阿部 幸司 : 3D ビリヤードゲームの開発

創作ゼミで制作したビリヤードゲームを元にDirectXを使って表示系を三次元化し、コンピュータの思考ルーチンを改良しました。

資料


コンセプト

  • 人間-人間, 人間-Comp, Comp-Compの対戦を可能にする
  • リアルにするために3Dで表示を行う
  • ポケットを狙いやすくするために視点を変えられるようにする
  • 開発環境
    • Microsoft Visual Studio (Visual C++)
    • DirectX
    • Metasequoia (表示用素材の作成)

動画

    9ボールのルールでコンピュータと対戦した様子です。初めにバンキングを行って先攻、後攻を決めます。球を1つずつ打って、止まった位置が手前に近い方が勝ちです。この動画ではコンピュータに先攻を取られています。


スクリーンショット


    人間がショットの方向を決めているところです。キュー(棒)の先に出ている赤、青の線は手玉の進路を示しています。手玉を当てるべきボールには三角錐のマーカーが表示されています。

    相手がミスをすると手玉を置き直して打つことができます。水色のエリアがボールを置ける範囲です。好きな場所にボールを移動させて決定キーを押すと配置が完了して打てるようになります。
    こちらがミスをした場合は、コンピュータが最適な置き場所を見つけて勝手に配置を行います。

    水色の範囲内でも、別なボールと重なる位置にはもちろん置けないので、このように手玉が上に乗った表示になります。この時は置く操作をしても反応しません。

リンク

卒業研究 (2008)

創作ゼミナール (2007)


inserted by FC2 system