課題

モデリング

ドキュメントを作る

  1. ページの左上にある「作成」のボタンをクリックし、「ドキュメント」を選択する。


  2. 次のウインドウで名前の欄に「情報リテラシー」と入力してOKボタンを押す。


  3. 左上のこの部分に地球のマークがついていない (公開されていない) ときは、次のようにしてドキュメントを公開する。
    (マークがついているときはそのまま 3 に進む)


    左上の「Onshape」のロゴをクリックする。すると、最初の画面に戻る。


    「最後に開いたアイテム」の「情報リテラシー」を右クリックし、「パブリックにする」を選ぶ。次の確認ウインドウでも「パブリックにする」を選ぶ。


    このように地球のマークがつけばOK。確認したら「情報リテラシー」をクリックしてドキュメントを開きなおす。

  4. 下の図のような画面が表示される。この画面で部品を作ったり、それを組み立てたりすることになる。

視線方向の操作

視線方向の動かし方には以下の方法がある。
  • マウスの右ボタンでドラッグ
  • 右上のボックスを使う
  • ボックスの右下のメニューを使う
  • 1つ目のパーツを作る

    1. Top平面 (水平な面) に三角形を描く。


    2. 三角形を押し出してパーツを作る。

    2つ目のパーツを作る

    1. Front平面 (正面) に三角形を描く。


    2. 三角形を回転させてパーツを作る。


    3. パーツを貫通する穴をあける。

    組み立て

    スライダ (直線移動)

    1. 「Assembly 1」のタブに切り替え、「挿入する」からPart1を3つ、Part2を2つ入れる。


    2. Part1のうち一つを右クリックして固定する。
    3. (左側の「フィーチャーリスト」には固定したパーツにマークがつく)
      (それ以外のパーツはドラッグで自由に動くが、固定したものだけは動かなくなる)


    4. 固定したPart1と、別のPart1との間に「スライダ合致」をかける。
    5. (パーツにカーソルを乗せたときに出るマーク (合致コネクタ) の青い軸が上か下を向いた状態でクリックする)
      (合致をかけると、固定していない方がドラッグで上下にだけ移動するようになる)


    6. もう一つのPart1にも「スライダ合致」をかける。


    7. 移動範囲に制限をかける。
    8. (ドラッグするとぶつかったところで止まるようになる)
      (「最小値」「最大値」のどちらかだけに0を入れる。変な方向 (埋まる方向) にしか動かなくなったときは、逆の方に0を入れてみる)

    回転

    1. 固定した (真ん中の) Part1と、どちらかのPart2との間に「回転合致」をかける。
    2. (合致をかけると、Part2がドラッグで回転するようになる)


    3. もう一つのPart2にも「回転合致」をかける。

    連動

    1. 2つのスライダ合致に「直線リレーション」をかける。
    2. (Part1のどちらかを動かすと、もう一方もそれに合わせて動くようになる)


    3. 2つの回転合致に「ギアリレーション」をかける。
    4. (Part2のどちらかを回すと、もう一方もそれに合わせて回るようになる)


    5. スライダ1と回転1に「ラックアンドピニオンリレーション」をかける。
    6. (移動と回転が連動するようになる)

    自由課題・提出

    1. 自分で好きな形を考えて作り、組み立てる。
    2. (今回紹介しきれなかったコマンドの解説は こちら)

    3. 演習の時間の終了時に、wajima@aomori-u.ac.jpあてに以下のメールを送る。
      • 件名
        • 情報リテラシー 課題
      • 本文
        • 学籍番号、氏名、ドキュメントのURL

    inserted by FC2 system