第9章, appendix

解説

9-1 CGと画像処理の融合

コンピューテーショナルフォトグラフィ:ディジタル処理で以下のようなことを行うこと
  • カメラの設定の制御
  • 手ぶれ補正
  • 視覚効果
ライトフィールド:光線の位置・方向・波長・時刻などの情報

9-2 ビジュアル情報処理用システム

VR (バーチャルリアリティ):ユーザーには人工的な視覚などのみを与える
AR (オーグメンテッドリアリティ(拡張現実感)):現実と人工的な感覚を組み合わせる
図9.9は覚える (大半は常識の範囲だが)

コンピュータネットワーク
  • LAN:Local Area Network
  • WAN:Wide Area Network
  • 「ローカル」「ワイド」の意味を考えればWANの方が広いことがわかる。

9-3 ビジュアル情報処理用ソフトウェア

画像の種類と編集用ソフトウェア
ラスタ画像ベクタ画像
データの扱いかたピクセルの集まり点・線の情報
性質拡大・縮小するとぼやける拡大・縮小してもぼやけない
編集に使うものペイント系ソフトドロー系ソフト

ブラウザで3Dモデルを表示する言語
  • VRML(古い過去問での用語) → X3D(現在)

9-4 リアルタイム3次元CGシステム

  • テキストの用語暗記のみ。
  • 9-5 入出力装置

    基本的に常識的な用語ばかりだが、要注意なものを抜き出すと以下の通り。
    レンジファインダ:3D形状を調べる機器 (非接触型。レーザーなどを使う)
    フォースディスプレイ:バーチャルなモデルの形にあわせて負荷を変える(図9.17@235ページ)
    パララックスバリア:[英] palalax(視差) → 縦穴のあいた板を通して右目・左目で違うものが見えるようにする → 立体視
    レンティキュラ:[英] lenticular(レンズの) → レンズを通して右目・左目で違うものが見えるようにする → 立体視

    9-6

    表9.6@241ページと表9.7@243ページは暗記。

    appendix

    用語
    • 進出色(近くにあるように見える)
    • 後退色(遠くにあるように見える)
    • ハイブリッドイメージ(距離によって見えるものが変わる)
    表a.1@254ページと表a.2@256ページは暗記。

    過去問を使った学習

    解く問題

    2017年度 後期 第25問
    2018年度 前期 第1問
    2018年度 後期 第26問
    2019年度 後期 第1問
    2020年度 後期 第26問
    2021年度 前期 第1問

    (手順はこれまでと同様)

    提出方法

    以下のようにしてファイルを提出する。なお、この提出によって出欠をとるので、授業終了時点ですべて完了していない場合でもその時点のものを送り、完了したら再度送り直すこと。
    • 送信先
      • aocg2021a@gmail.com
    • 件名
      • 第06回過去問
    • 本文
      • 学籍番号、氏名
    • 添付するもの
      • 回答して採点した結果をまとめたファイル「第06回.txt」

    戻る
    inserted by FC2 system