ヘリカル

Onshapeサイトのヘルプ (英語)

ヘリカル をクリックして円柱の側面を選択して実行すると、らせん型の曲線ができる。



ここでできる曲線は「パーツ」でも「サーフェス」でもない「曲率」に分類される (英語版Onshapeの "Curves" の誤訳。意味的には曲線のこと。この演習ではこの分類のものを「3D曲線」と呼ぶ)。
スケッチのスプライン で描ける曲線とは異なり、これは一つの面の中には納まらない、立体的な曲線。
サーフェスと同様、これも単独では3Dプリンタ用のデータとしては意味をなさないが、スイープ 曲線パターン の基準などに使うことができる。

円錐台の側面を基準にすれば、先細りのらせんができる。
inserted by FC2 system