課題I2

タブの作成

  1. 左下の「+」から「Create Assembly」でタブを追加する。
  2. 新しいタブの名前を「I2」に変更する。

部品を準備する

  1. をクリックし、「I1」を展開して「カム」「台」「棒」を1つずつ挿入する。


  2. 組み立て画面上の台を右クリックして「Fix」を選び、台を固定する。


  3. 「棒」を適当にドラッグして移動させる。

カムをはめる

  1. 右ドラッグで表示方向を変えて台の裏側が見える状態にし、Revolute mate をクリックし、拘束条件の名前を「カム回転」に変え、穴の中心でMate connectorの円が手前側にくっついた状態でクリックする。次にカムの軸の先端にMate connectorが出た状態でクリックする。最後に緑のチェックマークをクリックする。すると、カムが台の穴にはまった状態になる。
  2. 表示方向Topで図のように見えるはず。


  3. カムをつかんでドラッグしてみる。
  4. ここまでは課題Hのダイヤルや歯車と同じ。

棒をはめる

  1. Slider mate をクリックして、拘束条件の名前を「棒移動」に変更し、台、棒の順でMate connectorの向き、位置が図のようになった状態でクリックし、最後に緑のチェックマークをクリックする。すると、棒が台のくぼみにはまった状態になる。
  2. 棒はこの位置に移動するはず。


  3. 棒をつかんでドラッグしてみる。
  4. ここまでは課題Gの扉と同じ。

カムと棒を連動させる

  1. 棒をドラッグしてカムより上の位置に移動させ、Tangent mate をクリックして、拘束条件の名前を「カム・棒連動」に変更し、1つ目の対象としてカムの側面を選び、右ドラッグで表示方向を変えて下から覗き込んだ状態にして、2つ目の対象として棒の下の面を設定し、緑のチェックマークをクリックする。
  2. 棒がカムに接する位置に移動するはず。
    初期位置によっては図のように棒がカムにめり込んだ状態になってしまうことがある。その場合は矢印のボタンで方向を反転させる。


  3. カムをつかんでドラッグし、棒がカムに乗った状態で上下に動くことを確認する。ここまでできたら課題I2は完了。
  4. Tangent mate は「選んだ2つの面が常に滑らかに接した状態(正接)を保つようにする」という拘束条件。
    カムと棒の移動をお膳立てした後なら、結果的にTangent mate で2つの動きを連動させることができるが、 のような「関係」とは異なる (アイコンの色もそれを示している。「関係」は黒いアイコン)。




課題I3

inserted by FC2 system