情報理論 小テスト (第6回の内容) 解答

  1. 通信路への入力からなる事象系X, 出力からなる事象系Yがあるとき、通信路で失われる情報の情報量は以下のどれか。
  2. ※ 通信路で失われるということは、通信路を通れないということ。つまり、「出力Yの情報をすべて調べても残る、入力Xについて不明な情報」にあたる。

  3. 通信路への入力からなる事象系X, 出力からなる事象系Yがあるとき、通信路を通ることができる情報の情報量は以下のどれか。
  4. ※ 入力と出力の共通部分なのでI(Y, X)。I(X, Y)と書いても表わすものは同じ。

  5. 通信路への入力からなる事象系X, 出力からなる事象系Yがあるとき、通信路を通ることができる情報の情報量の性質として正しいのはどれか。
  6. ※ 前回の解説の通り。

  7. 通信路への入力からなる事象系X, 出力からなる事象系Yがあるとき、通信路容量の説明として正しいのはどれか。
  8. ※ 前回の解説の通り。

  9. 通信路容量を表わす文字として正しいのはどれか。
  10. ※ 通信路容量の英語 Channel Capacityの頭文字。
inserted by FC2 system