課題3-1

  1. Onshapeのページにアクセスしてサインインする。
  2. 前回作ったプロジェクトを開く。
  3. (ホーム直下にいない場合は家のマークをクリックして「課題1」「課題2」フォルダが見えている状態にしてから) 「課題3」フォルダを作る。


  4. 「課題3」タブをクリックしてその中に入る。


  5. 新しいモデリング用タブを作り(左下の「+」から「Create Part Studio」)、タブ名を「課題3-1」にする。


  6. 視線方向をTopにする。


  7. をクリックし、図のようにしてスケッチを開始する。


  8. の右の▼をクリックして に切り替え、図のような半円の弧を描く。
  9. 「2」は原点、「3」「4」は横軸上でクリックする。


  10. で半円を閉じる線を描く。
  11. 「2」「3」はさっきの円弧の端点にあわせる。ちゃんとあっていれば、半円の中の色が変わる。


  12. で半径を50にする (線が黒くなる)。


  13. 視線方向をTrimetricに切り替える。


  14. 図のようにして半円を回転させて球をつくる。
  15. 「3」「4」で回転の規準になる軸をきめる。「3」のエリアの「Revolve axis」は回転軸のこと。


  16. 視線方向をTopにし、 をクリックして図のようにしてスケッチを開始する。


  17. 原点を中心とした円を描き、直径を50にする。


  18. 視線方向をTrimetricにし、図のようにして円を押し出して棒をつくる。


  19. 図のようにして、最初に描いたスケッチを表示させる。


  20. 図のようにして「Part 1」を180°回転させた位置にコピーをつくる。
  21. では、部品を移動・回転させたり、拡大・縮小したりできる。
    「3」で「回転させる」の設定に切り替え、「4」で回転軸を選んでいる (最初のスケッチをわざわざ表示させたのはこのため)。
    「6」はもとの状態のものを残すかどうかということ。これにチェックを入れれば元の部品と回転した部品の2つになるが、入れないと回転だけして終わりになる。


  22. 図のようにして上の棒(Part 1)の色を変える (下の棒の色も変わってしまうことがあるが、次にこちらも変えるので特に気にしなくてよい)。


  23. 同様に下の棒 (Part 2)にも別の色を設定する。


  24. 図のようにして下の棒を1.2倍に拡大する。
  25. ここでは の機能のうち「拡大・縮小」を使った。
    「3」で「拡大・縮小」の設定に切り替えている。
    「4」は倍率。
    「5」「6」で拡大・縮小の規準になる点を決めている。


  26. 図のようにして下の棒の球部分を上下に分割する。
  27. 「2」で「分割されるもの」を選んでいる。
    「3」「4」で分割の規準になる面を選んでいる。


  28. 図のようにして球の上側のパーツを削除する。
  29. 上側の棒を非表示にしてみると、カットした面は平らで、上の棒がはまる部分はまだできていないのがわかる。



  30. 図のようにして下の半球にくぼみをつくる。
  31. では、部品同士を組み合わせて「一体化」「カット」「重なり部分だけを残す」(「2」のUnion, Subtract, Interset)などの処理ができる。
    「3」で「カットするのに使うもの」を選んでいる。
    「4」「5」で「カットされるもの」を選んでいる。
    「6」は「カットするのに使うもの」を処理後に残すかどうかの選択。

    上側の棒を非表示にしてみると、下の棒の上にくぼみができているのがわかる。



  32. 左下の「Part 1」「Part 2」の名前を図のように変更する。


  33. モノとしてはこれで完成。ツリーや設計画面がこのようになっているか確認する。


  34. 左下の「+」から「Create Assembly」で新しいタブを作り、名前を「課題3-1」にする。


  35. これまでと同様にしてさっき作った2つの部品を入れる。


  36. 下棒を固定する (図のようになればOK)。


  37. 上棒をつかんでドラッグし、適当なところに動かす。


  38. 図のようにして2つの部品を組み合わせる。
  39. 上の棒をつかんでドラッグしてみると、このように球がくぼみにはまったまま動く。
    前回までにでてきた「スライド移動」や「回転」とは違い、Ball mate では範囲に制限をつけることはできない。そのため、この形状では「どうドラッグしてもぶつからないようにする」ことはできない。



課題2
inserted by FC2 system