicken をクリックし、左下の「Surfaces (1)」を展開してその中の「Surface 1」を選択し、工程名を「台作成」に書き換えて、厚みづけの方向を外側にして緑のチェックマークをクリックする。


  9. できた部品の名前を「台」に書き換える。


  10. 左下の「Surface 1」を右クリックして「Delete」を選び、工程名を「サーフェス削除」にして緑のチェックマークをクリックする。
  11. 台の形は「直方体をつくる」→「カット用のスケッチを上に描いてExtrude」とか「完成形の上面の形を描いてExtrude」でも作れるが、今のやり方の方がかなり手間が少ない。板金のような形を作るときはサーフェスを使うと楽にできる (板金専用のコマンド もあるのだが、こちらは板金の折り曲げ後の状態を設計して鉄板やアルミ板からの切り出し元の形をつくったりするような高度なものなので、この演習では割愛する)。


  12. Transform で台を2mm奥に移動させる。
  13. 表示方向Topで見ると図のようになるはず。このように台を移動させるのは、このあと作るカムやピニオン(歯車)を台の面から少し浮かせるため。

カムを作る

  1. 表示方向をFrontにし、ツリーのFrontを選択して をクリックし、スケッチ名を「軸の断面」に変更する。


  2. Center point circle で原点を中心とした円を描き、Dimensionで直径を10にして緑のチェックマークをクリックする。


  3. 右ボタンドラッグで台の裏側が見えるように表示方向を変え、ツリーの「軸の断面」を選んでExtrude をクリックし、工程名を「カム軸作成」に変えて、押し出し設定を「Up to face」にして台の裏面をクリックする。そのままだと一体化されてしまうので、作成設定を「New」に変更して緑のチェックマークをクリックする。


  4. 新しくできた部品の名前を「カム」に変更する。


  5. 表示方向をTrimetricにして、Boolean をクリックし、工程名を「軸穴作成」に変えて、設定を「Subtract」にし、Toolsとして「カム」、Targetsとして「台」を選び、Keep toolsにチェックを入れて緑のチェックマークをクリックする。
  6. カムを非表示にしてみると図のように穴があいているのがわかる。


  7. 表示方向をFrontにし、ツリーのFrontを選択して をクリックし、スケッチ名を「カムの形」に変更する。


  8. Spline をクリックし、図のように原点の周りを一周する曲線を描く。
  9. 「2」「4」は縦軸上、「3」「5」は横軸上になるようにする。
    最後の「6」はスタート地点「2」と同じ場所。今までに描いた「開いたスプライン」とは違い、最後もダブルクリックせずに普通のシングルクリックにする。


  10. Dimensionで原点から左右の点までの距離を決める。


  11. 同様にして原点から上下の点までの距離を決め、線が黒くなったのを確認したら緑のチェックマークをクリックする。


  12. 表示方向をTrimetricにし、ツリーの「カムの形」を選んでExtrude をクリックし、工程名を「カム作成」に変えて、厚さを8にして緑のチェックマークをクリックする。


  13. Transform をクリックしてカムを選び、工程名を「カム移動」に変えて、台の上のエッジをクリックして緑のチェックマークをクリックする。
  14. 移動させたのは、この後つくるピニオン(歯車)と重ならないようにするため。移動先に特に意味はない。条件によっては右に移動するかもしれないが、そのまま進めて構わない。
    この時点でツリーは図のようになっているはず。足りないもの、余計なものがないか確認してから次に進む。

ピニオンを作る

ピニオンとは、このあと作るラック(直線状の歯車)と組み合わされる、円形の歯車のことをいう。作り方は基本的にH1の「歯車(25)」と同じ。

  1. 右ボタンドラッグで台の裏側が見えるように表示方向を変え、ツリーの「軸の断面」を選んでExtrude をクリックし、工程名を「ピニオン軸作成」に変えて、押し出し設定を「Up to face」にして台の裏面をクリックし、作成設定を「New」に変更して緑のチェックマークをクリックする。
  2. やることはカムの軸を作ったときと全く同じ。
    前に使ったスケッチもこのように使いまわせる。表示させていなくても、ツリーから選択すればExtrudeの対象になる。


  3. 新しくできた部品の名前を「ピニオン(16本歯)」に変更する。


  4. 表示方向をFrontにし、ツリーのFrontを選択して をクリックし、スケッチ名を「ピニオンの形」に変更する。


  5. Center point circle で原点を中心とした円を描き、Dimensionで直径を60にする。


  6. 円の右側をズームし、Line で図のような線を描く。


  7. Mirror で下側にこの線のコピーを作る。


  8. Dimensionで形を確定させる。


  9. Circular pattern をクリックし、4つの線を選んで、コピー基準の□をドラッグして原点から離し、再び原点に重ねてマウスボタンを離す(これでコピー基準の位置が原点で確定する)。さらにマウスホイールでズームアウトし、何もない所でクリックする(コピーされた線も黒くなる)。


  10. 「3x」をダブルクリックして16に書き換え、右図のようになったことを確認したら緑のチェックマークをクリックする。


  11. 表示方向をTrimetricにし、ツリーの「ピニオンの形」を選んでExtrude をクリックし、工程名を「ピニオン作成」に変えて、厚さを8にして緑のチェックマークをクリックする。


  12. Transform で「ピニオン(16本歯)」を歯の幅の半分だけ回転させ、縦軸、横軸と交わる部分が谷になるようにする(右図)。


  13. 表示方向をFrontにして をクリックし、ピニオンの手前の面をクリックしてスケッチ名を「マークの形」に変更する。


  14. Center point circle で縦軸上に中心のある円を描き、Dimensionで図のように大きさ・位置を決め、緑のチェックマークをクリックする。


  15. 表示方向をTrimetricにし、ツリーの「マークの形」を選んでExtrude をクリックし、工程名を「マーク作成」に変えて、厚さを1にして緑のチェックマークをクリックする。
  16. 実はここでマークをピニオンの上側でなく右側に作っておけば、I3での手間が一つ省けるのだが、テクニックを一つ紹介するためにあえてここでは「望ましくない位置」にマークを作っておく。

ラックを作る

  1. 表示方向をFrontにして をクリックし、台の手前の面をクリックしてスケッチ名を「ラックの形」に変更する。
  2. Front面をクリックしないように注意。Frontの「田」からはみ出した部分をクリックする。


  3. 表示方法をTranslucentに切り替え、Center point rectangle で、横軸に対して対称な、右端が台のくぼみの右端と一致する長方形を描く。


  4. Dimensionで長方形の縦横の辺の長さをそれぞれ140, 18にする。


  5. 表示方法をShadedに戻す。


  6. 長方形の中央部分をズームし、Line で図のような線を描く。


  7. Mirror で下側にこの線のコピーを作る。


  8. Dimensionで形を確定させる。


  9. Linear pattern をクリックし、4つの線を選んで、右側の□をドラッグして適当な位置に移動させ、何もないところでクリックする。
  10. 実行後の画像にある基準線がコピーの方向と距離を決める。


  11. Vertical をクリックし、基準線に鉛直の条件をつける。
  12. これでコピー方向が上向きになる。


  13. ズームして、基準線の長さを13に変更する。
  14. これでコピーどうしの間隔が13になる。


  15. 「3x」をダブルクリックして書き換え、コピー総数を6に変更する。


  16. Mirror でコピー元を除く5つのスケッチを下側にコピーする。ここまでできたら緑のチェックマークをクリックする。


  17. 表示方向をTrimetricにし、ツリーの「ラックの形」を選んでExtrude をクリックし、作成設定を「New」に、工程名を「ラック作成」に変えて、厚さを10にして緑のチェックマークをクリックする。


  18. 新しくできた部品の名前を「ラック(13mm間隔)」に変更する。

棒を作る

ここで作る棒は、H2ではカムと組み合わせてピストンのような動きをする部品、H3では両端のストッパーとして使う。

  1. 台の左上の部分をズームして をクリックし、スケッチ名を「棒の側面の形」に変更する。


  2. 表示方向をRight、表示方法をTranslucentにして台の上の部分をズームし、Corner rectangle で左図のような長方形を描き、Dimensionで縦の長さを決め、黒くなったのを確認したら緑のチェックマークをクリックする。


  3. ツリーの「棒の側面の形」を選んでからExtrude をクリックし、工程名を「棒作成」に変更して、作成設定を「New」に変更し、押し出し設定を「Up to next」(何かにぶつかるまで)にして緑のチェックマークをクリックする。


  4. 新しくできた部品の名前を「棒」に変更する。これで課題I1は完成。




課題I2

inserted by FC2 system