面の作り方

ここでは、デフォルトで存在するFront, Right, Topや立体の面以外のところにスケッチを描きたいときに役立つ、面の作り方について説明する。これを応用すれば、特にLoftやSweepなどでスケッチを描く場所を自由に決められるようになる。

例えば、Topの面を右クリックして「オフセット平面」を選び、数値を入力してチェックボタンを押すと、Topの面から上にずれたところに新しい面をつくることができる。


また、上のメニューから「平面」 を選び、設定を「平面と点」に変えて面と点をクリックすると、選んだ面に平行で、選んだ点を含む新しい面ができる。


設定を「線と角度」にすると、選んだ線を含み、設定した角度だけ傾いた面ができる。


設定を「法線と点」にすると、選んだ線に垂直で、選んだ点を含む面ができる。


設定を「3点」にすると、選んだ3つの点を含む面ができる。


設定を「中間平面」にして2つの面を選ぶと、その中間の面ができる。


また、設定を「中間平面」にして2つの点を選ぶと、それらを結ぶ線分の中点を含み、線分に垂直な面をつくることもできる。


設定を「カーブポイント」にして曲線と点を選ぶと、選んだ曲線と垂直に交わり、その点を含む面ができる。



戻る

inserted by FC2 system