ラックアンドピニオンリレーション

Onshapeサイトのヘルプ (英語)

このようなパーツ (円板の方は「ピニオン」、棒の方は「ラック」という名前) が回転合致 とスライダ合致 で組み合わされているとき、


ラックアンドピニオンリレーション をクリックして図のように選ぶと


回転と移動が連動するようになる。
ただし、このままではピニオン (円板) の回転に対して、ラック (棒) の動きが少ない。
この例ではピニオンの直径は100mmなので、1回転したときにラックが\(100\pi\)mm動けばちょうどよくなる。


フィーチャーリストにできたリレーションをダブルクリックして「1回転あたりの距離」に「100*PI」を入れると


このようにすべりのない動きになる。


普通の歯車と直線的な歯車を作れば
(普通の歯車はSpur Gear で作れるが、直線的な歯車はちょっと工夫が必要)


こういう動きが作れる。
inserted by FC2 system