[3]. 組み合わせる

立体を入れる

  1. 画面下側のタブを「Assemble 1」に切り替える。


  2. 左上の「Insert」をクリックし、メニューの「Part 1」を選んでから緑のチェックマークをクリックする。これで右画面にさっき作った立体が追加される。
  3. この時点では、立体をドラッグすると自由に動かせる。


  4. 立体を右クリックして「Fix」(固定)を選ぶ。
  5. 今度はドラッグしても動かなくなる。左上の「Part 1<1>」には、固定されていることを意味するマークがつく。

立体を組み合わせる (スライド移動)

  1. 立体をクリックして選択し、キーボードをCtrl+C, Ctrl+Vの順に押す。すると、立体のコピーができる。


  2. コピーされた立体 (こっちは固定されていない) をドラッグして適当に離す。


  3. 上のSlider mate をクリックする。


  4. 2つの立体のエッジを図のように選び、Enterキーを押す。すると、2つの立体がきれいに並ぶ。
  5. クリックする時に出るマークの向きに注意。向きが違うと、変な方向に組み合わされてしまう。


  6. ドラッグしてみると、上下にだけ動くようになっている。

立体を組み合わせる (回転移動)

  1. さっきと同様にして立体を一つ(どちらでもよい)選び、Ctrl+C, Ctrl+Vの順にキーを押して立体をもう一つ入れる。


  2. 上のRevolute mate をクリックする。


  3. 図のように2つのエッジを選択してEnterキーを押す。すると、この立体もきれいに並ぶ。


  4. ドラッグしてみると、組み合わせたエッジの周りに回る。

応用

  1. 画面下側の「+」をクリックして「Create Part Studio」を選ぶ (新しいタブ「Part Studio 2」ができる)。


  2. 表示方向をTop(上から)にする。


  3. 「Sketch」をクリックして、Topの面をクリックする。


  4. 図のようにして円を描く。


  5. 右ドラッグで適当に斜め表示にしてから、図のようにして立体をつくる。


  6. もう一度上からの表示にして、「Sketch」をクリックして、円の中をクリックする。


  7. 図のようにして小さい円を描く。


  8. 図のようにして針を描く。


  9. 右ドラッグで適当に斜め表示にしてから、図のようにして立体をつくる (設定をAddからNewに変えないと、円板と一体化してしまうので注意)。


  10. 画面下側の「+」をクリックして「Create Assembly」を選ぶ (新しいタブ「Assembly 2」ができる)。


  11. 図のようにして板と針を入れる。


  12. 板を右クリックしてFixを選ぶ(板が固定される)。


  13. 針をドラッグして離す。


  14. 図のようにして板と針を組み合わせる。


  15. 針をドラッグするとこんな風に回る。

時間が余ったら、新しいタブを追加して好きなものを作ってみる。 inserted by FC2 system