エキスパート 7章

解説

例年7章から1題出題される (全40問中4問)。
特に「7-3 可視化」の範囲からの出題頻度が高い。

7-3 可視化

データフローとマッピング (処理の順序の問題が出る)
データ生成 → フィルタリング → マッピング → レンダリング

2次元スカラデータの可視化
ポイント表示、疑似カラーコーディング、等高線、矢印グリフの方法がある (図7.43)
特に矢印グリフは矢印が混みあいすぎて情報が見づらくなるビジュアルクラッターと併せて出題されることが多い。

2次元流れ場の可視化
テキスト332ページの図7.46の3つの図と手法の名前を一致させておく。

過去問を使った学習

課題

1回分(4つの設問)ごとに以下のことを行い、授業終了時に解答用紙を提出する。
  • テキストなどを参照しながら解く
  • 解答・解説のページを見て採点する (a~dのところに○×、間違えたものには正解を赤でマークして、問題名の欄に正解数を書く)
  • 間違えた問題について解答・解説のページの説明とテキストの対応部分を確認する

戻る

inserted by FC2 system