課題K

課題K1~K3用のパーツの準備

K123-1. タブのインポート

  1. Onshapeのページを開いてサインインする。
  2. ここからファイルをダウンロード (右クリックして「名前を付けてリンク先を保存」) し、適当な場所に保存する (元になったドキュメントはこちら)。
  3. 「+」→「インポート」でそのファイルをインポートする。
  4. Kフォルダを作り、「K123」タブをその中に入れる。
  5. Origin ~ Rightを非表示にし、「Import1」の名前を「ファイル読み込み」に変更する。

K123-2. 合致コネクタの追加

  1. 図のようにしてチェーンの手前側に合致コネクタを追加する。
  2. (「主軸を反転させる」で青軸を上向きにする)
    (「二次軸の向きを変更する」で合致コネクタを回転させて赤軸を手前向きにする)


  3. 図のようにしてチェーンの奥側に合致コネクタを追加する。
  4. (「再調整する」「主軸エンティティ」で隣のパーツのエッジを選び、青軸を左向きにする)
    (「二次軸の向きを変更する」で合致コネクタを回転させて赤軸を手前向きにする)


  5. 拡大して2つの合致コネクタの位置・向きがこうなっていることを確認する。


  6. 「チェーン位置基準1」「チェーン位置基準2」を非表示にする。

完成状態
(フィーチャーリスト、モデルの見た目、フォルダ・タブがこれと完全に同じであることを確認する)

課題K1

K1-1. タブの作成

  1. 「+」→「アセンブリを作成」でタブを追加し、その名前を「K1」に変更する。

K1-2. パーツの準備

  1. 「挿入する」でK123の「アーム」「殻前」「殻後ろ」を一つずつ入れる。
  2. (この配置であることが重要。1つ1つモデリングエリアでクリックして配置するのではなく、メニュー上で3つのパーツを選び、緑のチェックマークをクリックする)


  3. 図のようにして「殻前」「殻後ろ」をグループ化する。
  4. (ドラッグすると2つのパーツが塊として動くようになる)


  5. Originと「殻前」を非表示にし、「殻後ろ」を固定して、「アーム」を適当にドラッグして元の位置からずらす。

K1-3. アームを殻にはめる

  1. 球形合致 で図のようにして「殻後ろ」「アーム」を組み合わせる。
  2. (クリックするときの合致コネクタの位置と向きに注意)
    (青軸はどちらも上向きになるようにする)
    (殻の方を選ぶときは上の穴ではなく球の中心側を選ぶ)
    (リセットしたときにアームの円柱部分が上にくればOK。そうならない場合は「アーム回転」を削除してやり直す)
    球形合致では他の合致と違い、移動範囲に制限をかけられない。そのため、こういう形状のパーツでは、他の合致と組み合わせたりしない限りはパーツの重なりは避けられない。

  3. 「殻前」を表示させる。

完成状態
(フィーチャーリスト、パーツの見た目・動作がこれと完全に同じであることを確認する)
動作を確認したら「アーム回転」をリセットする。教員のチェックをうけるまではそのままにしておく。

課題K2

K2-1. タブ・パーツの準備

  1. 「+」→「アセンブリを作成」でタブを追加し、その名前を「K2」に変更する。
  2. 「挿入する」でK123の「ブロック」「台」「柱」を一つずつ入れる。


  3. Originを非表示にし、台を固定して、ブロックと柱を適当にドラッグして元の位置からずらす。

K2-2. 柱とブロックを台と組み合わせる

  1. 回転合致 で台と柱を組み合わせる。
  2. (台を選ぶときはくぼみの下のエッジにカーソルを当てる)
    (柱を選ぶときも下のエッジにカーソルを当てる)


  3. スライダ合致 台とブロックを組み合わせる。
  4. (どちらを選ぶときも、合致コネクタの青軸が上を向くようにする)
    (クリックする場所はこれと同じでなくてもよい。組み合わせ後にこれと同じ動きになればOK)

K2-3. ブロックの突起と柱の溝を組み合わせる

  1. 接線合致 で、図のようにしてブロックと柱の動きを連動させる。
  2. (ブロック側を選ぶときは突起の半球面をクリックする)
    (柱側を選ぶときは溝の下側のエッジをクリックする)
    (このあとはパーツのドラッグ移動は行わない。動作確認は「アニメート」の機能を使って行う)
    柱を手動でドラッグして回転させると、たまにこのように変な位置にはまってしまうことがある。
    こうなった場合はCtrl+Zで元に戻す。それでも元に戻らない場合は「ブロック・柱連動」を削除してやりなおす。

完成状態
(フィーチャーリスト、パーツの見た目・動作がこれと完全に同じであることを確認する)

課題K3

K3-1. タブ・パーツを準備する

  1. 「+」→「アセンブリを作成」でタブを追加し、その名前を「K3」に変更する。
  2. 「挿入する」で「K123」から「チェーン」を入れる。
  3. チェーンを固定し、Originを非表示にする。

K3-2. 2つ目のチェーンを入れて1つ目と組み合わせる

  1. チェーンをクリックで選んで Ctrl+C でコピー、Ctrl+V でペーストして1つ増やす。


  2. ピンスロット合致 で2つのチェーンの合致コネクタどうしを組み合わせる。
  3. (選ぶのは「チェーン<1>」の奥の方の合致コネクタと「チェーン<2>」の手前の方の合致コネクタ)
    (「制限」にチェックを入れ、赤軸方向の移動範囲と青軸回りの回転の範囲に制限をかける)

    移動と回転の自由度が残るという意味では円筒合致 に似ているが、円筒合致では移動方向・回転軸がどちらも青軸方向なのに対し、ピンスロット合致 では移動は (1つ目に選んだ合致コネクタの) 赤軸方向、回転軸は (2つ目に選んだ合致コネクタの) 青軸方向になる。

K3-3. チェーンを増やす

  1. K3-2の工程を繰り返し、チェーンを6つつないだ状態にする。
  2. (「制限」で入れる数値はどの合致でも同じ)
    (順番を間違えないようにするため、コピーと合致は1つずつ順番に行う (まとめてコピーしない))


  3. 図のようにして合致コネクタを非表示にする。
  4. (合致コネクタを右クリックしてメニューを出す。選ぶのはどれでも構わない)


完成状態
(フィーチャーリスト、パーツの見た目・動作がこれと完全に同じであることを確認する)

課題K4

ここでは自分で考えて好きな形を作る。
  1. 「+」→「Part Studioを作成」で新しいタブを追加し、名前を「K4モデリング」に変更する (これまでに作成したタブのコピー・使いまわしはNG)。
  2. 「+」→「アセンブリを作成」で新しいタブを追加し、名前を「K4組み立て」に変更する (これまでに作成したタブのコピー・使いまわしはNG)。
  3. (サブアセンブリを使う場合は、最終的な組み立て用の名前は指定通りのものにし、それ以外の名前には「K4」を含める (例 「K4胴体」「K4上腕」「K4下腕」「K4組み立て」))

  4. 「K4モデリング」タブに、自分で考えて好きな形を作る。「派生」でこれまでに作ったパーツ等を読み込んでもよい。ただし必ず以下の条件を満たすようにする。
    1. パーツを2つ以上作った場合は、パーツ同士が重なり合わないようにする。
    2. パーツはすべて表示した状態にする。
    3. フィーチャーリストにエラー (赤字) や「使われていないただの絵」を残さない。

    必須ではないが、このほかに以下の条件を満たすのが望ましい。
    フィーチャーにはすべて実態にあった名前をつける。
    スケッチは「完全定義」(黒状態)になるようにする。

  5. 「K4組み立て」タブでパーツを組み立てる。ただし必ず以下の条件を満たすようにする。
    1. 「K4モデリング」で作ったパーツを少なくとも1つ使う (逆にいうと、これまでに作ったパーツ・アセンブリを使ってもよい)。
    2. 球形合致 、接線合致 、ピンスロット合致 のうち少なくともどれか1つを使う。
    3. 少なくとも1つのパーツはドラッグで動くようにする。
    4. 完全に自由に動くパーツを残さない。
    5. フィーチャーリストにエラー (赤字) を残さない。

    必須ではないが、このほかに以下の条件を満たすのが望ましい。
    合致・リレーションにはすべて実態にあった名前をつける。
    (球形合致を使った場合以外は) どのようにドラッグしてもパーツ同士が重ならないようにする。

提出

演習の時間の終了時に、cadseminar2021@gmail.comあてに以下のメールを送る。
指摘を受けて、修正が完了した時は教員のメールへの返信で連絡する。

トップページへ
inserted by FC2 system