第9章, appendix

毎回第9章とappendixの知的財産権の範囲からそれぞれ1題4問ずつ、計8問出題される。これは全体の20%分の点数に相当する。

解説

9-1 CGと画像処理の融合

コンピューテーショナルフォトグラフィ:ディジタル処理で以下のようなことを行うこと
  • カメラの設定の制御
  • 手ぶれ補正
  • 視覚効果
ライトフィールド:光線の位置・方向・波長・時刻などの情報

9-2 ビジュアル情報処理用システム

VR (バーチャルリアリティ):ユーザーには人工的な視覚などのみを与える
AR (オーグメンテッドリアリティ(拡張現実感)):現実と人工的な感覚を組み合わせる
図9.9は覚える (大半は常識の範囲だが)

コンピュータネットワーク
  • LAN:Local Area Network
  • WAN:Wide Area Network
  • 「ローカル」「ワイド」の意味を考えればWANの方が広いことがわかる。

9-3 ビジュアル情報処理用ソフトウェア

画像の種類と編集用ソフトウェア
ラスタ画像 ベクタ画像
データの扱いかた ピクセルの集まり 点・線の情報
性質 拡大・縮小するとぼやける 拡大・縮小してもぼやけない
編集に使うもの ペイント系ソフト ドロー系ソフト

9-4 リアルタイム3次元CGシステム

  • テキストの用語暗記のみ。
  • 9-5 入出力装置

    基本的に常識的な用語ばかりだが、要注意なものを抜き出すと以下の通り。
    レンジファインダ:3D形状を調べる機器 (非接触型。レーザーなどを使う)
    フォースディスプレイ:バーチャルなモデルの形にあわせて負荷を変える(図9.17@235ページ)
    パララックスバリア:[英] palalax(視差) → 縦穴のあいた板を通して右目・左目で違うものが見えるようにする → 立体視
    レンティキュラ:[英] lenticular(レンズの) → レンズを通して右目・左目で違うものが見えるようにする → 立体視

    9-6

    表9.6@241ページと表9.7@243ページは暗記。

    appendix

    表a.1@254ページと表a.2@256ページは暗記。

    過去問を使った学習

    2022年度前期 第1問, 第26問

    ここではこの分野の問題の傾向について説明する。
    CG-ARTS検定の過去問のページから2022年度前期の「CGエンジニア ベーシック」の過去問をダウンロードして開き、解答・解説のページを参照しながら教員の説明を聞く。

    課題

    1回分(4つの設問)ごとに以下のことを行い、授業終了時に解答用紙を提出する。
    • テキストなどを参照しながら解く
    • 解答・解説のページを見て採点する (a~dのところに○×、間違えたものには正解を赤でマークして、問題名の欄に正解数を書く)
    • 間違えた問題について解答・解説のページの説明とテキストの対応部分を確認する

    戻る
    inserted by FC2 system