重なりのチェック

3D CADの設計では3Dプリンタで実物をつくることを前提としている。しかし部品同士に重なりがあると、CAD上ではうまく形ができているように見えても、実物を作ったときに組み立てられない。部品の数が多くなると、このような重なりを目視でチェックするのは難しいので、以下の方法が役に立つ。


たとえば、全体の見た目と部品名が下の図のような組み合わせの場合、


部品リストで部品をクリックしてすべて選択するか、範囲選択ですべて選んでから


右のメニューで「Interference detection」を選ぶと、このように、重なり合っている場所が赤く表示される。


このような重なりが見つかったら、サイズを調整したり、Boolean→Subtractで重なり部分を削除したり、Boolean→Unionで部品同士を結合したりすることで解決を図るとよい。


戻る

inserted by FC2 system