課題J3

タブの作成

  1. 「J」フォルダの中に組立タブ「J3」を作る。

部品を準備する

  1. をクリックし、「J1」を選んで挿入する (横板・縦板が入る)。

板を組み立てる

  1. 横板を右クリックし、Fixを選んで固定する。
  2. 縦板はFixしない。組立タブ中では何個でも部品をFixできるが、それらはそのタブの中で固定されているだけで互いの位置関係が固まっているわけではないので、もしJ3をサブアセンブリとして他のアセンブリタブに入れるとバラバラに動いてしまう。そこで、このあと という方法で、これらが仮にサブアセンブリとして使われた場合でもちゃんとひとかたまりで動くようにする。


  3. 縦板で右クリックして「Copy 縦板 <1>」を選び、何もないところで右クリックして「Paste 縦板 <1>」を選ぶ。これで縦板のコピーができる。
  4. この時点では、コピーされた方も向きは元の縦板と同じまま。


  5. 「縦板 <2>」をクリックし、○をドラッグして180°回す。


  6. Fastened mate で左図の2つの部分を組み合わせる(右図のようになる)。
  7. この拘束条件はすぐに消すので名前は変えなくてよい。


  8. ツリーの「Fastened 1」を右クリックしてDeleteを選び、この拘束条件を消す。


  9. Group で3つの板をグループ化する。
  10. 横板だけでなく、前後のどちらの縦板もドラッグしても動かなくなっているはず。

部品を追加する

  1. をクリックし、「J2」を選んで組立画面のどこかに挿入する (ネジ・ナットが1つずつ入る)。
  2. ネジとナットは小さいので、そのままでは左図のようにほとんどMate connectorしか見えない。ズームしてみるとネジとナットがあるのがわかる。

ナットとネジをはめる

  1. どちらかをドラッグしてナットとネジを離す。


  2. Fastened mate で縦板<1>の右側の穴の下にナットを固定する。

  3. 表示方向をRight、表示方法をTranslucentにしてナットの部分をズームする。
  4. ナットにつけたMate connector「ナット基準位置」と縦板の穴の下側を組み合わせたので、このようにナットが板に埋まった状態になる。あと5mm下に動かせばちょうどよい位置になる。


  5. ツリーの「ナット固定」をダブルクリックし、Z方向に-5mmのオフセットをかける。これでナットは縦板の穴にぴったりくっついた状態になる。


  6. ツリーの「ナット <1>」と「ネジ <1>」を展開してCylindrical mate をクリックし、拘束条件の名前を「ネジ移動・回転」に変え、ツリーから2つのMate connectorを選択して緑のチェックマークをクリックする。
  7. Cylindrical mate の拘束条件をつけると、「Mate connectorの青軸を中心とした回転」と「Mate connectorの青軸に沿った移動」ができる状態になる。
    このままでは回転・移動のどちらにも範囲制限がない。移動の制限がないため、下に動かすとネジの頭と板がぶつかってしまう。


  8. 「ネジ移動・回転」をダブルクリックし、移動に制限をつける。
  9. この場合は下方向が移動のプラス方向。
    デフォルト位置がちょうどネジの頭が横板のくぼみにはまった状態なので、そこから下にいかないようにする。
    上方向(マイナス方向)の移動には特に制限をつけない。


  10. 「ナット基準位置」「ネジ基準位置」を非表示にする。
  11. いまは回転と移動が連動していないので、普通にドラッグするとネジの山とナットが重なり合ってしまう。ドラッグしたあとで表示方向Right、表示方法Translucentで見ると、ネジの山とナットの穴がずれているのがわかる。


  12. Screw relation をクリックし、1回転で0.5mm動くように回転と移動を連動させる (関係の名前は「ネジ移動・回転連動」にする)。
  13. 「4」は「1回転あたりどれだけ直線移動するか」にあたる。J2の設計のときにピッチを0.5にしたので、ここには0.5が入る。
    ネジをドラッグして回転させるとそれに合わせて上下に移動する。上へはどこまでもいけるが、下は頭がくぼみにはまったところで止まる。


  14. ネジをアニメーションさせ、ナットの穴とぶつからずに動くことを確認する (確認したら■でアニメーションを終了させ、×でメニューを閉じる)。
  15. これまでに出てきた でも同様にAnimateを使えば滑らかに動かすことができる。ドラッグでの反応が重くて動きがカクカクするときはこちらを試してみるとよい。
    これは動作確認用の作業。最終的な形には影響しない。


  16. Linear pattern ネジとナットをコピーし、すべての穴に入った状態にする。
  17. 「3」「4」でコピーするものを選んでいる
    「5」はコピーの方向の選択 (この方向のエッジならどれでもよい)
    「6」はコピーの間隔の選択
    「7」はコピー方向の反転 (場合によってはここをクリックすると右側にコピーができてしまうことがある。その場合はもう一度クリック)
    「8」は「もう一つのコピーを行うかどうか」の設定。チェックを入れるとメニューが広がる
    「9」以降は「5」~「7」と同様
    残り3ヶ所の穴にもネジとナットが入るはず。


  18. 「ネジ移動・回転」をリセットする (これで確実にデフォルトの位置、つまり「ネジを一番締め込んだ状態」になる)。

  19. Origin(原点)を非表示にする。これでJ3は完了。




課題J4

inserted by FC2 system