[2]. 立体を作る

ドキュメントを作る

  1. ページの左上にある「Create」のボタンをクリックし、「Document」を選択する。


  2. 次のウインドウで名前の欄に学籍番号を入れ、OKボタンを押す (ここで入れるのは、これから作るモデルを入れるドキュメントの名前。普通は作るものに合わせた名前にするが、ここでは教員が検索で見つけられるようにするため、学籍番号にする)。


  3. 左上の「Onshape」のロゴをクリックする。すると、最初の画面に戻る。


  4. 「Last opened by me」の下のドキュメントで右クリックし、メニューから「Make public」(公開する)を選ぶ。次のウインドウでは「Make public」を選ぶ。


  5. 図のような地球のマークがついたことを確認する。


  6. この時点で教員席からそのドキュメントが検索に引っかかるかどうか確認する。教員からOKをもらってから次に進む (教員から見えない状態だと、この時間の成績がつけられない)。


  7. ドキュメント名のところをクリックする (このドキュメントが開かれる)。


  8. 下の図のような画面が表示される。この画面で部品を作ったり、それを組み立てたりすることになる。



視線方向の操作

視線方向の動かし方には以下の方法がある。

  1. マウスの右ボタンでドラッグ
  2. 右上のボックスを使う
  3. クリックできるのは矢印、△、ボックスの面・エッジ・頂点。いろいろ試してみて感覚をつかむとよい。
  4. ボックスの右下の のメニューを使う
    • Isometric, Dimetric, Trimetric : 斜め上からの視線方向になる。違いは実際に試してみるとわかる。
    • Zoom to fit, Zoom to window : オブジェクトが画面に収まるように調整
    • Turn perspective on/off : 遠近法を使った見え方と透視図法の切り替え
    • Shaded~Translucent : 面、エッジの見え方の設定。このあとモデルを作ったら一通り試してみるとよい。

スケッチを描く

Onshapeでは、スケッチを描ける面が初めから3つ用意されている。スケッチを描き始めるときは、まず「どの面にスケッチを入れるか」を決めてやる必要がある。

  1. 右上の箱のところのアイコンから「Trimetric」を選ぶ (視線方向が斜め上からになる)。


  2. をクリックする。すると、どの面にスケッチを入れるかを聞いてくるので、下の右図のように「Top」の面を選択する。これで、「これから描く絵はTop面上」ということが確定する。


  3. 右上のBoxの「Top」の面をクリックし、真上から見た状態にする。


  4. 上のツールバーにあるLine をクリックする。


  5. 図のようにして適当な三角形を描く (最後にクリックするときは、スタート地点と同じ場所にする)。


  6. 右上のBoxのメニューから「Trimetric」を選び、斜め上の視線方向にする。
  7.  

立体を作る

このスケッチをもとに立体を作る。

  1. 上のExtrude をクリックする。


  2. 矢印をつかんでドラッグして好きな長さに変更し、緑色のチェックボタンをクリックする。これで立体ができる。


[3]. 組み合わせる

inserted by FC2 system