合致コネクタ

Onshapeサイトのヘルプ (英語)

アセンブリで合致をかけて部品を組み合わせるときには、マウスカーソルの位置に応じて合致コネクタが自動的に表示されるが、部品設計の段階でパーツに合致コネクタを持たせておくと便利なケースがある。
また、回転 直線パターン 円形パターン トランスフォーム などで基準として使うこともできる。

アセンブリで合致をかけるときには自動的に合致コネクタの候補が出るが、その位置は「ちょうど角のところ」や「中間のところ」に限られていて、青軸の方向もパーツの面に垂直になる。このいずれも目的とする合致にそぐわないときは困ったことになる。


合致コネクタ をクリックして図のようにすれば、場所・向きを自由に決めて合致コネクタを配置することができる。
(「再調整する」にチェックを入れると、「主軸エンティティ」で青軸、「二次軸エンティティ」で赤軸の向きを設定できる)
(「移動する」にチェックを入れると、場所・向きを数値で指定できる)
inserted by FC2 system