課題K1

フォルダの作成

  1. 演習で使っているドキュメントを開く。
  2. (どれかのフォルダに入っている状態の場合は家のアイコンをクリックして一番上の階層に移動する)
  3. 課題K用のフォルダ「K」を作り、そのフォルダの中に入る。
  4. 「K」フォルダの中に、さらにそのサブフォルダ「K1」を作り、その中に入る。
  5. (このようになる)

ファイルをインポートする

  1. このリンク から、zipファイルをダウンロードする。
  2. zipファイルを適当なところに展開する (図の6つのファイルが入っているはず)。


  3. 左下の「+」をクリックして「Import」を選ぶ。


  4. 展開したファイルのうち「K1 - 本体.x_t」を選んで「開く」をクリックする。


  5. 「Combine to a single Part Studio」を選び、「OK」をクリックする。


  6. 左下の家のアイコンでホームに移動する。すると、新しい部品設計タブ「K1 - 本体」ができている。これをドラッグして「K」フォルダに入れる。


  7. 「K」フォルダに入り、「K1 - 本体」タブを「K1」フォルダにドラッグして入れる。


  8. 「K1」フォルダに入り、「K1 - 本体」タブをクリックして開く。
  9. こうしてインポートした部品には工程やスケッチの情報は含まれていないので、自分が設計した部品のように自由に編集することはできないが、面にスケッチを描いてExtrudeで引き出したり、Filletをかけたりなど、「ツリーの一番下にスケッチや工程を付け加える」的なことはいままでと同様にできる。
    さっき使ったファイル「K1 - 本体.x_t」は、教員が設計した部品をエクスポートして作ったもの。自分が設計した部品も、部品を右クリックして「Export」を選べば外部ファイルとして保存して、人に渡すこともできる (ただし、この演習の課題でそれを使うのは禁止)。
    また、保存のときに「Format」を変えるといろいろなファイル形式を選べる。その中にはOnshape以外のCADアプリケーションの形式(SOLIDWORKS, RHINO)などが含まれる。特に、STL形式で保存したファイルは一般向けの3Dプリントサービスで使うことができる。


  10. さっきと同様にして「+」→「Import」を選び、残り5つのファイルを選択してインポートする。こんどはK1フォルダに直接5つのタブが追加されるはず。K1でやることはこれで完了。



課題K2

inserted by FC2 system