課題J1

フォルダ・タブの作成

  1. 演習で使っているドキュメントを開く。
  2. (どれかのフォルダに入っている状態の場合は家のアイコンをクリックして一番上の階層に移動する)
  3. 課題J用のフォルダ「J」を作り、そのフォルダの中に入る。
  4. 部品設計タブ「J1」を作る。

縦板を作る

  1. をクリックし、ツリーのRightを選択する。
  2. スケッチの名前を「縦板サーフェスの基準」に変更する。
  3. 表示方向をRightに切り替える。


  4. Line で左図のような線を描き、Dimensionで右図のように位置と長さを決める。
  5. かなり大きいので、長さを入れた後はズームアウトしないと見えない。


  6. 緑のチェックマークをクリックする。


  7. Right面をクリックし、○をつかんでだいたい右図くらいにRight面を広げる。
  8. Top, Front, Rightの面は、実際には無限に広がっている。ここではRight面の見た目の大きさを変えただけ。
    これをしなくても続きはできないことはないが、Top, Front, Rightとモデルの大きさが極端に違っていると選択しづらかったり、モデルが見づらくなったりするので、大きいもの・小さいものを作るときはこのように適宜これらの面の大きさを変えるとよい。


  9. ツリーの「縦板サーフェスの基準」をダブルクリックする。


  10. Sketch fillet で左上の角に半径4mmの丸めをかけ、緑のチェックマークをクリックする。


  11. 表示方向をTrimetricにしてExtrude をクリックし、左右均等に計600mm押し出してサーフェスを作る(工程名は「縦板サーフェス作成」)。


  12. 視線方向を適宜切り替えて、Front面とTop面もRight面と同じようにドラッグして広げ、だいたい図のような状態にする。


  13. Thicken でサーフェスを外側に2mm押し出して立体を作る (工程名は「縦板作成」)。


  14. できた部品の名前を「縦板」に変更する。また、「Surface 1」を削除する (工程名は「サーフェス削除」)。

横板を作る

  1. 表示方向をTopにし、縦板の上の面を選択して をクリックし、スケッチ名を「横板の基準」に変更する。


  2. Center point rectangle で、中心が原点で頂点が縦板上面の右下端と一致する長方形を描き (これだけで線が黒くなる)、緑のチェックマークをクリックする。
  3. 「3」のクリック位置はここ。全体が見える状態だと間違えやすいのでズームして行うとよい。


  4. 表示方向をTrimetricにしてツリーの「横板の基準」を選んでExtrude をクリックし、新規部品として上に4mm押し出す (工程名は「横板作成」)。


  5. 新しくできた部品の名前を「横板」に変更する。

穴をあける

このあと課題J2で板どうしを組み合わせるためのネジとナットを作る。そのため、ここではそれらのための穴をあける。

  1. 表示方向をTop、表示方法をTranslucentにし、横板の上の面を選択して をクリックし、スケッチ名を「ネジ穴の基準」に変更する。


  2. Point で、だいたい図のような位置に点を入れる。


  3. Dimensionで点の位置を確定させる (点が黒くなる)。


  4. Mirror で、この点の縦軸に対するコピーを作る。


  5. 一度Mirror をクリックしてコマンドを抜け、再び をクリックして、2つの点の横軸に対するコピーを作り、点が4個になったのを確認したら緑のチェックマークをクリックする。


  6. 表示方向をTrimetricにし、 をクリックし、6つの点の位置に直径3mmの穴をあける (工程名は「ネジ穴作成」)。これで課題J1は完了。
  7. 右手前の部分をズームすると、横板・縦板両方に穴が開いている。他の3ヶ所にも同じ形の穴ができているはず。




課題J2

inserted by FC2 system