情報理論 小テスト (第10回の内容) 解答

  1. 以下のうちありえないものはどれか。
  2. 3倍の反復符号を使い誤り訂正を行った場合に、正しいものが復元される条件はどれか。
  3. 5倍の反復符号を使い誤り訂正を行った場合に、正しいものが復元される条件はどれか。
  4. 3倍の反復符号と5倍の反復符号を加えた符号を、同じ2元対称通信路に通した場合に誤り率が小さいのはどちらか。
  5. 反復符号で誤り検出を行う場合に、1回の送信で正しいものが復元される確率 p_a が0.6, 誤ったものが復元される確率 p_c が0.2の場合、誤り率はいくらか。
inserted by FC2 system